海外FXの特徴

海外FXの特徴

海外FXには、日本のFXには無い多くのメリットがあります

今、注目されている「海外FX」ですが、利用者のほとんどは、日本のFX業者をご利用のお客さま、若しくは、ご利用経験がある方が大半を占めています。
その理由は、日本のFX業者では提供されていないサービスに魅力を感じる方、また、日本に対しカントリーリスクを感じている方など様々ですが、既に日本でのFX経験者が乗り換えるのですから、何らかのメリットがあり海外FXをご利用頂いていることに間違えはありません。

当サイトでも、「FX業者と何処が違うの?」「どんなメリットがあるの?」など、多くの質問が寄せられる「海外FXの利点」を、初心者の方でもご理解頂けるよう、「日本のFX」と「海外FX」を比較しながらご紹介いたします。


1,海外FXは、最大888倍のレバレッジ

海外FXは、最大888倍のレバレッジ
外為取引の最大の特徴は、FX業者に委託した資金(証拠金)の数倍から数百倍の取引が出来ることです。日本では、過激なレバレッジ競争を防止するため、2011年全てのFX業者のレバレッジ上限を25倍までに引き下げました。日本の規制に影響を受けない海外のFX業者は、200/500倍~最高888倍までの高いレバレッジを提供しています。

海外FX業者を利用すると、最大で手元資金の888倍の取引が可能となります

海外FX業者の提供するハイレバレッジ

自国のFX業者にレバレッジ規制を実施している国は、日本、香港、韓国、アメリカ、カナダ等数カ国であり、世界各国の大口トレーダーやヘッジファンドのディーラーは、これら規制の無い国のFX業者と取引を行うことが大半であると言われています。

2,海外FXは追証無し!マイナスになっても「ゼロカット(ゼロリセット)」

海外FXは追証無し!マイナスになっても「ゼロカット(ゼロリセット)」
FX取引は、"預けた証拠金を上回る損失が発生しない"と考るのが一般的ですが、実はFX取引にも「追証」といって、追加証拠金を入金しなければならない場合があります。
海外FX業者は「ゼロカット」(ゼロリセット)制度といわれる、全ての顧客のマイナス残高を"0"に戻す処置を実施します。

海外FX業者はゼロカット方式により追証の心配なし

「ゼロカット」(ゼロリセット)制度について

国内のFX会社のほとんどは、トレード口座がマイナス残高になった場合、「追証」と呼ばれる追加入金をしなければなりません。

3,注文方法を公開し、透明性・公平性が高い

注文方法を公開し、透明性・公平性が高い
日本のFX業者は、お客さまからの注文を、一旦自社のディーリングデスクで受け、プライス提供元(プライムブローカー、金融機関、リクイディティープロバイダー等)に注文を行うか否かの判断を行った上で注文を処理します。海外のFX業者のほとんどは、このディーリングデスクを配置しないNDD方式を採用しています。

海外FX業者は、公平で利益相反の無い取引が可能です

ディーリングデスクの有無によって何が変わるの

STP方式、ECN方式について

海外FX業者は、各国の金融庁にて、ディーリングデスクを禁止している国もあり、顧客の利益とブローカーの利益が相反しない、公平な取引を提供しています。

4,口座開設わずか30分!クレジットカードでも入金可能

口座開設わずか30分!クレジットカードでも入金可能
海外FX業者は、日本のFX業者と比べると、豊富な決済方法を提供している業者がほとんどです。しかし、多様な決済手段を提供している分、入出金には一定のルールがあり、そのルールに則って口座管理を行う必要があります。 入出金方法にもさまざまな方法があり、その方法によって、手数料や期間など様々です。

海外FX業者は、様々な入出金方法を選択することができます

口座開設はオンラインで完結

海外FX業者の主な入出金

クレジット/デビットカードやバーチャルマネー、日本国内からの国内銀行送金に対応。昨今話題のビットコインが使える業者も!

5,高額で多様なボーナスを提供

高額で多様なボーナスを提供
日本のFX業者でも、「口座開設をした方、○○千円キャッシュバック」など、口座開設時にキャッシュバックボーナスを提供している会社がありますが、海外FX業者は、これらを遥かに超える、高額で多様なボーナスを提供しています。
ボーナス制度は、海外のFX業者では非常に一般的な制度であり、これは、顧客に対し口座開設や入金を促す販促的な目的以外にも、顧客の手元資金をかさ上げをすることで、資金を失うトレーダーを救済する目的があります。

入金ボーナスや、新規口座開設ボーナスなど、インセンティブが豊富

各種ボーナスについて

海外FX業者は、定期的なボーナスやリベートバック以外に、イベントも多く開催されています。「アメリカの雇用統計の発表を予想するキャンペーン」、「日本とキプロスの試合結果を予想するキャンペーン」など

6,世界No.1の取引ツール メタトレーダーが利用可能

世界No.1の取引ツール メタトレーダーが利用可能
海外FX業者の多くは、MetaTrader(メタトレーダー)という取引ソフトウェアーを使っています。
MetaTraderとは、ロシアのMetaQuotesSoftware社(メタクォーツ社)によって作られた、FX・CFD用のトレードソフトウェアーで、世界中で最も多く利用されているチャートソフトと言われています。

MetaTrdaer (メタトレーダー)を使うことにより、自動売買が実現します

自動売買に対応

MetaTrader4 ご利用ガイド

現在、メタトレーダー利用者の、約6割が何らかのEA取引(自動売買)を利用していると言われており、今後、日本でも、その様なトレーダーが増えてくるかと...

7,世界の優良銘柄の取引が可能!CFD最大100銘柄

世界の優良銘柄の取引が可能!CFD最大100銘柄
海外FX業者では、FX取引と株価指数・CFD取引が、同一の口座で行うことが可能であり、FXだけで資産運用を行う場合と比べ、幅広いリスクヘッジが可能となり、安定した投資プランを形成しやすいメリットがあります。

株価指数や、CFDも、海外FXならハイレバレッジ取引が実現

株価指数やCFDの取引が可能

世界で話題になっている、個別株銘柄や、株価指数・CFDの取引が可能!全ての取引プラットホームは、MetTraderにて提供しているので、操作に戸惑う事もありません

↑ページTOPへ↑

海外FX口座開設の注意事項

海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部、または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。