IFC Markets (IFC マーケット)

IFC Markets

IFC Markets
  • 最高レバレッジ最高レバレッジ
  • 日本円口座日本円口座
  • 最低ロット数最低ロット数
  • MT4対応MT4対応
  • 日本語OK日本語OK
  • EA利用可能EA利用可能

海外FXブローカーで、唯一、100枚通貨(0.001 lot)取引に対応!最低1$からの証拠金で取引が始められます。

IFC Markets(IFCM)は、ロンドンに本社をおき、New Zealand / FSPR (ニュージーランド) のライセンスを保有するブローカーです。IFC Markets Corpグループは、他にも、中東・アラブ圏にいくつかの投資会社を保有し、世界44カ国にサービス提供を行っている中堅ブローカーです。
特徴的なのは、銀行や金融機関のグループ会社の強みを活かし、預け金(証拠金)に年利2%の金利を提供しており、トレードよりも、この安定的な金利目当てで口座を保有するユーザーも多いという話もあります。

海外FX総合ランキング7位IFC Markets (IFC マーケット)(評価: 2.8/5.0 108 件)
スプレッド2.5 レバレッジ3.0
約定スピード3.0 各種ツール3.0
ボーナス2.0 日本語3.0
入出金3.0 信頼性3.0
Google +1
  • かんたん口座開設はこちらから
  • WEBサイトへ

気軽にFXを始められる環境を提供

IFC Marketsは、取り扱いブローカー中、最も口座開設が簡単な業者の1つです。通常、FXの口座開設には、公的な「写真付き身分証明」と「現住所証明書」が必要となりますが、IFC Marketsの場合、「写真付き身分証明書」1点で口座開設か可能です(健康保険証も可能)。公的な証明書が無い方は、学生証や社員証でも口座開設が可能で、身分証明書があれば、約1時間で口座開設手続きが完了します。
また、最低入金額も取り扱いブローカーの中では最も低く、NetTradeX(ビギナーアカウント)でしたら、最低$1~からお取引を始める事ができ、気軽に海外FXを始めたい方には最適なブローカーです。

アカウントの種類

アカウントの種類は、最もポピュラーなFXトレーディングプラットフォーム「MetaTrader」を採用した、「マイクロアカウント」と「スタンダードアカウント」があり、これらの違いは、1回あたりの取引ロットと、最大レバレッジの違いです。(マイクロ=0.01 lot、スタンダード=0.1 lot)。IFC Marketsの「MetaTrader」は、スプレッドが非常に低く、現在では非常に少なくなった、完全固定スプレッドを提供しています。
「NetTradeX」は、IFC Markets創業当時から採用してきた、NetTradeX Corpが提供する、Windowsインストールタイプのトレーディングプラットフォームです。すべて日本語化されており、利用方法に戸惑うことはないですが、「MetaTrader」の操作性を踏まえると、あえてこちらを選択しなくてもよいという印象を受けます。

完全固定スプレッド

IFC Marketsは、今では希少となった、完全固定スプレッドを実現している数少ないブローカーです。スプレッド幅も、USD/JPY=1.8 pips、EUR/USD=1.8 pips、EUR/JPY=2.5 pipsと、固定スプレッドとしては低い値を提供しています(MetaTrader マイクロ/スタンダード共通)。

総合評価

IFC Markets(IFCM)最大の魅力は、完全固定スプレッドを提供しているブローカーであることです。自動売買で少ない収益を積み上げていくタイプのEA等は、STP/ECN方式の大きな振れ幅の変動スプレッドで、予想と違う価格でオーダーされるリスクを考えると、固定スプレッドは正確な収益シュミレーションが可能であり、選択肢の1つではないでしょうか。
他にも、IFC Marketsは、ビギナーアカウントを開設すれば少額の証拠金から始められる点や、100枚単位のトレードができる点を考えると、海外FXブローカーの入り口としては、非常に参加しやすいブローカーです。 日本語対応に関しては、日本人数名がサポートを行っており、問い合わせでも戸惑うことは無く、2014年より国内銀行送金にも対応を予定しており、ディーリングデスク方式のブローカーとして、ますます日本人にとって利便性の高いブローカーになることは確実と思われます。

関連記事

↑ページTOPへ↑

IFC Markets (アイエフシーマーケット) 詳細情報

基本情報

会社名 IFC Markets Corp.
ライセンス New Zealand/FSPR (New Zealand Financial Service Providers Register) 登録番号:335692
所在地 2nd Floor, 145-157 St John Street EC1V 4PY, London, UK
創業2006年 資本金-
日本語サイト あり 取引ツール 日本語対応
日本語サポート あり 日本人サポート あり
電話サポート 日本語 電話番号 (+44) 20-7193-1740
メールサポート 日本語 メールアドレス jpn@ifcmarkets.com
対応時間 【日本語サポート】
夏時間:(月~金曜) 午後 1:00 ~ 午後 11:00 (日本時間)
冬時間:(月~金曜) 午後 2:00 ~ 午前 0:00 (日本時間)

口座情報

アカウント種別 NetTradeX MetaTrader4
ビギナーアカウント スタンダード
アカウント
マイクロアカウント スタンダード
アカウント
注文方式 ディーリングデスク 方式 (Market Maker)
口座通貨 USD JPY・USD
最大レバレッジ 最大 400倍 最大 200倍 (*:1) 最大 400倍 最大 200倍 (*:1)
初回最低入金額 $ 1~ $ 200~ $ 10~
(1,000円)
$ 300~
(30,000円)
最小取引単位 0.001 lot
(100通貨)
0.01 lot
(1,000通貨)
0.01 lot
(1,000通貨)
0.1 lot
(10,000通貨)
最大ロット 合計 1 lot 迄 無制限 合計 1 lot 迄 無制限
提供通貨ペア FX通貨ペア:40種類、貴金属:9種類、CFD:114種類 (*:2)
表示通貨単位 2桁 / 4桁表示
取引手数料 なし
口座維持手数料 なし
デモ口座 あり
複数口座の開設 可能
スプレッド方式 固定
スプレッド参考値 スプレッド情報
(*:1) 証拠金残高 USD 50,000以下=200倍、50,001~100,000=100倍, 100,001以上=50倍
(*:2) 株価指数CFD:8種類、証券CFD:69種類、商品CFD:37種類

取引情報

取引システム NetTradeX、MetaTrader 4、MultiTerminal、各種モバイルトレーダー
プラットフォーム Windows PC、iOS (iPhone、iPad用)、Android、Windows Mobile
取引可能時間 夏時間:(月曜) 午前 7:00 ~ (土曜) 午前 7:00 (日本時間)
冬時間:(月曜) 午前 8:00 ~ (土曜) 午前 8:00 (日本時間)
GMT時差 夏時間:±0 時間、冬時間:+ 1 時間
ロールオーバー 夏時間:午前 7:00、冬時間:午前 8:00 (日本時間)
マージンコール 口座証拠金維持率が10%を下回った場合
ロスカットルール マージンコール後、最も損失を出しているポジションから順にクローズ
両建て取引 可能 EAの使用制限 なし
追証の請求 なし 預託金保管方法 信託銀行による分別保管
主な信託先 Saxo Bank、UBS Bankなどの金融機関
資金補填方法 1顧客に対し、最大EUR 100万をAIG EUROPE LIMITED(損保)より補填

入出金情報

主な入出金方法
クレジットカード 海外銀行送金 国内銀行送金 WebMoney  
クレジットカード 海外銀行送金 国内銀行送金 WebMoney  

↑ページTOPへ↑

IFC Markets (アイエフシーマーケット) 取引画面

  • IFC Markets NetTradeX 画面

    <IFC Markets NetTradeX 画面 ①>

  • IFC Markets NetTradeX 画面

    <IFC Markets NetTradeX 画面 ②>

  • IFC Markets MetaTrader4 画面

    <IFC Markets MetaTrader4 画面>

  • IFC Markets マーケット分析ツール (Autochartist) 画面

    <IFC Markets マーケット分析ツール>

↑ページTOPへ↑

Google +1

↑ページTOPへ↑

海外FX口座開設の注意事項

海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部、または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。