海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

GBE Brokers、ヘッジング機能付きMT5をリリース

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.07.05

アプリケーション関連

GBE Brokers、ヘッジング機能付きMT5をリリース

GBE Brokers

MT5ホワイトラベルサービスも提供開始

GBE Brokersの運営会社であるGBE Brokers Ltd(本社:60 Panioti Avenue, Green Area, Limassol 4044, Cypurs[1])【以下、GBE Brokersと称す】が、ロシアのソフトウェア会社MetaQuotes Software Corp.が開発したヘッジング機能付きのMetaTrader5【以下、MT5と称す】取引プラットフォームを提供開始することが明らかになった。[2]

今回GBE Brokersが導入するMT5は、FXやインデックス、株式、コモディティ、エネルギーといった200種類以上の商品取引が可能な他、ロング(買い)とショート(売り)ポジションを同時に建てることができるヘッジング機能や専門的なファンダメンタルズ・テクニカル分析ツールが付帯しているとのことだ。また、0.01ロット単位からワンクリックで注文管理が可能であることに加え、STP方式及びDMA(ダイレクトマーケットアクセス)を提供し、高い約定力と高頻度取引に対応した執行スピードも兼ね添えるという。

GBE BrokersのCEOであるRifat Sayim氏は、プラットフォームと取引ツールが統合した機能性溢れる先進的なテクノロジーが搭載されたMT5を顧客に提供することを喜ばしく思うと述べている。また、2017年6月にGBE Brokersはプライムブローカー事業に参入しており、同事業のヘッドを務めるBen-Florian Henke氏は、MT5ホワイトラベルの提供によって、顧客はMT5を利用してAPI接続サービスを利用することが可能になるとコメントしている。IB(イントロデューシング・ブローカー)と比較して独自ブランドで包括的なブローカレッジサービスを提供可能なホワイトラベルはFXブローカレッジ業界に参入する効率的な方法であり、新規参入ブローカーにとって大きなメリットがあることから、今後先進的機能が付帯したMT5及びGBE Primeのホワイトラベルサービスの利用拡大が期待できそうだ。

official release 2019.07.05

出典元:

ニュースコメント

さらなる利用拡大が期待されるMT5

GBE Brokersは2013年に設立され、キプロス証券取引委員会(CySEC)にて認可・規制を受けているブローカーである。取引可能な通貨ペアが豊富であることが特徴となっており、主にマイナーカレンシーの取引を行うトレーダーから高い評価を得ている。一方のMT5は2010年にMetaQuotesが開発したFXのトレーディングプラットフォームであり、2005年に開発されたMT4の後継版として発表されたMT5ではあるが、リリースから9年ほど経った今でも多くのFXブローカーはMT4を選好しているのが現状だ。MT5の普及が進まない背景には、MT4のカスタムインジケーターやEAが使えないなど互換性に乏しく、MT5に対応しているFX業者もMT4に比べると少ないことが要因だと考えられる。MT4は、2019年3月1日をもって一部ビルドが公式サポートの対象外となることが発表されており、開発元であるMetaQuotesとしても利用者のMT5への意向を促すべく、ブローカー各社へ働きかけ続けいている。今回のGBE BrokersでのMT5提供開始もその成果と見ることができよう。GBE Brokersは新ブランドdiscountFXを始動するなど、これまで顧客の求めるサービス内容を忠実に反映する高品質で顧客重視のサービスには定評がある。MT5を通して同社の提供するサービスが利用可能となることで、MT5のさらなる利用拡大が期待される。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ