海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

国内FXとは違う?海外FXの税金対策

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2017.02.16

海外FX初心者のお役立ち情報

国内FXとは違う?海外FXの税金対策

海外FXにはレバレッジの規制がないなど、国内FXにはない魅力があります。インターネットの普及によって、海外FXでも安全なブローカーがたくさんあることが最近わかってきています。
しかし、海外FXをやる時には、国内FXを利用した場合とは税金のかかり方が異なるということは知っておかなくてはなりません。海外FXで利益を得た場合には、総合課税の税率が課せられます。これによって特をするケースもありますが、逆に予想以上の税金がかかって思わぬ負担となってしまうこともあります。では、海外FXの税金についてや口座開設についてみていきましょう。

海外FX口座の入金ボーナスとは?

口座開設ボーナス、リカバリーボーナス、初回入金ボーナス

海外FXと国内FXが大きく異なる点の一つとして、口座に入金する際の優遇措置があります。例えば、海外FXでは口座開設ボーナスが充実しています。国内のFXに比較すると、口座を開設するだけで得られる特典の額が大きいです。

またリカバリーボーナスとして、ロスカット前のマージン・コール時の入金に対して、一定の割合での特典額が加算されるものもあります。その他には、初回入金ボーナスも、お得な特典の一つとしてあります。口座に入金を行った額に対して、初回入金のみではあるものの特典が与えられるというものです。

海外FXブローカーの中では、XMが提供する各種の特典が充実していると評判です。特に初回入金の特典は魅力的であり、実際に多くの日本人投資家が、XMを利用してFX投資を行っています。

初回取引ボーナス、証拠金ボーナス

海外FXを始めるメリットとして魅力が大きいボーナスには、初回取引ボーナスもあります。FX投資を行うにあたって、まず初めの取引に対して、ボーナスの特典が与えられます。海外FXブローカーとしても、より多くの人にFXでの投資に参加して欲しいと考え、このようなボーナスを積極的に取り入れています。

国内FXとは違う?海外FXの税金対策

また、証拠金ボーナスも利益になるポイントの一つです。証拠金ボーナスでは、口座に預けた証拠金で利用していない額に対して、ボーナスが提供されるというものです。これは一種の預金とも捉えることができ、投資をしながらも利子のようにお金を受け取ることができます。

国内FXを既に行なっている投資家でも、このような各種のボーナス特典がある事を知れば、海外FXもチャレンジしてみる価値があると分かります。

海外FXボーナスを活用した資金倍増方法

上手に海外FXのボーナスを活用すれば、資金を大きく倍増させることが可能です。それだけ、海外FXには利益が得られるチャンスが眠っています。例えば、上手くボーナスを遣り繰りすることにより、それだけでも大きな利益になります。

方法としては、入金ボーナスが大きい複数のブローカーを選び、口座を開設します。そのうちの二つの会社に入金を行い、両建てでのポジションを取ります。さらに、各口座で額がゼロになるかあるいは倍になるレートで指値逆指値をいれ、どちらかの口座が強制ロスカットされるまで待ちます。

すると、一方の口座は額がゼロ近くになるものの、もう一方の口座は倍近くの額にまで増えています。両建てであるため、為替リスクがなしというのも利点です。きちんと出金できるかが鍵であり、うまくいけば海外FXで安定して資金を増やすことが可能です。

FX海外口座の税金事情

海外口座でも確定申告は必要?

日本で生活している投資家が、海外口座でFXを行っている場合、20万円以上の利益が出たときは日本での課税対象になり、確定申告する必要があります。しかも、国内口座とは違い、申告分離課税一律20%の対象にはならず、雑所得扱いで総合課税の税率が課せられます。

雑所得の税率は、課税対象が330万円以下であれば15%、330万円~695万円であれば20%ですが、695万円~900万円で33%、900万円~1800万円で43%、1800万円以上になると50%もの税率になってしまいます。レバレッジの規制がないために大きく儲けたつもりでも、下手すると半分も税金で持って行かれてしまう可能性があるのです。

国内FXとは違う?海外FXの税金対策

海外FXのブローカーは日本の国税局に問われても情報を渡す義務はないだろうから、確定申告しなくても問題はないのではないかと考えている人もいるようですが、海外口座で取引をする人が増えた昨今は、開示される可能性が高まっているといえます。海外口座でも日本に支店を持つところであれば、日本の支店に問い合わせが可能です。

また、日本の銀行口座に海外口座から200万円以上のまとまった金額の送金があると、日本の銀行から情報が行くようで、少額で数回に分けて送金した場合でも履歴が残るために、納税義務が生じるとの話も聞かれます。

裏ワザは無くもない!?

海外FXのブローカーには、日本の税務署に対して顧客のデータを渡さなければならないという義務はありません。法律も日本の国の中の法律ですから、海外では適用外といえば適用外でしょう。

とはいえ、日本に支店がある海外FXブローカーの場合、日本の税務署から問い合わせがあった際には、データを提出する可能性は高いと考えられます。税務署から目をつけられないようにするためです。

一方、日本に支店の無いブローカーはどうでしょうか。仮に、海外に銀行口座を作り、そこへ利益を入金しておいて、使うときはデビットカードやクレジットカードで決済したら、国内に海外の送金の履歴が残らないので、ばれない可能性は高いかもしれません。

しかし、悪事というものは思わぬところから露見してしまうものです。脱税扱いになり、重加算税を課せられる方が面倒だと考えれば、普通に税金を支払った方が、良心の呵責に苦しむことなく健全であるといえます。

忙しい方に最適!?海外FXブローカーの無料口座開設サポートとは?

利用すれば楽!?代行ブローカーを利用するメリットって?

海外FXを始めるには、まず口座開設が必要となるわけですが、ご自身で申し込むと色々とわからないことや不便なことが生じるケースもあります。

海外のFXサイトがきちんと日本語対応していれば、そこまで難しく感じにくいですが、多くの海外FXは英語となっているのが実情です。そんな時に口座開設サポートを行っている代行ブローカーに依頼する形で申し込めば、簡単に口座開設が行えます。

もちろん自力で開設できるのが最速ではありますが、わからないことがある時や、初めてで不安な場合には利用してみるといいでしょう。

国内FXとは違う?海外FXの税金対策

国内FXの口座を作る時と変わらない感覚で、専用フォームに必要事項を記入し、書類を提出すれば、あとは代行ブローカーが開設の手続きを進めてくれます。無料で利用できますし、気軽に申し込めるでしょう。申し込みにかかる時間がさほどかからないだけではなく、忙しい方でも片手間で依頼しておけば、代行ブローカーがしっかりと開設しておいてくれるので便利です。

口座開設サポートを利用する場合は、その代行ブローカーが提携している海外FXの中から選ばなければならなくなりますが、信用性に長けているという点では大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。

サポートやキャンペーンも充実!快適に始められる!

海外FXの口座開設サポートを行っている代行ブローカーは国内に多数ありますが、単に開設を代行してくれるだけではなく、他の面でのサポートも充実している所があります。どんなブローカーを選んだらいいかなど、FXに関する疑問にもしっかりと答えてくれるので、不安なことがあれば遠慮なく聞いてみるといいでしょう。

海外FXの代行ブローカーと言っても、主に日本人が運営しているブローカーとなっているので、日本語で受け答えしてくれますから安心です。丁寧なブローカーなら、開設者本人の希望をしっかりと聞いた上で、提携先の中から最適なFXブローカーを教えてもらえます。

また、代行ブローカーによってはキャンペーンも充実しているのが特徴です。口座開設時にはキャッシュバックを行っている所もあるので、自力で申し込むよりもお得になります。開設したブローカー自体もキャッシュバックキャンペーンを行っていれば、2重にキャッシュバックを受け取ることが可能です。

無料で便利に活用できるだけではなく、快適に海外FXを始められるので、対象の外国語が理解できたとしても、利用する価値は十分にあると言えるでしょう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ