海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Tradesocio、ドバイに新オフィスを開設

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.07.11

アプリケーション関連

Tradesocio、ドバイに新オフィスを開設

ソリューション

年内にロンドンにもビジネス拠点を設ける意向

シンガポールを拠点とするフィンテック企業であるTradesocio(本社:38-01, Suntec Tower Three, 8 Temasek Boulevard, Singapore, 038988[1])のCEOを務めるWael Salem氏は、グローバル本社として新しくアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ国際金融センター(Dubai International Financial Center, DIFC)に新オフィスを開設し、さらに2019年末までに英国・ロンドンにも新たなビジネス拠点を設ける計画であることを明らかにした。

Tradesocioはドバイの新しいグローバル本社に経営機能を集結させ、中東・北アフリカ(Middle East and North Africa)【以下、MENAと称す】地域を統括するビジネス拠点およびイノベーションハブとして位置づけるとのことだ。UAEを始めFX市場が拡大するアラブ諸国においてプレゼンス拡大に力強くコミットし、その他の市場でコスト削減を図る計画はないという。またSalem氏によると、キプロス・リマソールではオフィスを拡大移転し新たな人材採用に向け準備を進めている他、欧州市場で事業拡大を図るべく、英国・ロンドンに2019年末までに新オフィスを開設する見通しであるとのことだ。Tradesocioは既にグローバルベースで擁している110名のスタッフに加え、ロンドンオフィスでは経営幹部や上級管理職、業務開発、商品分析分野の人材を中心に新たに10名ほど迎え入れる予定であり、ドバイ新オフィスでは向こう2年間で30名の人材を採用する計画である。

さらに、TradesocioはロボアドバイザーやSMA(Separately Managed Accounts、ラップ口座の一形態)分野のソリューション提供に注力する意向を示している。特にSMAに関しては、複数の銀行と提携して年金管理やモバイルトレードなど特定のニーズにカスタマイズさせたソリューションを開発し、投資家が運用を外部に任せるMAM(Multi Account Manager)やPAMM(Percentage Allocation Management Module)といったマネージドアカウントにとって代わるコスト効率の良い商品を提供している。その他にも、金融機関が独自のETFを組成することが可能なETFステーションと呼ばれる新商品をリリースする予定であり、ファンドマネージャーを要さず、ヘッジファンドを比較的容易に運営することができる地域では、10分以内にETFの作成が可能になるという。

TradesocioはMENA地域を始めとするグローバル市場で、新ソリューションおよび注力商品のマーケティングを積極的に行っていく意向である。Salem氏は、MENA地域は国によってデジタル革命の進捗にギャップがあるため、それぞれ異なる潜在顧客ニーズを満たす必要があると指摘すると共に、新オフィスの設置はTradesocioにとってMENA地域で市場拡大を図る非常に良い機会になるだろうとコメントしている。なお、TradesocioはFX Back Officeと提携した他、TradesocioはFX Cubicとも提携するなど、同社が提供するプラットフォームの利用拡大を図っている。そして今回、ドバイに新オフィスを開設し、ロンドンにもビジネス拠点を設ける計画であることから、グローバルベースでの認知度向上と取引拡大が期待できそうだ。

official release 2019.07.11

出典元:

ニュースコメント

フィンテック企業の注目が集まるアラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦を構成する国の1つであるドバイは、石油埋蔵量が少ないことからオイルマネーに依存しない多角的経済政策を積極的に行ってきた。中でも金融分野においては、仮想通貨やブロックチェーン技術の活用を国家レベルで推進していることでも有名だ。ドバイ政府は2020年までに政府文書の全てをブロックチェーンベースに移行する想定であることを以前から公表しており、さらに2018年には仮想通貨先進国であるスイスやマルタに先駆けて独自仮想通貨emCashの発行を公表するなど、その発展は顕著である。また、現状アラブ首長国連邦内では法人税が徴収されていない点や、ICO規制の法整備が進んでいる点からみても、ドバイを含めたアラブ全体がフィンテック関連企業にとって魅力的な地域となっていると言えるだろう。アラブ地域に潜むビジネスチャンスや顧客ニーズを捉え、Tradesocioのように新たな収益基盤を模索する企業によって、より豊富な金融商品と投資環境が整備されることに期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ