海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

FXの取引時間帯と取引方法について

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2018.08.26

FXに関する基礎知識

FXの取引時間帯と取引方法について

FX取引をする場合、どの時間帯を狙って取引するのか、どんなタイミングで相場が変動しやすいかを把握しておくことは重要です。FX投資初心者が効率的に利益を得るためには、まず世界中の為替市場の取引時間帯をよく頭に入れておく必要があるでしょう。為替取引は、世界中を見渡せば24時間市場が開いていますので、取引時間を気にせずにご自身の好きな時間に取引できるのも大きな魅力です。また、FX取引は外国通貨の売買により為替差益を狙う投資ですが、取引の方法はいろいろなバリエーションがあります。そこで、代表的な取引方法をご紹介します。

知っておきたいFX基礎知識!世界の為替市場の取引時間帯

世界の三大為替市場と取引時間

株式市場でも商品市場でも世界の取引価格の趨勢が決まる中心となる市場があります。それは為替の世界でも同じです。世界の三大為替市場といえば、ロンドン市場、ニューヨーク市場、日本市場だと言われています。中でも、ロンドン市場では取引高が大きく、中心市場といえるでしょう。

株式市場のように取引所があるわけではありませんので、為替市場は都市名で呼ばれるのが普通です。アメリカのニューヨーク市場も当然規模が大きいですが、ロンドン市場が開いている時間帯は、他のヨーロッパの都市との時差が一時間しかありませんし、午後にはニューヨーク市場の午前中と取引時間が重なるため取引量が大きくなるのです。

4月頃から10月頃までの各取引所の取引時間帯は、ロンドン市場が日本時間の午後5時から翌2時頃、ニューヨーク市場が午後10時から翌日7時頃、日本市場は9時から午後6時頃となっています。為替取引参加者は世界中どこにいても、ほぼ24時間、これらの三大市場でいつでも取引ができる環境になっているのです。

三大市場以外の為替市場と狙い目の取引時間帯

三大市場以外でも、主要都市の名称がついている為替市場が世界中にあります。ニュージーランドのウェリントン市場が1日の最初の為替取引市場になり、その後、日本や香港などのアジアを経由し、欧州の取引時間帯につながっていきます。さらに、その後は、ニューヨーク市場にバトンタッチしていくことになります。

FXの取引時間帯と取引方法について

24時間切れ目なく取引が行われる為替取引でも、最も活発な時間帯があります。それが、ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間帯です。これらの時間帯は、欧米のニュース発表等の取引材料も多く、急激に為替相場が変動することがあります。逆にいえば、それ以外の時間帯に大きく為替レートが変動する可能性は高くないということです。

海外FXは数百倍のレバレッジをかけることができるので大きな利益を狙いやすいですが、さらに、為替相場が変動しやすい時間帯に絞って取引することで効率良く利益を出すことができるでしょう。FX投資初心者は三大市場の動きを常に把握しておくと同時に、取引が活発に行われる時間帯は神経を集中して取引をすることをお勧めします。

FX取引にはこんな方法もある!

FX取引におけるレバレッジのかけかた

国内FX投資の場合は、レバレッジは拠出した証拠金の最大25倍までに規制されています。しかし、海外FX投資の場合はそういった規制はなく、数百倍のレバレッジがかけられるブローカーも珍しくありません。FX取引の魅力の一つはこのレバレッジの大きさですので、どのようにレバレッジをかけるのがいいかを知っておくことは大切です。

まずリスクを抑える方法として、ご自身の投資資金をレバレッジの倍数で割った金額でFX投資をやる方法があります。例えば、100万円持っていて25倍でやるのであれば4万円証拠金を出すのです。その上で残りの96万でリスクの少ない運用をすると、投資全体としてはリスクを抑えながらそれなりのハイリターンが狙えます。

また、初心者はあえてレバレッジ1倍で投資をする方法もあります。外貨預金や外貨建MMFと比較すると、一般的にはFXは手数料が安くスプレッドが狭いです。そのメリットを享受したいのであれば、リスクを最小限にするためにあえて1倍でFX投資をする方法もあるでしょう。

FXの注文方法にもバリエーションがある

FXの注文には成り行きと指値があります。成り行きは注文した時点での市場価格で取引成立を狙う注文で、指値は為替レートを指定して注文する方法です。また、逆指値注文もあります。逆指値注文は、現時点のレートよりも不利なレートを指定して売買注文を入れる方法です。

FXの取引時間帯と取引方法について

例えば、購入しようとしている通貨が上昇を始めた場合、反転して下がる可能性もあります。そこで、さらに上昇したら購入するという逆指値を入れておくことで上昇勢いがあれば買い、反転するなら買わないということが自動的にできるようになります。

また、新規注文とその注文を決済する注文をセットで出すこともできます。例えば、イフダン注文という便利な方法があります。購入したい通貨の、現在のレートより少々高いレートで指値購入をし、さらに上がったところで指値売却をするといった注文ができるのです。

こういった注文方法を利用すれば、ずっと取引画面を見ていなくても安心して取引できます。上手に活用してみるといいでしょう。

目指せFX上級者!相場が動く時間帯を狙って取引しよう

主な外国為替市場の取引時間

FX取引は24時間取引できるのが魅力の一つです。海外を含めれば、時差の関係でいつでも開いている市場があるからです。主な外国為替市場の取引時間をご紹介します。

まずは、アメリカのニューヨーク市場ですが、日本時間だと夏は午後10時から午前6時、冬は1時間遅れます。イギリスのロンドン市場は、夏は午後5時から午前1時で冬は1時間後ろにずれます。

また、シンガポール市場や中国の香港市場の場合は、日本時間の午前10時から午後6時となっています。日本の東京市場は、午前9時から午後5時が取引時間です。これ以外にも、ニュージーランドのウェリントン市場、オーストラリアのシドニー市場なども有名な取引市場です。

FXの取引時間帯と取引方法について

つまり、日本市場が取引可能な時間帯が終わる頃にロンドン市場が開き、その後ニューヨーク証券取引所の取引時間につながっていきます。そして、日本市場の朝に引き継がれます。

取引の対象は外貨ですので、株式市場と違い常に同じ取引対象になりますので、結果的に24時間いつでも取引が可能になります。

ワンランク上のFX取引は相場が動く時間帯を選ぶ

24時間FX取引できるからといって、ずっとパソコンの前に張り付いているのは得策ではありません。しっかり睡眠をとることも大切です。しかし、せっかく市場に動きが出てきた時間が睡眠中だったとなると後悔することになりかねません。

効率的にFX取引をするには、相場が動きやすい時間帯を知っておき、その時間帯については集中的に市場の動きを見ることが大切です。これができるようになれば、ワンランク上のFX取引上級者になれるかもしれません。

相場が動きやすい時間帯はいくつかありますが、その中でも代表的な時間帯は、日本時間の午後10時から午前1時(夏時間の場合)です。この時間帯は、主要市場であるロンドンとニューヨーク市場の取引時間が重なる時間帯です。

この2つの市場で全世界の取引額の50%を超えると言われていますので、相場の大きな流れがその時間帯に発生しやすいのです。そのため、この時間帯に集中的に取引を行うことで大きな値動きをとらえ、効果的に為替差益が得られるようになるでしょう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる