海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Gold-iのCEOが語る2019年リテールFX業界の展望

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.06.11

アプリケーション関連

Gold-iのCEOが語る2019年リテールFX業界の展望

Gold-i

新商品開発及びグローバル戦略を推進させる方針

取引システム統合専門の金融プロバイダーであるGold-i(本社:10 Medawar Road Surrey Research Park Guilford Surrey GU2 7AE[1] )の創業者兼CEOであるTom Higgins氏が、リテールFX業界の展望や同社の経営環境などを踏まえ、今後もFX市場に創造的破壊をもたらすべく、革新を続けると共に新商品の開発及び東南アジアや中東といった新興市場の開拓を推進させる意向であることを明らかにした。

2019年のリテールFX業界動向に関しては、レグテック(フィンテックを活用して規制対応に関する課題解決を図る技術)の需要が大きく拡大しているとのことだ。Gold-iはレグテックに対応した商品としてRisk DBやVisual Edgeを提供しており、これらの商品を活用することで規制に準拠するための様々なデータにアクセスすることができるという。同社は新規制にも対応したVisual Edgeを2020年にリリースすると共に、先進的な技術を持ったレグテック関連企業と提携する意向でもある。またブローカー各社が利益拡大を目指し、仮想通貨を含むマルチアセットクラスのトレーディングサービスを提供するというトレンドが続くと見込んでいる。なお、マルチアセットに対応したブローカーにとって最重要事項はコスト管理であり、テクノロジーやマーケティングなどの分野はアウトソースすることで人件費を削減し、社内の主力チームが事業開発や顧客獲得・維持といった主要業務に注力できる体制を構築すべきであると提案している。その他にも欧州証券市場監督局(European Securities and Markets Authority, ESMA)が規制を強化したことにより、多くのブローカーがアジアパシフィック地域など新市場の開拓を図っており、特に小規模ブローカーは欧州の規制枠組みから外れた地域でのビジネス展開を模索している状況だと指摘している。事実、多くのブローカーがオフショア市場へのシフトを進めているが、十分な金融サービスを提供できない状況に追い込まれる企業も出てきている模様だ。

Gold-iの経営環境に関しては、過去数年の間にブリッジプロバイダー(FXブローカーがリクイディティプロバイダーに注文を出す際の仲介ブローカー)から包括的な金融サービスを提供するフィンテック企業へビジネスモデルの転換を図ったという。その過程で同社はマルチアセットクラスのリクイディティ管理とリスク・マネージメント、BI(ビジネスインテリジェンス)関連ソフトウェアの提供に注力すると共に、本拠地である英国の他に中国にも拠点を設け、更にGold-iはシドニーに新オフィスを開設しグローバル戦略も推し進めてきたとのことだ。加えて、Gold-iの主力商品であるMatrixと2018年にリリースされたMatrix Netは、それぞれ機能とターゲット顧客が異なるという。Matrixは個人投資家を顧客に持つブローカーを対象とし、ルーティングパスの最適化と流動性集約機能を付帯した先進的なリクイディティ管理プラットフォームである。一方でMatrix NetはMatrixの機能を拡張し、リクイディティプロバイダー(流動性供給業者)やプライムオブプライムブローカー(プライムブローカーの信用力を用いたサービス提供を行う業者)がマルチアセットクラスの流動性供給を行うために利用するツールである。同ツールを活用するリクイディティプロバイダーにとっては、コスト効率が良く高水準の流動性供給を可能とし、ブローカーにとってはGold-iが構築する安全性・信頼性の高い流動性ネットワーク環境を割安な費用で利用することができるようになる。

またブローカーが採用する取引手法として、顧客の注文を全てインターバンク市場に流すA-bookと、顧客の注文を全てブローカーがヘッジするB-book、そしてその複合型であるハイブリッドモデルの3タイプがあることを前提に、今日ではハイブリッドモデルを採用する多くのブローカーが、レイテンシー・アービトラージ(通信遅延等を利用した裁定取引)やレイヤーリング(資金の出所を分かりにくくし、送金や金融商品などへの変換、換金を繰り返す行為)といったリスクに晒され、多額の利益を失っている状況であるという。ブローカーにとっては、これら悪意のある取引によって生じた損失がその他の利益と混在することで、的確に損失を把握できていない模様だ。そこでGold-iはレイテンシー(遅延時間)を改善する商品としてVisual Edgeを提供している。同ツールを利用することで、レイテンシーの改善と不正取引の自動防止が期待できるという。なおVisual Edgeは24時間不正取引を監視するように設定されているものの、利用コストに関しては実際に不正取引が検知された時間のみ費用換算される。Gold-iの顧客であるFINSAの試算によると、同ツールを活用し不正取引を未然に防ぐことで毎月5万ドル以上の損失を回避できるとのことだ。

更に新興ブローカーに関しては、まずビジネスが成り立つ地域を見定めた上でサービス提供を始め、その後特定の地域に留まるのではなく市場拡大を図るべきだと提案している。Gold-iは新興ブローカーとの豊富な取引実績を有しており、足元でも新商品をリリースし、ソフトウェアやホスティング、24時間のテクニカルサポートといった新興ブローカーが必要とするサービスを提供している。 Gold-iはブローカーそして顧客ニーズにマッチした商品提供と新市場開拓を模索しており、今後更なる顧客取引の拡大が期待できそうだ。

official release 2019.06.11

出典元:

ニュースコメント

フィンテック業界に精通したGold-i

Gold-iの創業者兼CEOであるTom氏は、フィンテック分野において25年以上に亘る豊富な経験を有し、そのほとんどを英国・ロンドンの金融街で過ごしてきた実力者だ。経歴を振り返ると、欧州でも有数のビジネススクールであるキャスビジネススクールでMBAを取得し、PA Consulting Groupの経営コンサルタントに従事したことに加え、The IPEにてチーフテクノロジーオフィサー【以下、COOと称す】を、ユーロネクストでITビジネス戦略部門ヘッドを、ロイターでヨーロッパ・アジア地域のCOOを、ODL SecuritiesではCOOを務めており、まさにフィンテック業界に精通した人物といえよう。Gold-iはここ数年でビジネスモデルの転換を行ったが、今後も新商品の開発及び新興市場の開拓を推進させることで、リテールFX市場に新たな風を巻き起こすことを期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ