海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初心者が口座開設するならどの海外FX業者がおすすめ?比較ポイントもご紹介

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2017.08.10

FX比較いろいろ

初心者が口座開設するならどの海外FX業者がおすすめ?比較ポイントもご紹介

海外FX投資を始めるためにはまず海外FX業者を選択して口座開設する必要があります。海外FX口座開設にあたっては、数多くの業者を比較して選ぶことが大切ですが、どんなポイントを比較したらよいのかわからないという初心者もいるでしょう。そこで、海外FX業者比較のポイントであるスプレッドやスワップなどについてお伝えします。また、具体的におすすめの海外FX業者についても紹介しますので、海外FX業者選びの参考にするとよいでしょう。

海外FX業者を選ぶ際に比較すべきポイントとは?

スプレッドに注目して比較

海外FX業者を選ぶ場合にまず注目したいポイントはスプレッドです、スプレッドとは、市場の為替レートに対して通貨購入時の為替レート、売却時の為替レートに織り込まれる為替手数料のようなもののことです。

このスプレッドは海外FX業者の収入となります。投資家は、通貨を購入するときに市場の為替レートよりもスプレッド分多く支払います。売却時には市場の為替レートからスプレッド分が差し引かれて売却代金が支払われます。

デイトレーダーなど頻繁に通貨取引を行う場合は、このスプレッド幅の大きさは利益率に大きな影響を与えることになりますので、スプレッドを比較したうえで口座開設する海外FX業者を選ぶ必要があるでしょう。

スワップポイントに注目して比較

FX取引はある通貨を売って別の通貨を買うことで取引を行いますが、2つの通貨の価値の違いは為替レートで表されます。

一方、通貨にはそれぞれ金利水準があり、為替レートだけでなく金利も刻々と変化します。当然、取引ペアの2つの通貨の金利差も変動します。この金利差に相当するものがスワップポイントです。

初心者が口座開設するならどの海外FX業者がおすすめ?

海外FXでは、取引通貨ペアに金利差がある場合は、金利相当収入としてスワップポイントを受け取ることができる仕組みになっています。スワップポイントは市場金利を参考にしながら各FX業者が決定します。そのため、同じ通貨ペアでもスワップポイントはFX業者によって変わってきます。

短期的な売買を繰り返すスタイルではなく中長期的に通貨ペアを保有して大きな相場の変化をとらえて利益を狙うスタイルの取引を行いたい場合は、スワップポイントによる利益も大きくなります。FX業者を選ぶ際にはスワップポイントにも注目して選ぶことをおすすめします。

モバイル対応かどうかに注目して比較

FX取引を行うにあたってはプラットフォームと呼ばれる取引ツールが欠かせません。プラットフォームにはさまざまな種類がありますが、海外FXの主流はMT4と呼ばれているプラットフォームです。

MT4にはモバイル版もあり、このモバイル版に対応しているFX業者とそうでない業者が存在しています。スマホやタブレットなどデバイスを選ばずにFX取引ができれば利益が得られるチャンスを逃さずに素早く取引ができるでしょう。

また、パソコン操作よりもスマホ操作に慣れているという人も多いはずです。そのような人はモバイル対応のプラットフォームが使えるかどうかに注目してFX業者を比較することが大切です。

それぞれの特徴は?初心者におすすめのFX業者をご紹介

海外FX業者のおすすめは?

口座開設をする海外FX業者を選ぶ場合には、それぞれの業者のホームページをしっかり確認することが大切です。

しかし、やみくもに探してもなかなか良い海外FX業者を見つけるのは難しいでしょう。仮に良い海外FX業者を見つけたとしても日本語対応をしていないなどFX初心者向きでなければ口座開設を見合わせることも考えなければいけません。そこで、初心者にもおすすめの海外FX業者について紹介します。

初心者が口座開設するならどの海外FX業者がおすすめ?

XM(エックスエム)

最初に紹介するのはXMです。人気の高いFX業者で日本人口座開設数が最も多いといわれています。各種ボーナスが充実していることと約定スピードが早いことが特徴です。2009年創業のキプロスのブローカーで、日本では2011年からサービスをしています。

英国やキプロス、オーストラリアそしてドイツなどからライセンスが付与されています。財産管理については信託保全が行われており、最大で2万ユーロまで保障があります。

Titan FX(タイタンFX)

2014年創業の新興ブローカーで日本へのサービスを始めたのは2015年と新しい海外FX業者ですが、初心者におすすめです。ライセンスはニュージーランドのものを保有しています。ニュージーランドの本社をはじめ、オーストラリア、インド、シンガポール、パキスタンなどにサポート拠点があります。

初心者におすすめのポイントは日本人対応のレベルが高いことで、24時間日本語サポートを実施しています。初心者でも安心して口座開設できる点が魅力です。

AXIORY(アキシオリー)

AXIORYも日本語サポートの品質が高く初心者におすすめの海外FX業者です。創業は2012年、日本でのサービス開始は2013年です。ライセンスはベリーズとキプロスのものを保有していて、独自の信託保全体制を取っている点も魅力です。

プラットフォームはMT4やcTraderが使用可能で、手数料がなく中程度のスプレッドの「スタンダード」口座と、手数料はかかりますが低スプレッドの「ナノスプレッド」口座が選択できます。約定拒否などの不正のうわさもありませんので安心して取引できるでしょう。

FXPro(エフエックスプロ)

FxProは2006年創業の老舗ブローカーで、日本へのサービスは2009年頃スタートしています。キプロス、英国、南アフリカなどの各国の金融規制団体から認可を受けていて、Markets in Financial Instruments (MiFID) の基準に則って営業している大手FXブローカーという特徴があります。

コンプライアンスの高さと資金管理体制がしっかりしている点が魅力のブローカーです。

2013年に一時日本市場から撤退しており、それ以降マーケット開拓では苦労しているといわれています。サポートをそれほど必要としない初心者で信用の高いFX業者を探している人はFXProを選んでみるのも選択肢の1つでしょう。

IFC Markets(アイエフシーマーケット)

IFCマーケットは2006年創業のFX業者で、ニュージーランドに本社があり、サポート拠点はオーストラリアにあります。金融ライセンスは、キプロス、ニュージーランドそして英国領ヴァージン諸島のものを保有しています。

プラットフォームは独自開発のNetTradeXを使用しており、MT4ではない点には注意が必要です。財産保全に関しては保険に加入しており、会社破綻時には損害額全額の補てんを受けられる仕組みになっています。

Traders Trust(トレーダーズトラスト)

創業は2009年、日本でのサービス開始は2012年のTraders Trustは、世界11カ国ものライセンスを保有している点に大きな特徴があります。また、会計監査などのコンプライアンス体制もしっかりしています。営業拠点はキプロスです。

日本人向けのサポート体制は充実しているとはいえないかもしれませんが、コンプライアンスの高さなどを重視したい人は選んでみてもよいでしょう。

FXDD(エフエックスディーディー)

2003年から日本で営業をスタートさせたこともあり、日本での知名度は高い海外FX業者です。金融ライセンスはバミューダ金融当局のものを保有しています。

プラットフォームはMT4が使用可能です。スイスフランショックがあった頃にゼロカットが上手く働かないというトラブルがあったことや、日本語のサービスレベルに優位性がみられないということもあり、その他の新興海外FX業者との競争に苦戦している状況にあるといわれています。

海外FX成功の鍵は海外FX業者選びにあり!

海外FXには国内FXにはない魅力が数多くあります。例えば、25倍を超えるハイレバレッジがかけられることや、ゼロカットシステムによって証拠金以上の損失が発生する確率がほぼゼロであることなどがあげられます。

初心者が口座開設するならどの海外FX業者がおすすめ?

海外FX投資で利益を得たいと思ったらまず海外FX業者選びが重要になります。スプレッドやスワップポイントを比較して利益が得やすい業者を選ぶことが基本です。また、金融ライセンスや信託保全などにも注目して、安全性やコンプライアンスについても比較することをおすすめします。

さらに、投資初心者にとっては日本語サポートが充実している点は見逃せないポイントといえるでしょう。

紹介したおすすめ業者を中心に自分なりにしっかりリサーチしたうえで選択しましょう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ