海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

FX取引で知っておきたい、円高と円安時の比較とスワップ金利について

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2018.08.29

FX比較いろいろ

FX取引で知っておきたい、円高と円安時の比較とスワップ金利について

FXで資産運用をするなら把握しておかなければならないのは、儲けるためのコツです。僅かでも有利にトレードを行うためには、円高と円安ではどちらのほうが儲かるのかも把握しておいたほうがいいでしょう。また、着実に稼いでいくためには、スワップ金利で稼ぐ方法を知ることと、損失を出さないようにすることも大切です。ここでは、円高と円安の特徴と、スワップ金利に関して、またFXで負けないお得な方法について解説していきます。

円高と円安ではどちらが儲かる!?FXの有利な稼ぎ方

円高円安ではどちらのほうがより儲かるのかはFX取引をするうえで気になるポイントですよね。円高と円安、それぞれの特徴を取り上げてご紹介していきます。

どちらにもチャンスはある!円高と円安の違いとは?

FXは為替レートの変動によってトレードを行うわけですから、ポジション次第で円高でも円安でも儲けることが可能です。ドル円で考えると、ドルのレートが低くなれば円高、高くなると円安ということですから、前者は買いポジション、後者は売りポジションを持っていることで利益を出せます。

逆に言えば、円高で売りポジション、円安で買いポジションを持っていると損失が出てしまうということです。円売買ではなく、ドル売買の視点で考えるとこの逆になりますから注意しておきましょう。

為替レートは常に変動し続けていますから、その点では一概に買いか売りかのどちらのほうが儲かるということはありません。買いポジションか、売りポジションかというだけではなく、どれくらいの証拠金、また、どれくらいのレバレッジで売買を行うのかによって儲かる額は変わってきます。

日本円と海外通貨をトレードしていくのがFXですから、円の価値と海外通貨の価値を常に考えて取引をしていくのが基本中の基本です。儲けるチャンス自体はどちらもあるということは覚えておきましょう。

総体的にはどちらのほうが有利!?レート変動の特徴は?

FXはポジション次第でどちらでも儲けることはできることは上述しましたが、これまでの大きく価格変動が起きた事件から推察すると円安よりも円高から動向を探るほうがリスクは低いと言えます。レートは基本的に少しずつ変動していくものですが、経済に影響を与えるような事件が起こるとFXにも大きな打撃があるのです。

円高と円安時の比較とスワップ金利について

アメリカで起こったリーマンショックや9.11事件の時には経済が混乱し、ドルの価値が一気に下がりました。日本では東日本大震災があり、その時には円の価値が下がりましたが、総体的に見るとアメリカのほうが金融問題は多いと言えます。

ただ、だからといって円高になることだけを予想して取引を行えばいいというわけではありません。レートは常に変動し続けているので、円高になることもあれば、円安になることも当然あるのです。

金融問題を予測することは難しいですが、長期的に資産運用をしていくのなら、経済の流れから判断して取引をするのがベストとなります。つまり、一概にどちらのほうが有利ということはないでしょう。

スワップ金利を計算して手堅く稼ぐ!スワップ金利活用のススメ

FXで着実に稼いでいくためには、スワップ金利にも気を配っておいたほうがいいでしょう。スワップ金利とは一体どういうものなのでしょうか。

スワップ金利って?どういうもの?

スワップ金利は、別名でスワップポイントとも呼ばれており、ペア通貨間の金利差から生じる利益のことを指します。

日本は低金利なので、海外の高金利な通貨を購入することで差額分を利益として得ることが可能です。トレードによって得られる利益とは違い、微々たるものではありますが、スワップ金利にも着目しておくことで、より効率的に資金を増やすことができます。何よりも大きな魅力は、この金利は毎日受け取ることができるという点にあるでしょう。

運用し続けることで、スワップ金利も発生し続けます。例えば、一日100円分ある場合、1ヵ月で3000円、3ヵ月なら9000円の収入を見込めるのです。ただ、高金利の通貨で、低金利の通貨を購入するとなると、逆に損失となってしまうので十分に注意しておきましょう。

どう売買していくかは、為替レートの動きやトレードの状況によりけりなので、常に金利を発生させ続けることは難しいですが、視野に入れておくことで、より効率的な取引を行いやすくなるのは確かです。最優先事項とする必要はありませんが、小さな利益も見逃さないようにするといいでしょう。

スワップ金利も変化し続ける?!FXブローカーによっても違う!

為替レートと同様にスワップ金利も毎日微妙な変動しているので、その点は注意しておきましょう。また、FXブローカーによって提示されているスワップ金利は異なります。政策金利が変更されるという事態が起こった時は、大きく変動してしまう数値なので、こまめにチェックを欠かさないようにするのがお勧めです。

円高と円安時の比較とスワップ金利について

また、前述したように、高金利の通貨で低金利の通貨を購入すると差額分が損失になってしまうため、通貨ペアも慎重に選んでみるといいでしょう。

最大限に活用するには、スワップ金利の変動を見ていく、かつ、臨機応変に対応していくことが重要となってきます。もちろんスプレッドの違いによる影響もあるので、どのブローカーが総合的によりお得になるのかは、偏りすぎず判断することが大切です。

複数のFXブローカーで資産運用をしていく、他の通貨ペアでの取引を検討するなどの対応をしていけば、これまで以上の利益を得られる可能性も高められます。トレードの状況を優先しながら、スワップ金利を見ていくことで、手堅く稼いでいくことも可能になるでしょう。

月に1000円稼ぐ!FXで負けないためのお得な手法

FXをする上で不安があるとすれば、やはり損失が出てしまう可能性もあることではないでしょうか。FXで勝ち組になるためのコツを知っておくことが大切です。

損をしないはありえない!?月単位で見ていこう

FX投資をするにあたって、「全く損をしない」ということはまずありえません。利益を得られることもあれば、損失が出ることもあるのです。どれだけ損をしないようにするかも重要ですが、総合的な利益、あるいは損失がいかほどなのかを見ていくようにするのが大切なポイントになります。

勝率を知るために、10回や100回といった取引数で判断する方法もありますが、月単位でどれくらい稼げているのかを見ていくほうが分かりやすいでしょう。

確定申告をする上でも必要になることなので、月毎の収支状況がどのようになっているのかを細かく見ていくと、今後はどういった投資していくべきなのかも見えてくるでしょう。取引回数の調整もできてくる上に、得た利益に余裕ができれば、無理のない大きな勝負に出てみることもできるでしょう。

円高と円安時の比較とスワップ金利について

もちろん、1回毎の取引でどのような動きがあったのか、細かなデータを記録しておけば、今後の参考材料にすることができます。同じ失敗を繰り返さないようにするためにも、積んできた経験をきちんと活かせるようにできるのがベストです。

勝率を上げるために!長期売買のほうが勝ちやすい!?

月単位で収入を得られるようにするのが大切だということは上に記しましたが、勝率を上げるのもまた重要なことです。

負けてしまうことが多いと、当然ながらその額分以上は勝たなければ、利益は見込めません。FXには大きく分けて、スキャルピングとデイトレード、スイングといった、3つのトレード方法があります。これらの特徴を理解し、上手く活用すれば、勝率を上げることが可能です。

スキャルピングは、数秒もしくは数分単位で完結させる超短期取引、デイトレードは数分から数時間程度、つまり当日内で決済させる取引になります。

一方で、スイングは数日もしくは数週間程度の期間で決済する取引です。直ちに結果が出るスキャルピングやデイトレードが着目されがちですが、時間が短くなる分、値動きの予想が難しくなるので、ギャンブル性の高い取引だと言えるでしょう。きちんと予測を立てて、じっくりと勝負に挑んでいきたいのなら長期売買ができるスイングが適しています。

短期間で負け続けてしまうという事態も避けることができますし、FXで安定的にストレスなく稼いでいきたいのであれば、長期的な取引のほうが安心です。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる