海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初心者でもできる!海外FXのハイレバスキャルピング手法をマスターしよう

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2018.08.30

海外FX初心者のお役立ち情報

初心者でもできる!海外FXのハイレバスキャルピング手法をマスターしよう

海外FX取引にはさまざまな取引手法があります。その中でも海外FXに適した取引手法としてはハイレバスキャルピング取引がおすすめです。ハイレバスキャルピング取引は、ある程度リスクを抑えながら利益が狙えますので、初心者でもできる取引手法といえます。また、海外FXは国内FXと比較するとハイレバレッジ取引がやりやすいため、少額の利益を積み上げるスキャルピング取引と組み合わせることで利益を増やしやすくなります。そこで、ハイレバスキャルピング取引の特徴やメリット、適した海外FX業者の選び方などについてお伝えします。

ハイレバスキャルピング取引の特徴

初心者でも利益が狙える!ハイレバスキャルピングとは?

海外FXで効率的に利益を得る方法として、ハイレバスキャルピング取引がおすすめです。ハイレバスキャルピング取引は、ハイレバレッジ取引とスキャルピング取引を組み合わせたものだと理解すればよいでしょう。

ハイレバレッジ取引とは、証拠金に対する取引金額の倍率が高い取引です。国内FXのレバレッジは最大25倍に規制されていますが、海外FXでは数百倍のレバレッジをかけることもできます。

また、スキャルピング取引は数秒から数分で取引を完結させる取引で、数ある取引手法に中でも最短時間で取引を完了するタイプの取引です。海外FX初心者でも利益が狙いやすい取引ですので挑戦してみるとよいでしょう。

ハイレバスキャルピングのメリットとは?

ハイレバスキャルピング取引の主なメリットは2つあります。

海外FXのハイレバスキャルピング手法をマスターしよう

1つ目は少額の投資資金でも十分な利益が狙えることです。投資初心者は投資可能資金が少ないというケースも多いでしょう。また、十分な投資可能資金があっても、いきなり多額の投資はおすすめできませんので最初は少額から取引を始めるのが基本です。

少額の投資でもハイレバレッジ取引であれば多額の利益が得られる可能性があります。

2つ目はリスクを限定できることです。スキャルピング取引は長期間ポジションを保有しません。そのため、損が生じてもすぐに損失確定を行うことになりますので損失を最小限に抑えられます。また、海外FXは証拠金以上の損失が出ないゼロカットシステムが採用されています。ゼロカットシステムで損失を限定できる点もメリットです。

ハイレバスキャルピングで利益を得るポイント

ポイント1・値動きが活発でスプレッドが狭い通貨ペアを選ぶ

ハイレバスキャルピング取引は短時間で通貨売買を完結させます。そのため、利益を出しやすいのは短時間の値動きが激しい相場です。値動きが少なすぎると短時間で利益を出すことが難しくなるでしょう。値動きが激しいユーロ/ドルやユーロ/円、ポンド/ドルなどの通貨ペアでの取引がおすすめです。

また、スプレッドが狭い通貨ペアを選ぶこともポイントです。スキャルピング取引は短時間取引を何度も繰り返して利益を積み上げる特徴があります。そのため、取引コストにあたるスプレッドは狭い方が有利です。

ポイント2・レンジ相場で取引する

ハイレバスキャルピング取引をする場合は、レンジ相場でエントリーすることも大切なポイントです。

レンジ相場とは、一定の為替レートの範囲内で上下動を繰り返す相場のことです。ボックス相場と呼ばれることもあります。上下動の動きを見定めると相場が反転するタイミングが読みやすくなり、エントリーポイントを簡単に見つけることができます。

また、レンジを外れることは少ないですので、上下動に合わせて何度でもエントリーを繰り返すことが可能です。エントリーポイントが多くなることもスキャルピング取引においては有利に働きます。

ポイント3・利益と損失確定はレンジの半値に設定する

ハイレバスキャルピング取引で効率的に利益を狙う3つ目のポイントは、利益確定と損失確定の為替レートをレンジの半値で設定することです。

海外FXのハイレバスキャルピング手法をマスターしよう

例えば、ドル円のレンジ相場が1ドル110円から109円の範囲で上下動を繰り返している場合、レンジの幅は1円ということになります。その場合、利益・損失確定は109.75円と109.25円、レンジの半分の幅である0.5円で確定していくことがポイントです。

深追いすると反転して望み通りの利益が得られない可能性がありますので、欲張らずにレンジの半分で確定することをおすすめします。

ハイレバスキャルピングに向いている海外FX業者とは?

スキャルピング取引を禁止していない海外FX業者

ハイレバスキャルピング取引を行う場合は、海外FX業者選びも大切です。業者選びのポイントは4つあります。

1つ目のポイントは、スキャルピング取引が可能な業者を選ぶことです。海外FX業者の中にはサーバーの負荷が重くなるなどの理由で明確にスキャルピング取引を禁止している海外FX業者もあります。例えば、取引開始から120秒以内の決済禁止などの条項を設けている業者などです。

禁止しているにもかかわらずスキャルピング取引を行うと、取引停止や口座凍結、最悪の場合は強制的に解約されるなどのペナルティが課される可能性がありますので注意しましょう。

スプレッドが狭い海外FX業者

ハイレバスキャルピング取引に適している海外FX業者選びの2つ目のポイントは、スプレッドが狭い業者を選ぶことです。

スキャルピング取引では、1回あたりに稼ぐ利益率はそれほど大きくないのが一般的です。そのため、スプレッドの幅が広いと利益が出なくなってしまいます。スプレッド幅の狭さはスキャルピング取引においては重要な要素です。

同じ通貨ペアでも、スプレッドは海外FX業者によって異なります。取引したい通貨ペアのスプレッドを比較して幅が狭い業者を選ぶようにしましょう。

約定スピードが速い海外FX業者

3つ目のポイントは約定力の高さです。

スキャルピング取引は、数秒単位で為替レートを見極めて取引することになります。注文処理を入れてから約定するまでにタイムラグがあると想定通りの為替レートで取引できなくなってしまいます。注文した瞬間の為替レートと約定レートがずれることをスリッページといいます。このスリッページがほとんどないことが約定力の高さです。

海外FXのハイレバスキャルピング手法をマスターしよう

スキャルピング取引では、ほんの少しの為替レート変動から利益を得ることを狙っているため、約定が遅いことは致命的なデメリットとなってしまうでしょう。

約定力も海外FX業者によって違いがありますので、海外FX業者比較サイトのFXPLUSでしっかり情報収集したうえで、業者を選択することをおすすめします。

ロスカット水準が低い海外FX業者

4つ目のポイントはロスカット水準の低さです。例えば、「証拠金維持率100%でロスカット」などロスカット水準が高いと思わぬ問題があります。ハイレバレッジ取引の場合、エントリーした直後にロスカット水準に引っ掛かってしまうこともあり、思ったような取引ができなくなる可能性があります。

証拠金維持率30%以下程度までロスカットされない海外FX業者を選ぶことをおすすめします。

まとめ

海外FX初心者の中には、取引で大きな損失を出してしまう不安を抱えている人もいるでしょう。そういった人はハイレバスキャルピング取引がおすすめです。ハイレバスキャルピング取引であれば、短時間でポジションを解消することになりますので損失の拡大を最小限に抑えることができます。

また、海外FXの特徴であるゼロカットシステムの存在も損失拡大を防いでくれる強い味方となってくれるはずです。

ただし、海外FX業者選びは重要です。スプレッドが狭く約定力が高いなどの条件を満たす海外FX業者を選ぶことが大切です。業者選びにあたっては海外FX情報サイトであるFXPLUSの活用をおすすめします。海外FX初心者こそハイレバスキャルピング取引に挑戦してみましょう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる