海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

oneZero、MT5ブローカー向けマーケットデータモデュールを開発

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2018.11.07

アプリケーション関連

oneZero、MT5ブローカー向けマーケットデータモデュールを開発

MetaTrader 5

取引市場データのレポーティング・モニタリング等を自動化

ブローカー向けリクイディティハブやMetaTrader向け技術ソリューションを提供するoneZero Financial Systems(本社:196 Broadway Cambridge MA 02139[1])【以下、oneZeroと称す】は、ロシアのソフトウェア会社MetaQuotesが開発したMetaTrader5【以下、MT5と称す】プラットフォームを導入するブローカー向けに、Market Data Sentinelと呼ばれる新たなマーケットデータ関連モジュールを開発したことが明らかとなった。

ブローカーは、Market Data Sentinelを活用することにより、MT5プラットフォーム上で取引所関連データの取得・計算・管理などを自動化することが可能になる。また、ユニークなメトリック(基準)やMT5のパラメータ(指標)に基づいた報告書や図表を作成することで、レポーティング・モニタリング・アカウンティング(経理、会計)業務を合理化できると共に、規制当局へ提出する報告書の作成も容易になるということだ。ブローカーにとっては、取引市場データの活用や顧客向け取引所手数料の適用といったビジネス上の重要な決断を下すうえで手助けとなるツールと言えよう。

MT5ブローカー向け新モデュールのリリースに際し、oneZeroのCEOであるAndrew Ralich氏は、以下のようにコメントしている。

MT5プラットフォーム上で取引所関連マーケットデータのレポーティングやモニタリングへの需要が高まっており、この度そのニーズを満たすべくMarket Data Sentinelをリリースできたことを喜ばしく思っております。現在、我々のリクイディティハブを利用しているか否かを問わず、全てのMT5を導入するブローカーにとって、Market Data Sentinelを活用し業務を自動化することで、従来は時間のかかるマニュアルのワークフローを効率的に処理することができるようになります。また、Market Data Sentinelの開発は、お客様と市場が求めるニーズに継続的に応えていこうとする我々の意思の表れでもあります。お客様がベストを尽くし事業拡大に注力する際に生まれたニーズを的確に捉えサポートしていくために、我々は常に優れた技術開発の活用を試みております。

Andrew Ralich, CEO of oneZero -
Mondo Visione
より引用

oneZeroは2018年に入り、英国の大手FX・CFDブローカーであるCMC Markets UK plc(本社:133 Houndsditch London EC3A 7BX[2])とのパートナーシップ締結や様々なツール開発を手掛けるなど、足元の数か月ほどでもヘッドラインニュースとして数多く取り上げられるほど活発な動きを見せている。ちょうど数か月前には、oneZeroが提供するリクイディティハブをアップデートしたことを発表しており、機関投資家とB2B(ビーツービー、法人)顧客向け新機能を追加したことで、より使い勝手が良く機能性を高めたサービスを提供できるようになった。ブローカーやサードパーティーの開発者にとっては、oneZeroプラットフォームとREST API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を連携させることで、REST APIエンドポイント(端末)を活用し、リアルタイムでの取引市場データの取得などを完全に自動化させることも可能である。これにより、oneZeroの顧客はサードパーティーを通さずとも取引市場データを確認できるプラットフォーム設定を行うことが可能となると共に、ブローカーにとっては、従来よく使われていたFIX端末に接続せずともリクイディティフィードを顧客へ提示することもできるようになる。

レポーティングサービスに関連したソリューション開発は、規制当局による規制基準に対応するべくブローカーからの需要が高まっており、つい最近ではTRActionがレポーティングサービスを開始しているほか、8月にはTools For BrokersがBBIにレポーティング機能を追加したことを発表している。今後も規制基準に対応できるソリューション開発が激化していくことが予想される。

official release 2018.11.07

出典元:

ニュースコメント

強力なエコシステムへのアクセスを提供するoneZero

oneZeroは、マサチューセッツ州ケンブリッジに拠点を持つテクノロジー・ブリッジプロバイダーであり、海外FXブローカーやテクノロジー企業向けに最先端のソフトウェアを提供している。FX、コモディティ、先物市場向けのソフトウェアソリューションの設計・開発を行い、世界中のブローカー、ファンド、銀行、およびその他の金融および商品市場参加者へ向けサービスを展開している。 oneZeroのエコシステムは、ブローカー、プライムブローカー、およびヘッジファンドのグローバルネットワークに対するマルチアセットクラスのリクイディティの流通チャネルで、金融機関はoneZeroのリクイディティハブを通じて、エンドカスタマーに途切れなく流動性を提供することが可能になる。すでに180を超える市場参加者がoneZeroのエコシステムに加わっており、今年の10月にはADMISがoneZeroのエコシステムに参画したことで、更に高付加価値なサービス提供ができるようになった。この度のMarket Data Sentinelのリリースにより、oneZeroの優れた取引技術パフォーマンスがさらにアピールされることは間違いないであろう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ