追証請求の心配なし

海外FXは口座がマイナスになっても安心です。追証無しのゼロカット(ゼロリセット)方式を採用しています。急な相場でも0からリスタートすることができます。

国内FX業者は追証が必要

FX取引は、"預けた証拠金を上回る損失が発生しない"と考るのが一般的ですが、実はFX取引にも「追証」といって、追加証拠金を入金しなければならない場合があります。

一般的なFXブローカーは、お客様から受けた注文を、インターバンク市場という多くの国際的銀行やプライムブローカー(大手のFXブローカーや金融機関)等が価格形成をする市場に、一定のレバレッジをかけカバー注文を行います。これは、お客様からの注文を全て自社内で吸収すると、お客様の利益が多く出た場合、FX会社が全てのリスクを負うことになるためです。

しかし、このカバー注文は市場が正常に機能しているときは、カバー取引も機能しますが、数年に1度と言われる経済市場に大きな影響を与える出来事や発表があった場合、それらの機能が混乱し機能しなくなります。このような場合、FX会社にもカバー先にも大量の注文が流れ込み、流動性が一時的に麻痺、為替市場は事実上のパニック状態となります。

このような事態により、機能を失ったFX会社の注文システムは、一定期間、顧客の注文を決済することができず、パニックが収束に向かい決済できるタイミングには、既に必要証拠金がマイナスに陥ってるという状態です。

これにより、マイナス残高となった口座の保有者は、FX会社からマイナス分の追加証拠金(追証)の入金を請求されることとなります。

国内のFX会社のほとんどは、口座開設時このような契約を定めており、国内業者の追証の仕組みには、次のように記載されています。

国内FX業者は追証が必要

国内FX業者の追証に関する注意書き(某Y業者の例)

*国内FX業者の追証に関する注意書き(某Y業者の例)


海外FX業者はゼロカット方式により追証の心配なし

このような事態に対し、海外FX業者は「ゼロカット」(ゼロリセット)制度といわれる、全ての顧客のマイナス残高を"0"に戻す処置を実施します。

これは、海外FX会社が独自に実施している制度であり、ハイレバレッジな海外FXでは一般的な制度です。本来FX取引は、顧客は証拠金以上のリスクは負わないとされており、相場の流動性が無い場合であっても、そのリスクはブローカー(FX会社)が取るべきであるという元来の考え方によるものです。

海外FX業者はゼロカット方式により追証の心配なし

相場の乱高下などで、注文や強制ロスカットが執行されず、そのまま口座残高がマイナスになった場合、FX会社のテクニカルデスクは、対象となる注文の履歴から本来執行されるべき価格を調査し、顧客の残高を即座に"0"に戻します。

海外FX業者はゼロカット方式により追証の心配なし


実際のゼロカットを実施した例

記憶に新しいところでは、2015年1月15日 スイス中央銀行が、スイスフランの対ユーロが1EUR = 1.20CHFを超えないように導入しておりました「無制限介入」を終了すると発表いたしました。これにより、EUR/CHFペアは、約20分でおよそ3800pips大暴落しました。

これにより、対スイスフランだけではなく、その他通貨ペアに関しましても、為替レートの急激な変動や断続的な配信の停止、スプレッドの大幅な拡大がみられ、結果、外国為替市場が一時大混乱になる事態が発生しました。

この際、国内FX会社の利用者でポジションをリリースできなかった顧客は、SNSやブログにて「口座残高が、マイナス9,000万に!」「数分でマイナス260万になりました...」などと悲痛な訴えを掲げていました。 同じ頃、最大手FXブローカーである「Alpari(アルパリ グループ)」は多くの負債を負ったとして破綻を発表(信託保全により、顧客資金は返還されます)、同じく最大手FXブローカー「FXCM」は、2億ドルを超える負債を負ったとされています。

この時期、ゼロカット制度を導入している「AXIORY」は、顧客のゼロリセットを決定し、2日後の17日には全顧客のゼロリセットを実施、取引時間中に相場の乱高下により正しくな決済が行われた取引を全て洗い出し、即日補填を終わらせました。また、キプロスの大手「XM」も追証の必要はなく、「同社の営業状況に影響はない」と報道発表しました。

実際のゼロカットを実施した例

<スイスフラン政策発表後のUSD/CHFチャート>

これ以外にも、リーマンショックや、9.11USのテロショック、ギリシャの金融問題(ギリシャショック)、3.11東日本大震災時などの、為替相場に大きな影響を及ぼす事態が起こった最に実施されました。


ゼロカット制度を実施している海外FX業者

海外FX業者中No.1の高い約定率と、頻繁に開催されるキャンペーンが人気!最も監査基準が高い英国FSAのライセンスを保有し、会社破綻時には20.000€迄の補填を提供する安心のブローカー。

只今、当社限定!口座開設で5,000円プレゼントキャンペーン実施中!

FX業界のプロ集団が創業した、日本人の顧客急上昇中の新興ブローカー。各国のFSAから干渉されない、自由でユーザビリティの高いサービスは、ヨーロッパの若いトレーダーに爆発的に支持され、2014年秋より日本でのサービスを開始!

とにかく狭いスプレッドと、クオリティーの高い日本語サポートが魅力!

海外FX業界ではパイオニア的存在の大手ブローカー。各国のFSAライセンスを保有し、コンプライアンス体制は業界一。2014年、独自のコピートレードプラットフォーム「FxProSuperTrader」を新たにリリースし、アセットマネージメント分野にも進出。

2014年10月、国内銀行送金 (FxPro Vault) に対応しました

Google +1

↑ページTOPへ↑

海外FX口座開設の注意事項

海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部、または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。