海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Dynamic Works、KYC関連サービスプロバイダーShufti Proと提携

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.05.10

アプリケーション関連

Dynamic Works、KYC関連サービスプロバイダーShufti Proと提携

AML, KYC

KYCプロセスとAML対策機能を強化する意向

キプロスを拠点として、顧客管理システム(Customer Relationship Management)【以下、CRMと称す】Syntellicoreを提供するDynamic Works(本社:1, Diogenous Street Block A-5th Floor Engomi 2404-Nicosia-Cyprus[1])が、リアルタイムの本人確認(KYC)とアンチマネーロンダリング(AML)対策機能を強化すべく、KYC関連ソリューションを提供するShufti Proとパートナーシップ契約を締結したことが明らかとなった。

世界的にAML対策の規制が強化される一方、足元の数か月間に亘って多数の金融機関がマネーロンダリングに関与した疑いが広がっている状況だ。そのため、顧客の資金の出所を明らかにすることと、的確性及び迅速性を高めたKYCプロセスを導入することはブローカーにとって大きな課題となっている。そのような市場環境の下、Dynamic WorksはShufti Proと提携することで、KYCプロセスとAML対策機能を高めた、より安全なCRMの構築を図る意向とのことだ。

今回の提携に際し、Dynamic WorksのCEOであるAngelos Gregoriou氏とShufti ProのCEOを務めるVictor Fredung氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

我々のお客様を継続的にサポートすると共に、最高水準のテクノロジーを提供すべく、今回Shufti Proとパートナー契約を締結したことを喜ばしく思っております。我が社のSyntellicoreにShufti Proが提供するソリューション機能を付帯させることで、文書や氏名、ID、住所、誕生日、顔認証といったKYC及びAML対策を自動化させる高付加価値サービスを提供できるようになります。それにより、KYCプロセスの正確性を高めると共にバックオフィス業務の費用削減を実現させることが可能であるため、まさに全ての金融機関にとって多大なメリットをもたらすでしょう。

Angelos Gregoriou, CEO of Dynamic Works - Syntellicoreより引用

我々が開発したAI(Artificial Intelligence, 人工知能)を基にした本人確認システムは、30秒から60秒で文書の検証や顔認証を行うことができるため、KYCプロセスとAML対策にかかる業務負担を軽減させることができるでしょう。また我が社のAML対策ソリューションは世界で公表される全ての主要な制裁リストを活用して検証を行う仕組みとなっております。今回Dynamic WorksのCRMに追加させるKYCプロセスを自動化させることにより、お客様であるFXブローカーに対し、他社と差別化された最適なカスタマーエクスペリエンスを提供できると考えております。

Victor Fredung, CEO of Shufti Pro - Syntellicoreより引用

Dynamic WorksのSyntellicoreは、顧客管理やブローカレッジ業務管理、レポーティングサービスに特化したCRMであり、主にFXブローカーを対象としたシステム設計となっている。他方でShufti Proは、AIを活用してオンライン上でKYCプロセスとAML対策ソリューションを提供している。今回Dynamic WorksはShufti Proと提携し、KYCプロセスとAML対策の強化を図ることで、更なる顧客満足度の向上が期待できそうだ。

official release 2019.05.10

出典元:

ニュースコメント

重要が高まるAI本人確認システム

英国ロンドンを本拠として活動するShufti Proは2017年に設立されたスタートアップで、次世代型エンドツーエンド(二者間)の認証サービスを手掛けている。製品のベーシック機能としてKYCおよびAMLの認証技術が盛り込まれており、Shufti ProのAIテクノロジーは全世界70億人を99.6%の精度で認識することが可能とのことだ。Shufti Proはロンドン以外にも、ラトビア、スウェーデンに拠点を持ち、世界中の銀行や金融関連企業にサービスを提供しており、通常では多大な費用の掛かるAMLのコンプライアンスサービス費用の削減にも貢献しているようだ。また、昨年11月には Titan FXでもShuti Proのシステムを導入するなど、FXブローカーからも注目を集めているシステムといえよう。詐欺やマネーロンダリングなどの違法行為を排除するため、今後もKYCやAMLが強化される中、ユーザーにはより複雑な手続きが必要となっていくことが予想される。そのような状況でShufti Proのような認証サービスを提供する企業は重要な役割を担っていくことになるだろう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ