海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

海外FXでは両建て禁止?ルールを熟知しないと罰則も

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.10.18

海外FXに関する基本知識

海外FXでは両建て禁止?ルールを熟知しないと罰則も

海外FX取引の手法の一つに「両建て」と呼ばれるものがあります。両建ては、通貨の買いポジションと売りポジションを同時に保有する取引手法で、通貨が値上がりしても値下がりしてもそれぞれ同じだけの損益が発生するといったものです。利益から損失を差し引けばプラスマイナスがゼロになるので、一見すると両建てをする意味はないように思えます。しかし、中長期的な売買と短期の売買を組み合わせたり、乱高下する為替価格の最適なタイミングで決済をしたりすることで、少ないリスクで利益を得られる可能性がある取引手法となっています。
国内FXでは禁止している業者が多い両建てですが、海外FXでは一部の条件を付けて両建て取引を認めている業者もあります。両建ての仕組みや海外FX業者が定める規約を熟知していなければ、不正な取引と見なされてペナルティが課されることもあるので注意が必要です。今回はその両建て取引について詳しく見ていきましょう。

両建てとは

両建て取引の仕組み

両建てとは「買い」と「売り」の両方のポジションにエントリーして取引をすることです。両建てがもっとも一般的に使われるのは「中長期トレンドに乗りながら、短期トレンドでも利益を狙う」状況です。相場には上昇傾向を示す「上昇トレンド」と、その反対の下降傾向を示す「下降トレンド」があり、そのトレンドを繰り返しています。中長期的なトレンド傾向を捉えて、同時に同一通貨ペアのロングショートのポジションを持つことで、中長期的な利益と短期的な利益を狙います。

海外FXでは両建て禁止?ルールを熟知しないと罰則も

国内FXでは禁止されていることが多い

国内FXでは禁止している業者や「禁止ではないが推奨をしない」としている業者が多いです。一方の海外FXでは両建てを認めている業者が多いですが、認めていたとしても「一部の条件下」という制約があります。海外FX業者が両建てを認めている理由として、海外FX業者はトレーダーの取引量が増えればその分、海外FX業者の利益も増えるシステムを採用していることが背景にあると見られます。また、海外FX業者にはゼロカットシステムがありますので、片方のポジションで損失を受けたとしても証拠金以上を支払う必要がありません。損失が拡大するデメリットが海外FX業者ではほとんどないため、一部の取引方法を除いた両建て取引は問題にはなりません。

両建て取引のメリット・デメリット

低リスクで利益を上げられる

重要経済指標が発表されてレートが乱高下しやすい状況で、注文方法を工夫することで大きな利益に繋がることもあります。また、決済して損益を確定させることなく含み損を保持して取引を続けることで、トレンドが転換した時にはその含み損を利益に変えて決済できる可能性もあります。

ポジションを保持しつつ相場を見ることができる

決済して損益を確定させることなく含み損を保持したまま取引を続けられることも両建てのメリットの一つです。トレンドが当初の見込みとは違った動きを示した場合でも、すぐに決済することなく含み損を抱えたまま相場推移を見守り、トレンドが回復してから決済することで、その含み損を利益に変えられる可能性が出てきます。損失が確定しないため精神的に安心できることも大きなメリットです。

二重のロスカットを受けることも

ここからは両建てによるデメリットになります。米国非農業部門雇用者数(NPF)のような重大指標が発表される時など、チャートが短時間で乱高下する場合があります。海外FX業者のハイレバレッジを利用して両建てをしている場合に、売りポジションと買いポジションのどちらもロスカットされてしまうことがあるので、注意が必要です。

海外FX業者から規約違反と判断される恐れ

多くの海外FX業者は両建てを認めつつも、一部制約を課しています。ボーナスを使った両建てや複数口座間での両建てなど禁止している取引方法があります。次節で詳しく見ていきましょう。

海外FX業者が禁止する両建て取引

冒頭で述べたように、海外FX業者も両建ては一部の条件下で認めています。逆を言えば、禁止している取引方法もあります。規約に違反した両建てを続けるとペナルティが課せられることもありますので、気をつけましょう。

海外FXでは両建て禁止?ルールを熟知しないと罰則も

複数口座を利用したアービトラージ

アービトラージとは、裁定取引と呼ばれる取引手法の一つです。通貨の金額に一時的に歪みが出た時に、割高な通貨を売って割安な通貨を買い、価格差が縮小した時を狙って、それぞれ反対の売買をして利益を獲得するというものです。価格差自体も微々たるもので、実際に利益を上げようとすれば、大口の取引でないと難しいですが、海外FX業者でもこの取引を禁止している業者が多いです。

ボーナスを使った両建て

海外FX業者の魅力の一つである豊富なボーナスですが、そのボーナスを使って両建て取引をすることを認めている海外FX業者はほぼありません。入金ボーナスや口座開設ボーナスなどを使って両建てをすれば、海外FX業者特有のゼロカットもあるので、低リスクで大きく稼ぐこともできると考えるかと思いますが、それは禁止されています。海外FX業者はそのような取引を監視しているので、確実に感知されます。

同一の海外FX業者の複数口座で両建て

ボーナスを利用した両建てに近いものがありますが、同じ海外FX業者で複数口座を持ち、その口座で両建てを行うことを多くの海外FX業者は禁止しています。売りと買いのポジションを別々に保有して取引をした結果、買いが大きく利益を上げた一方で、売りでは利益と同じ金額だけマイナスになったとします。この状態では、利益と損失が相殺されて損益はゼロですが、ゼロカットを利用することでマイナス残高分は補填されます。この仕組みを使えば、利益と損失を相殺したとしても利益が損失を上回るので利益が手元に残ることになりますが、海外FX業者では同一業者内の複数口座で両建てをすることを禁じています。

規約違反した時のペナルティ

海外FX業者が規約で禁じているアービトラージやボーナスを使った両建てなどを行っていると、ペナルティが課せられてしまいます。口座からの出金拒否やそれまでの損益の取り消しといったことから、最悪のケースではアカウントの停止という措置を取られてしまうこともありますので、規約に違反するような両建て取引は避けましょう。

海外FXでは両建て禁止?ルールを熟知しないと罰則も

まとめ

両建ては少ないリスクで安定的に稼ぐことができる取引方法として人気がありますが、決済のタイミングを誤ったり海外FX業者の取引規約に違反したりすれば、損失が膨らみ取引を停止されてしまうといったリスクが高まります。海外FXの初心者がすぐに両建てを行うのは難しい側面があるので、海外FXに慣れてから両建て取引を始めるようにした方が思いがけない損失を受けずに済むでしょう。自分が利用する海外FX業者が定めた規約をよく確認し、規約に違反しない範囲で両建てを行うことが大切です。仕組みや取引ルールを熟知して、両建てで少しでもリスクを減らしながら安定的な利益を得られるようにしたいですね。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ