海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Match-Trade、MT4とMT5の機能を徹底考察

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.10.18

アプリケーション関連

Match-Trade、MT4とMT5の機能を徹底考察

MetaTrader 5

自身の取引スタイルに適したプラットフォームを追い求める必要性

FX関連テクノロジープロバイダーであるMatch-Trade Technologies LLC(本社:123 Waterleaf, Irvine, CA 92620, United States[1])は、ロシアのソフトウェア会社MetaQuotes Software Corp.【以下、MetaQuotesと称す】が開発し、世界で最も人気の高い取引プラットフォームのMetaTrader 4【以下、MT4と称す】とその後継版となるMetaTrader 5【以下、MT5と称す】の成功の要因や課題などに関する見解を明らかにした。

海外FXブローカーが取引プラットフォームを選別する際には、リクイディティプロバイダー(流動性供給業者)を含む多岐にわたるコネクティビティ先の確保と、執行やコピートレード、ボーナスプログラムなどのプラグインを活用できることが重要なポイントになるという。また、ソーシャルトレーディングやPAMM(Percentage Allocation Management Module)などの取引手法を用い、別のトレーダーに取引シグナルを送れるようにするなど、トレーダーのネットワークの構築やマネージドアカウントの運用をサポートするアプリの利用も望んでいる模様だ。

これらのブローカー需要に対し、MetaQuotesはMetaTrader専用のアプリやプラグインを開発する外部の独立したテクノロジープロバイダーとの広範なネットワークを構築しているところに強みを持っており、MQL4(MetaQuotes Language4)やMQL5(MetaQuotes Language5)を使いこなし、ロボットやインジケーター、その他の使い勝手の良い取引ツールを開発する何千人ものプログラマーを擁している。また、これらのアプリをダイレクトにMT4やMT5にインストールすることができるメリットも有している。一方で、旧式のMT4から最新版であるMT5にシフトする際に、MQL4とMQL5の間で互換性がないという問題を抱えている。つまり、MT4上で自動売買のために利用していたロボットは、MT5上では機能しないことになる。互換性がないことこそ、海外FXブローカーがMT4を選好する大きな要因となっている一方で、MetaQuotesはMT4ライセンスの付与を完全に停止することで、MT5の導入を強力に推し進めている状況だ。これにより、MT4の導入を望む新興ブローカーは、テクノロジープロバイダーが提供するMT4のホワイトラベルサービスを活用しなければならない問題も生じてしまっている。

また、MT4とMT5はC++というプログラミング言語を使用している。このプログラミング言語で書かれたソースコードは盗むことが非常に困難なため、MetaQuotesは事業者向けにこれらのシステムを安全に提供している。それもあり、海外FXブローカーにとってMetaTraderは、自社のサーバー上で様々なプラグインのインストールやアドミン設定、顧客データの管理などを行うことができる柔軟性の高い取引プラットフォームとしての評価を得ている。特に、MT4は非常にシンプルなシステム設計になっており、新興ブローカーにも容易に管理することが可能だ。一方で、MT5のシステムアーキテクチャは非常に複雑であると共に、無数のオプション機能が付帯されていることに加え、MT4との互換性がなく、IT部門に大きな負担を与えることになる。これらの点が、MT5が一部の海外FXブローカーにとって使い勝手の悪い取引ツールとされ、MT4の利用拡大が進む要因として考えられる。そこで、ブローカーの中には柔軟性の高い設計とメンテナンスや日々のサポートなど、充実したフルサポートを提供する他の取引プラットフォームを選好するケースも出てきている。

MT4とMT5は共に直感的に理解できるインターフェイスを用いていることがメリットとされる一方で、依然としてデスクトップ版をメインのプラットフォームとして提供している点はデメリットになり得るであろう。現在、多くのトレーダーがウェブ版やモバイル版に容易にアクセスできる環境に慣れているなか、MetaTraderは非常に多くのプラグインを提供しているものの、それらを使用するためには顧客のコンピューターに同システムをインストールしなければならない。また、デザインが非常に古く、設定オプションも限定的である。MetaTraderのモバイル版は極めてスムーズに機能するものの、海外FXブローカーのブランドを表示させることができず、MT4もしくはMT5のウェブトレーダーやモバイルトレーダーを開発するサードパーティーも数が限られているのが現状だ。

仮に海外FXブローカーがMT4のホワイトラベルソリューションを活用したブローカレッジサービスを提供する場合には、いくつか留意すべき点がある。多くのホワイトラベルサービスを提供する業者は、ブローカーのために新たに個別シンボルを付与することを避ける傾向にある。各MT4サーバーには32種類の証券グループしか確保されておらず、仮に新規の金融商品を追加する場合、「EURUSDxyz」のように奇妙な表記を用いなければならない。また、証券グループ全体で一つのマークアップ表記がなされることに加え、MT4のチャートにはマークアップを加味した価格が表示されない問題も生じている。更に、MT4のホワイトラベルを活用する海外FXブローカーは、アドミンパネルへのアクセスが許可されておらず、自らの証券グループのパラメータを設定することもできない。

このようにMT4を導入する際には、マークアップの表示や新規の金融商品の表記など依然として解決されていない大きな課題があるため、投資家は自身の取引スタイルにマッチする可能性のある取引プラットフォームを常に探し求めることが重要であろう。

official release 2019.10.18

出典元:

ニュースコメント

海外FXブローカーによるMT5導入を積極的に推進するMetaQuotes

10年間以上にわたり海外FXブローカー向けのソフトウェアプロバイダー業界を席巻しているMetaQuotesは、10月28、29日にエジプト・カイロで開催される中東最大の投資イベントの1つであるEgypt Investment Expo 2019にプラチナスポンサーとして参画する予定だ。リテールブローカーやヘッジファンド、個人投資家などが一堂に会す同イベントにおいて、MetaQuotesはマルチアセットクラスに対応したプラットフォームであるMT5の最新機能を紹介する見通しである。なお、2018年に行われた同イベントでは、15か国から8,000名の来場者を集めたという。また、MetaQuotesはForex Expoドバイのテクノロジースポンサーに就任し、積極的にMT5のプロモーション活動を行っている状況だ。他方で、多くの投資家は高機能が付帯されたプラットフォームを求めていることから、Borsaがヘッジファンド向けプラットフォームとしてMT5を導入したほか、VIPTRADEがMT5をリリースするなど、海外FXブローカー各社も先進的な機能が付帯されたMT5の導入を進めている。MetaQuotesはMT4のライセンス付与を停止し、退路を断ったうえでMT5の普及を推し進めており、今後も同プラットフォーム上の機能向上を図ると見込まれ、投資家にとってより快適なトレーディングエクスペリエンスが提供されることを期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ