海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

レボリュート、VISAとの提携強化と3,500名の人員拡大計画を発表

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.10.01

アプリケーション関連

レボリュート、VISAとの提携強化と3,500名の人員拡大計画を発表

ソリューション

新たに日本を含む24市場への進出を模索

英国・ロンドンを拠点とするチャレンジャーバンク(銀行業務ライセンスを取得し、既存銀行と同様のサービスを全てモバイルアプリ上で提供する企業)であるRevolut Limited(本社:4th Floor, 7 Westferry Circus E14 4HD London, United Kingdom[1])【以下、レボリュートと称す】と大手クレジットカード会社のVISAは9月30日、両者の提携関係を強化すると共に、レボリュートが新たに24か国へ進出すべく、3,500名規模の人材を採用する計画であることを発表した。

ロイターによると、現在欧州とオーストラリアで運営しているレボリュートは、2019年末までに日本や米国、ブラジル、ロシアを含む8か国に進出する見通しとのことだ。また、同社CEOであるNikolay Storonsky氏は、2020年にラテンアメリカとアジア市場にもサービス提供を開始するともに、現在1,500名ほどの従業員数を2020年夏までに約5,000名に拡大させる計画であるという。更に、VISAとの提携強化はレボリュートの人員増加を図るだけでなく、2020年に顧客基盤を2倍もしくは3倍に拡大させる意向であるとのことだ。なお、レボリュートとVISAの提携関係は独占的なものではないものの、レボリュートが発行する全てカードのうち、少なくとも75%はVISAブランドが付帯する模様である一方で、レボリュートの積極的なグローバル拡大戦略を遂行するうえで、各国の規制当局から営業許可を取得しなければならない点は課題として挙げられるであろう。

近年急成長を果たしているレボリュートは、創業以来順風満帆な事業を営んできたわけではない。Storonsky氏によると、競争が激しいメディアレポーティング事業や各国の複雑な制裁条件モニタリングシステム事業などを手掛け、実績と経験を積み重ねることで、2、3年前から全く異なった企業に変貌を遂げたとのことである。また2019年8月に、レボリュートは株式取引手数料無料サービスを開始し、更なる業績拡大を模索している。なお、レボリュートは同サービスを提供するに際し、テクノロジープロバイダーのDriveWealthと協働し、顧客取引注文データを他の金融機関に販売しない仕組みを採用していることから、より健全な取引体制を構築していると推察される。更に、レボリュートのウェルス・トレーディング部門ヘッドを務めるAndre Mohamed氏によると、同社は新たな顧客サービスの提供も検討しているとのことであり、今後も画期的なソリューションを提供する同社から目が離せない状況だ。

official release 2019.10.01

出典元:

ニュースコメント

既存の金融システムに風穴を開ける有力フィンテック企業

2015年に創業したレボリュートは、伝統的な金融機関が提供する割高な外貨両替及び送金手数料を無料とするなど数々の画期的なサービスを提供することにより、僅か数年間で750万人もの顧客基盤を築き上げ、世界中からその動向が注目される新興フィンテック企業だ。またレボリュートの他にも、数多くの有力フィンテック企業が、既存の金融サービスプロバイダーによって構築された金融システムに風穴を開け、既存市場から顧客を獲得するだけでなく、新たな顧客層の創出も試みている状況だ。足元では、フィンテック企業Itivitiの注文管理システムがAtlantic Equitiesに採用され、より優れたトレーディングエクスペリエンスの提供が可能となったほか、取引手数料無料のモバイルアプリを開発し急速にユーザー層を拡大させているロビンフッドはFCAより業務認可を取得し、新たな市場の開拓に挑んでいる。今後もフィンテック企業を中心としたテクノロジーの発展が予想されることから、多くの企業から顧客ニーズにマッチした革新的なソリューションが提供されることを期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ