海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

海外FX業者でビットコインFXができる!やり方とメリット・デメリットは?

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2018.08.29

海外FX初心者のお役立ち情報

海外FX業者でビットコインFXができる!やり方とメリット・デメリットは?

ビットコイン投資と海外FX投資に興味がある人は、ビットコイン取引を行う業者と海外FX取引用の業者とを分けて口座開設することを考えている人も多いでしょう。しかし、海外FX業者で口座開設することで同じ業者で両方取引できるようになります。なぜなら、海外FX業者でもビットコインFXを取り扱う業者が登場してきたからです。今回は、ビットコインFXの基礎知識についてご紹介したうえで、海外FX業者が取り扱うビットコインFXのメリット・デメリットや取引条件などについてお伝えします。

ビットコインFXの基礎知識

ビットコインFXとは?

ビットコインFXとは、ビットコインと日本円やドルなどの間で証拠金取引を行うものです。為替FXと同様に売り買いがワンセットで取引が完結するため、ビットコインの現物を手に入れることはできません。取引所に証拠金を預けたうえでレバレッジをかけて、その何倍もの取引ができる魅力があります。

為替FXとの大きな違いは、ビットコインの方が価格変動幅が大きいことです。そのため、大きな利益を手にできるチャンスがあります。反面、予想を外すと多額の損失が発生するリスクがあることは認識しておく必要があるでしょう。

日本の仮想通貨交換業者の中にはビットコインFX取引ができる取引所を運営している業者が数多く存在します。また、海外FX業者もビットコインFXを取り扱うところが出てきている状況です。

ビットコインFX投資を行うメリット

仮想通貨交換業者が行う取引所などですでにビットコインの現物を手に入れている人は、過度に売買を繰り返すと手数料負担がかさみ収益が思うようにあがらないことがあります。ビットコインFXであれば手数料負担はゼロという場合もありますので、売買コストを抑えられることがメリットです。

また、価格下落を恐れて現物を売却したら予想に反して価格が上昇してしまい買い戻すことができないといったことも発生する可能性があります。将来的に価格が上昇すると考える場合は、ビットコインの現物は購入後売却せずに保有しておきましょう。

一時的な価格下落にはビットコインFXを活用して売りから入って利益を稼いで現物で発生する損失をカバーすることができます。

海外FX業者でビットコインFXができる!

さらに、ビットコインFXはレバレッジをかけて取引できますので、少額の資金でも大きな利益を狙える可能性がある点もメリットです。

海外FX業者でビットコインFXを行うメリット・デメリット

海外FX業者のビットコインFXを利用するメリットとは?

海外FX業者もビットコインFXを取り扱っているところがあります。日本の仮想通貨交換業者ではなく海外FX業者のビットコインFXを利用する主なメリットは3つあります。

1つ目は追証なしでゼロカットが適用されることです。海外FX業者が取り扱うビットコインFXには追証がありません。追証とは、含み損が膨らんで証拠金が不足した場合に追加で投入する証拠金のことです。海外FXと同様にビットコインFXも追証は必要ありません。また、ゼロカットシステムが適用されますので証拠金以上の損失を被ることがない点も魅力です。

2つ目はNDD方式であるため不利な約定がないことです。NDD方式とは、顧客からの注文をすべて市場につなぐ方式で、業者が相手となって取引を成立させることがない点が特徴です。そのため、市場価格に反して不利な約定がありません。

3つ目はMT5などの世界標準取引プラットフォームが利用できることです。最新機能が搭載され操作性も高いプラットフォームが利用できる点は大きなメリットでしょう。海外FX投資をすでに行っている人にとっては同じプラットフォームで取引できる点も魅力です。

メリットだけでなくデメリットもある

海外FX業者のビットコインFXを利用する場合は、メリットだけでなくデメリットについても把握しておきましょう。

海外FX業者でビットコインFXができる!

まず、日本の法制度に基づく保護が受けられないことがあげられます。ビットコインFXを扱っている日本の仮想通貨交換業者は金融庁への登録が義務付けられているのです。行政指導や調整調査などを行う権限があり、一定の投資家保護が行われています。一方、海外FX業者でビットコインFXを行う場合は金融庁の管轄外です。何かトラブルがあっても自己責任で対応することになります。

また、日本語サポートがあっても十分でない海外FX業者もありますので注意が必要です。

さらに、レバレッジ上限倍率が低い場合があることもデメリットといえます。海外FX業者のレバレッジ倍率は5~10倍程度が上限であることが多いです。通貨FXのように数百倍のレバレッジがかけられないことは知っておいた方がよいでしょう。

ビットコインFXを実践!海外FX業者の選び方と取引方法

海外FX業者のビットコインFX導入先駆者は「XM」!

海外FX業者の中でビットコインFXを他業者に先駆けて導入したのが「XM」。先駆者としてビットコインFX運営ノウハウを蓄積していますので、海外FX業者が取り扱うビットコインFXを試してみたい人におすすめです。また、XM以外にもビットコインFXを取り扱う海外FX業者が増加しています。

海外FX業者を選択する際に注意すべきポイントは2つです。1つは、金融ライセンスの有無。海外FX業者は日本の法規制の対象外ですので、金融庁の登録は受けていません。ただし、日本以外の国のライセンスを取得している場合があります。金融ライセンスを1つも保有していない海外FX業者は避けた方がよいでしょう。

もう1つは日本語サポートのレベルです。日本の投資家は海外FX業者にとっても有望な顧客ですので各業者とも日本語サービスを提供しています。しかし、そのレベルはまちまちですので、日本語の電話サポートの体制が整っているなど、充実度を確認して業者を選びましょう。

XMが定めるビットコインFXの取引条件

XMを利用してビットコインFXを行う場合、取引条件をしっかり理解しておくことが大切です。

海外FXの業者の場合は、日本円ではなくドルとビットコインで売買を行うのが一般的でしょう。証拠金倍率は最大5倍のレバレッジがかけられます。為替FXと比較すると小さめに感じるかもしれませんが、その分価格変動幅が大きいですので利益を狙うには十分でしょう。

海外FX業者でビットコインFXができる!

値動きの最小値や最低価格変動は0.001ドルです。1ロットは1BTCで、口座ごとの合計取引ロット数は20ロットとされています。

XMでビットコインFX取引を行う方法

取引ツールは通貨FXの世界標準ともいわれているMT5です。

口座開設が完了したら、まず、MT5をダウンロードしてインストールします。その後口座開設時に設定したIDやパスワードでMT5へログインです。取引画面が表示されたらメニューの「気配値表示」にある「クリックして追加」にBTCと入力し、表示されるシンボルから「BTC/USD」を選択します。

そのうえで、チャートや注文画面などを画面上に追加して取引画面を使いやすいようにカスタマイズをすることが必要です。注文時に使用するのは新規取引画面で、決済についても反対売買処理を注文画面で行います。

まとめ

ビットコインFXは為替FXと同様にレバレッジ取引が可能ですので、効率的に利益が得られる可能性があります。また、ビットコインの現物を取得しませんのでコインを保管するウォレットを用意する必要もありません。

ビットコインFXを行う場合は、海外FX業者で口座開設するという選択肢があります。海外FX業者でビットコインFXを行うことのメリットは、ビットコインだけでなく為替FXも同じ業者、同じMT5プラットフォームでできるなどです。

ビットコインFXに興味がある人は、海外FX業者で口座開設して為替FXも同時にやってみることをおすすめします。ビットコインFXを取り扱っている海外FX業者に関することは、FX PLUSなどの海外FX関連情報サイトを利用して情報収集するとよいでしょう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる