海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

TradingScreen、英投資会社Royal London Asset Managementと提携

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.10.02

アプリケーション関連

TradingScreen、英投資会社Royal London Asset Managementと提携

ソリューション

投資家の運用パフォーマンス向上に寄与

米国・ニューヨークを拠点にマルチアセットクラスの取引執行管理システムの提供を行うTradingScreen(本社:1 Penn Plaza 49th Floor New York, NY 10119[1])は、英国・ロンドンを拠点とする投資会社Royal London Asset Management(本社:55 Gracechurch Street London EC3V 0RL[2])【以下、RLAMと称す】とパートナーシップ契約を締結したことを発表した。

今回の提携により、1,300億ポンドの運用資産残高を誇るRLAMは単一プラットフォーム上でマルチアセットクラスの取引が可能になるほか、TradingScreenが開発した執行管理プラットフォームであるTradeSmartを活用した取引コスト分析ソリューションにもアクセスすることができるようになり、最終投資家の運用パフォーマンスの向上に寄与するとのことだ。

両社の提携に際し、RLAMのディーリングヘッドを務めるCathy Gibson氏とTradingScreenのセールス・アカウントマネジメント部門欧米地域ヘッドであるChris Hollands氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

マルチアセットクラスの専門性の高いトレーディング需要が拡大するなか、取引戦略を共有する環境を整備することが求められております。複数の執行ツールをマルチアセットクラスの単一プラットフォームに集約すると共に、TradeSmartを活用することで、複雑なクロスアセット市場に対応する機動力と柔軟性を確保することができます。

Cathy Gibson, head of dealing at RLAM - TradingScreenより引用

厳しい収益競争に晒されると共に当局が監督を強化している運用業界に身を置くアセットマネージャーにとっては、フロントオフィスのトレーディングシステムと取引コスト分析ツールを融合することが最優先課題であります。RLAMは我が社が誇る優れた機能を活用することで、顧客ニーズを満たすと共に最終投資家の運用効率の改善に繋げられると考えております。

Chris Hollands, head of European and US sales and account management at TradingScreen - TradingScreenより引用

資産運用の収益性向上を目指すRLAMにとっては、TradingScreenと提携し運用パフォーマンスの改善に繋がる高機能プラットフォームを活用することで、更なる業績拡大を期待できそうだ。

official release 2019.10.02

出典元:

ニュースコメント

顧客ニーズにマッチした取引ツールの開発を競う金融機関

グローバルに規制が強化されると共に顧客獲得競争が激化するなか、RLAM以外にも多くの金融サービスプロバイダーが競合他社との差別化を図るべく、高機能が付帯した取引プラットフォームを導入したり、規制に対応した取引コスト分析ツールを開発している。足元ではATFXが機関投資家向けの取引プラットフォームをリリースしたほか、Tools For Brokersが取引コスト分析ツールをリリースし、JPモルガンチェースは次世代型FXアルゴリズム取引ツールを開発している。各社、開発コストや時間、人件費などがかさむなかでも様々な顧客ニーズに焦点を当てた取引ツールを提供していることは、巧妙なマーケティング活動を実践することで取引を促すだけでなく、最終投資家にとって運用成績の向上や取引環境の改善に繋がる機能重視のサービスが求められていると推察される。今後も金融機関各社から運用パフォーマンスの改善に大きく寄与する革新的なソリューションが提供されることを期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ