海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

FXで資金管理するルールやテクニックとは?海外FXがおすすめの理由

ナオミ

ナオミ

プロトレーダー

当社ライター兼現役FX系YouTuber

海外FX歴経験8年を誇る、現役YouTuber兼ライター

<プロフィール>

これまでの経験をもとに、ブロガー兼YouTuberとして活動中。ブログでは500記事以上、YouTubeでは200本以上の動画を公開中。FXでは、100万円の大損で一旦退場するも再スタート。デイトレードをメインとした堅実な投資をおこなっている。好きなテクニカル指標はフラクタルズとフィボナッチ・リトレースメントで、逆張りが得意。慶應義塾大学・経済学部卒。

FXで資金管理するルールやテクニックとは?海外FXがおすすめの理由

FXplus

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

その他

Updated最終更新:

本コラムでは、FXで資金管理をするルールやテクニックについて紹介します。大きな損失を出さないための許容損失額の設定方法や、破産ラインを超えないための基準などを解説します。適切な資金管理をするには海外FXがおすすめである理由を見ていきましょう。

FXで資金管理する5つのポイント

損失許容額は定額ではなく割合で考える

FXをする上での損失許容額は、元手資金に対する割合で考えることで損失を抑えやすくなり、どのような資産状況でも資金を管理しやすくなります。

割合で考える例として、元手資金が10万円でトレードをする場合、1トレードの損失額を1万円といった定額で決めるのではなく、10万円の10%で1万円という割合で考えるということです。


破産ラインを越えないようにする

バルサラの破産確率表を使用し、破産確率が0%になるように勝率や損益率を設定してトレードすることで、破産ラインを越えないためのコントロールがしやすくなります。

バルサラの破産確率表

例として、勝率が80%の場合一見すると勝率が高いですが、バルサラの破産確率表に当てはめて考えると、損益率が低いと破産する可能性が高いことがわかります。破産しないためには、勝率は80%に抑えた状態で、損益率を上げる必要があることがわかります。

勝率を上げるのも1つの手段ですが、絶対に勝てるトレード手法は存在しないので、現実的な方法は損益率を上げることでしょう。


メンタルに左右されない

トレード結果がメンタルに左右されないように、損切ラインを事前に決めて、新規注文を入れる際、一緒に逆指値注文を入れるようにしましょう。

そうすることにより、負けることへのストレスを軽減することができます。メンタルに支配されるトレードは、損切りを先延ばしにしてしまい、大きな含み損失を抱えるリスクにも繋がるので適切な対策が必要です。


トレードごとの期待値を考える

期待値の高い相場が出た際に、リスクを取って取引数量を上げることで、大きな利益が期待でき、資金管理の効果も高くなります。

期待値の高い相場とは、似たようなチャートパターンが繰り返し現れる相場のことを指します。似たようなチャートパターンを見抜くためには、ある程度のトレード経験が必要になりますが、テクニカル分析を用いてトレードを重ねることで、期待値の高いチャートパターンが分かるようになります。


トレード前に取引額を決める

FXでは相場状況が常時変化するため、仮に元手資金が10万円あった場合でも、トレード状況に応じて、10万円の何%をトレードにあてるのかをトレード前に考えるようにしましょう。

重要なのは取引額や損切りラインを細かく設定することです。細かく決めることで、FXの資金管理は効果が高くなり、資金管理を極めるほど大きな利益、小さな損失に抑えることができます。

5つのポイントを抑えるには2%ルールがおすすめ!

これら5つのポイントを抑えるためには、2%ルールという資金管理方法が有効です。2%ルールは初心者でも実践できる資金管理方法であり、1トレードの損失額が元手資金の2%に収まるように、損失pipsと取引数量を設定します。

例として、口座残高に10万円を入金している場合は、2,000円の含み損失で損切りをするということです。テクニカル分析でトレードをする場合は、チャート画面の縦軸が1通貨あたりの価格=pipsなので、損失pipsを決めた後に取引数量を決める流れになります。

計算式としては、以下になります。

取引数量=
(20pips×10,000通貨)÷損失pips

損失pipsを決めることで、自動的に取引数量も決まります。

2%ルールでの資金管理には海外FXが最適!?

初心者でも実践しやすい2%ルールによる資金管理には、海外FXが適しておりその理由は2つあります。

1つ目の理由は、海外FXではハイレバレッジ取引ができるため、トレード手法を問わず、2%ルールでのリスク管理が可能になるからです。特に、1トレードあたり数pipsの利益を狙うスキャルピングの場合、pipsが小さくなり取引数量が大きくなるため、海外FXのハイレバレッジが効果を発揮します。国内FXの最大レバレッジ25倍であれば、元手資金に対して、大きな取引数量を保有することができないため、わずかな利益を狙うスキャルピングの場合、海外FXのハイレバレッジが必要になるということです。

2つ目の理由は海外FX特有のボーナスです。トレード中級者になり、相場状況に応じて損失許容額の割合を2%から3%→4%と引き上げた場合、海外FXのボーナスが威力を発揮します。なぜなら、2%→3%→4%とパーセンテージを上げるにつれて取引数量も大きくしなくてはいけず、高いレバレッジが必要になるからです。そして海外FX特有のボーナスを活用することで、実質的なレバレッジも更に上げることができます。

XMTradingの100%入金ボーナスであれば、1万円の入金に対して、1万円のボーナスが加算されるため、必要証拠金は2万円になります。最大レバレッジも888倍なのでこの入金ボーナスを活用することで、実質的なレバレッジを888倍の2倍の1776倍でトレードすることが可能となります。

まとめ

海外FXであればトレード手法に関わらず、2%ルールで資金管理することができます。特にスキャルピングの場合は、取引数量を大きくする必要があるので、国内FXの最大レバレッジ25倍では足りず、海外FX特有のハイレバレッジが必要となります。

加えて、スキルの向上と共に損失許容額の割合を上げていく場合、海外FXのボーナスが実質的なレバレッジを上げることになるので、資金効率の観点では海外FX一択になるでしょう。

XMTrading(エックス エム)であれば最大888倍のレバレッジで取引ができ、魅力的なボーナスも提供しているので、是非選択肢の一つとして検討してみてください。

"FXで資金管理するルールやテクニックとは?海外FXがおすすめの理由"を動画で解説

"FXで資金管理するルールやテクニックとは?海外FXがおすすめの理由"を動画で解説

"FXで資金管理するルールやテクニックとは?海外FXがおすすめの理由"を動画で詳しく解説しています。

海外FX 資金管理に関連したよくある質問(FAQ)

ナオミ

ナオミ

プロトレーダー

当社ライター兼現役FX系YouTuber

海外FX歴経験8年を誇る、現役YouTuber兼ライター

<プロフィール>

これまでの経験をもとに、ブロガー兼YouTuberとして活動中。ブログでは500記事以上、YouTubeでは200本以上の動画を公開中。FXでは、100万円の大損で一旦退場するも再スタート。デイトレードをメインとした堅実な投資をおこなっている。好きなテクニカル指標はフラクタルズとフィボナッチ・リトレースメントで、逆張りが得意。慶應義塾大学・経済学部卒。

当社の「プロが語る海外FXコラム」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる
AWARDS

海外FX業者

人気ランキング

海外FX業者 人気ランキング >

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

海外FXの特集記事

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >

よく読まれている記事

よく読まれている記事

よく読まれている記事

最新の記事

メニューを閉じる