入出金について

入出金について

海外FX業者は、多様な入出金方法を提供

日本のFX業者の場合、トレード口座への入金方法といえば、FX会社の指定口座に資金を振り込む「クイック入金」が主な方法となりますが、海外のFX業者の場合、多くの国のトレーダーが様々な通貨による資金の入出金を行うため、「銀行送金」の他、「クレジットカード」や「バーチャルマネー」など、日本のFX業者には無い様々な決済方法を提供している業者が多く、そのほとんどは、リアルタイムにトレード口座に反映されます。


日本のFX業者の入出金方法

日本のFX業者の入出金方法
日本のFX業者の場合、主な入金方法は銀行送金に限られます。

海外のFX業者の入出金方法

海外のFX業者の入出金方法
海外のFX業者の場合、様々な入出金方法に対応しています。

このように、海外のFX業者の場合、様々な入出金方法に対応しており、日本国内発行のクレジットカードでも、ショッピングの限度額内であれば、トレード口座の資金としてご利用頂くことが可能です。

昨今、日本のFX業者が行ってる「クイック入金」と同じく、日本国内の銀行に送金すれば、30分ほどでトレード口座に資金が反映される、「国内銀行送金」に対応した海外FX業者も多く、日本のユーザーにとっては、ますます利便性が高くなってきています。


主な入出金方法

海外FX業者の主な入出金方法には、次のようなものがあります。どの方法も日本円に対応しており、トレード口座と同じ通貨単位(円、ドル、ユーロなど)であれば、その資金を送金する場合、為替による差損も発生しません。

starは、利用者の多い入出金方法です)。

クレジット/デビットカード

starstarstarstarstar
クレジット/デビットカード
VISA・Master・JCBなど、クレジット/デビットカードのご利用が可能です。日本で発行されたクレジットカードの場合ショッピングの利用限度額を上限として、デビットカードの場合ご利用限度額まで、トレード口座に資金を入金することができます。
クレジット/デビットカードをご利用の場合、AML(アンチマネーロンダリング)を防ぐ目的から、トレード口座の保有者以外の名義のカードはご利用頂けません。また、FX業者によっては、カードの真偽性を確認するため、カードのスキャン(写し)が必要となる場合もございます。

銀行送金(国内銀行)

starstarstarstarstar
銀行送金(国内銀行)
銀行の銀行窓口やATM、オンラインバンキングを利用して、海外FX業者の指定する、日本の銀行の口座に振込をします。指定口座に着金し次第、トレード口座に資金が反映され、振込手数料以外に手数料がかからないことから、最も人気の高い入金方法です。
国内送金(振込)を利用して入金した場合、トレード口座に反映するまで、早い業者では約30分、遅い業者でも、翌営業日にはトレード口座に反映します。

バーチャルマネー

starstarstarstar
バーチャルマネー
「PayPal」「Skrill(旧moneybookers)」「NETELLER」のアカウントをお持ちの方は、各バーチャルマネーのアカウントの残高を上限として、FX業者のトレード口座に入金(出金)することができます。業者によっては、手数料がかかる場合があります。
バーチャルマネーを利用して入金した場合、早い業者ではリアルタイムにトレード口座に反映、遅い業者でも、約1時間程でトレード口座に反映します。

各FX業者のオリジナルプリペイドカード

starstarstar
各FX業者のオリジナルプリペイドカード
いくつかの海外FX業者は、自社独自のプリペイドカードを発行しています。これを利用すれば、トレード口座への入金はもちろん、出金にあたっても非常にスムーズに、迅速に出金可能です。
プリペイドカードは、「VISA」または、「Master」と提携しており、世界中のAMTで資金を引き出したり、通常のデビットカードとして加盟店でショッピングにご利用頂けます。

海外送金(海外銀行)

starstarstar
海外送金(海外銀行)
FX業者の海外の銀行口座に、国内銀行の窓口より海外送金(仕向送金ともいいます)を行います。比較的日数がかかる(2~5営業日)ことと、送金手数料が高いことから、あまり利用されておりません。
通常、4,000円前後の送金手数料が必要な事と、銀行窓口以外から送金できないため、利用する方が少ない入出金方法。ゆうちょ銀行は対応していません。

ブローカー間資金移動(BtoB資金移動)

starstar
ブローカー間資金移動(BtoB資金移動)
海外FX業者同士で、トレード口座の資金を移動する方法です。2社どちらの業者にも、同じ名義のトレード口座を保有している必要があり、トランスファー(移動)までに1~2週間程時間がかかります。
ブローカー間資金移動(BtoB資金移動)は、双方のFX業者が、資金移動の提携をしている必要があります。各FX業者がBtoB資金移動に対応しているか確認が必要です。

銀行の小切手

star
銀行の小切手
国内、海外の銀行で発行された小切手を、海外のFX会社に郵送で送付し、換金後トレード口座に入金する方法です。入金までに2週間ほど時間がかかることと、換金手数料が必要なことから、日本のユーザーには一般的ではありません。
小切手入金に対応していない業者もございます。送付前に、各FX業者が小切手入金に対応しているか確認が必要です。

これらの入出金方法は、あくまでも一般的に提供している決済方法です。詳しくは、ご利用頂くFX業者の個別情報をご確認下さい。


海外FX業者を利用する際の、入出金のルールについて

海外のFX業者は、日本のFX業者と比べると、多様な決済方法を提供している業者がほとんどです。しかし、多様な決済手段を提供している分、入出金には一定のルールがあり、そのルールに則って入出金行う必要があります。

以下に入出金時に覚えておくと便利なルールを挙げました。

入金方法と出金方法は同一に

海外のFX業者の場合、入金方法と出金方法が同一の方法でなければならないというルールがあります。

例えば、お客さまがトレード口座に「銀行振込」で入金したとします。その場合、出金する際はお客さま名義の口座に、「銀行振込」にて出金します。「クレジットカード」で入金したときも同様で、ご利用になった「クレジットカード」に出金します。これは、世界的にマネー・ローンダリングを防止するため、入金方法と出金方法の名義の整合性を求められていることと、クレジットカードの、キャッシュアドバンス(クレジットカードのショッピング枠の現金化)を防止する目的からです。

正しい入出金の流れ

正しい入出金の流れ

入金方法と出金方法が同一の方法である必要があります。
認められない入出金の流れ

認められない入出金の流れ

入金方法と異なる出金方法を選択することはできません。

利益に関しては、出金方法が選べる

海外のFX業者の場合、入金方法と出金方法が同一の方法でなければならないというルールがありましたが、これは、あくまでも「最初に入金した金額までは、同一の出金方法を選択しなければならない」ということであって、トレードにて得た利益に関しては、お好きな出金方法が選択することができます。

利益分は出金方法が選択可能

利益に関しては

トレードで得た利益(入金額以上)分に関しては、好きな出金方法が選択可能です。

クレジット/デビットカードへの出金って?

入金方法と出金方法の同一ルールに基づくと、クレジットカードで入金した際に、クレジットカードに出金されることとなります。これを聞いて、「クレジットカードに出金?」と思われるかたも多いと思いますが、クレジット/デビットカードに出金する際は、通常の買い物で、返品を行った場合に資金が返還されてくるのと同様の手続き(リファウンド(返金)処理)をFX業者が行う事により、お客さまのカードに資金が戻されることとなります。

クレジットカードへの出金は

クレジットカードへの出金は

クレジット/デビットカードへの出金は、入金額を上限として返金処理が行われます。

リファウンド処理に関しては、FX業者の処理が1営業日ほど、それから実際にお客さまのカードに返金されるまで、約2週間ほど日数を要す傾向にあります。
これに関しては、お客さまとカード会社との契約により、「締め日」が定められていますので、締め日を跨ぐ場合、より日数が長くなります。

このように、海外のFX業者を利用するには、覚えておくと迷わない独自の入出金のルールがあります。最初は手間取ることもあるかもしれませんが、各国の通貨を取り扱う海外のFX業者では、このような世界統一のルールに基づいて世界中のトレーダーの資金を管理しています。

関連項目
Google +1

↑ページTOPへ↑

海外FX口座開設の注意事項

海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部、または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。