海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

FX初心者向け!本当に必要な知識、身につけている?利益を生み出す簡単な方法

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2018.08.28

FX初心者のお役立ち情報

FX初心者向け!本当に必要な知識、身につけている?利益を生み出す簡単な方法

FXを始めて稼ごうとがんばってはみたものの、損失ばかりで一向にプラスにならない。そんなことになっていませんか?もしかしたら、取引方法が間違っているのかもしれません。今回はFXに大事なリスク管理、それから取引方法の基本とお勧めをご紹介します。さらには、初心者を脱したときに実践して欲しい海外FXについてもご紹介。まだ始めて間もない初心者の方は、ぜひ参考にして実践してみてください。

ブローカーごとに違う!FX初心者はまず取引単位をしろう

FX取引を始める場合には、ブローカーを選び口座を開設するところからスタートします。そのため、まずFXブローカーを選択する必要がありますが、ブローカー選びのポイントのひとつに取引単位の違いがあります。そこで、FXにおける取引単位とブローカーごとの比較についてご紹介します。

FXの取引単位とは?

金融ブローカーが外貨の取引を行う場合は、インターバンク市場というところで取引が行われることが多くなります。インターバンク市場での取引単位は、100万通貨単位であることが普通で、少額の取引をしようと思っても参加できません。100万通貨単位は、1ドル100円とした場合、1億円の取引が最低でも求められるということです。

しかし個人がFXブローカーを通じ取引を行う場合はもっと小さい単位での取引が可能です。FX取引が個人にも解禁されたのは1998年ですが、その当時の取引単位は1万通貨単位というのが主流でした。1万通貨単位の場合、1ドル100円であれば最低でも100万円の取引から参加できます。インターバンク市場と比較すると100分の1であり、取引しやすくなったといえるでしょう。

さらに、この場合の100万円は、レバレッジをかけた後の金額になりますので、10倍のレバレッジをかけるのであれば委託証拠金は10万円ですむことになります。まずは、こういった取引単位の基礎知識をしっておくことが、FX取引を始めるにあたって大切なポイントといえます。

取引単位はブローカーによって違う

個人にFXが解禁された当初は1万通貨単位が取引単位の主流でしたが、現在は、1000通貨単位で取引できるブローカーが多くなっています。中には1通貨単位からできるブローカーも存在します。そのため、ご自身の投資額やレバレッジを考えながら、適切なブローカーを選択することが重要です。

利益を生み出す簡単な方法

千通貨単位が取引単位であれば、1ドル100円の場合、10万円の取引から参加できることになり、初心者にとってのハードルはかなり下がるでしょう。1通貨単位でも取引できるブローカーであれば、お小遣い感覚で取引に参加できます。

注意すべき点は、取引単位と手数料などの関係です。一般的には、取引単位が小さくなると手数料やスプレッドが上がる傾向がみられます。もちろん、取引単位と手数料等だけですべてを判断するのは間違いです。ブローカー選択においては、しっかりブローカーごとの条件を比較し、ご自身にあった取引ができるブローカーを選ぶことから始めると良いでしょう。

また、海外FXであれば、ハイレバレッジをかけることも可能ですので、海外FXブローカーも含めてブローカー選びをすることをお勧めします。

FX初心者にお勧めの取引方法とは?

FXは知識や勉強よりも、慣れや練習が必要なことも多くあります。では、初心者ができるだけ勝率をあげるためには、どのような取引方法がお勧めなのでしょうか。今回は初心者向けの色々な取引方法をご紹介します。

長期になるほど有利?FX初心者にオススメな取引方法

FX初心者がトレードで勝率をあげるには、まず短期売買を避ける方法があります。短期売買はまさに熟練者がそれまでの経験から身につけた反射的能力を必要とするからです。ここがFXは勉強よりも練習と言われるところでしょう。まずは短期売買を避け、中長期的にじっくりと取り組む取引方法が、知識や慣れを身につける観点からも初心者に適しています。

利益を生み出す簡単な方法

では、初心者がしっておきたい長期売買でのメリットをあげていきましょう。まずは何といっても金利です。FXではスワップポイントと呼ばれますが、1度たてたポジションを翌日に持ち越すことにより金利がもらえます。通常、預金などでは金利は毎日もらうことができませんが、FXでは日ごとに金利がもらえます。少額でも毎日お金が増えていくことを実感できるのは、非常にモチベーションアップに役立ちますよね。

次に1日中FXのことを考えずにすむという点があります。FXに限らず、投資は冷静な判断力と広い視野が必要になります。まだ投資に慣れていない初心者が、頭のなかを小さな値動きに支配されてしまうと、冷静さも判断力も失い、視野が非常にせまくなります。まずは大きな流れのなかで、ゆっくりと上がっていく通貨ペアをみつけ、長期的な取引方法を心がけましょう。

長期取引にも海外FXはお勧め?

初心者にとってFXブローカー選びは大切な要素です。国内ではFXブローカーによってベースとなるトレードのシステムが異なりますが、海外FXでは自社開発のプラットフォームを採用するブローカーは少なく、ほとんどがMT4やcTraderといった統一のプラットフォームを採用しているため、透明性が高いことが特長です。さらにFX最大の魅力であるレバレッジに対する規制がなく、数百倍から最大1000倍といったハイレバレッジを設定することが可能です。

国内FXでは金融庁の規制によって、最大25倍のレバレッジが上限となっています。初心者のうちはハイレバレッジの取引を行うべきではありませんが、先のことを考えて少ない資金で大きな利益をねらえる海外FXを検討しておくことも必要でしょう。

FXプラスに代表されるような海外FXのブローカーを集めた情報サイトを上手に活用し、検討してみてください。

海外FXで利益を出したい人向けお役立ちガイド

海外FXには国内FXにない魅力があります。その魅力をうまく活かすことによって効率的に利益を生み出せます。そこで、海外FXにトライして利益を出してみたい人がしっておくべきポイントをわかりやすくご紹介します。

海外FXのリターンを大きくするポイントはレバレッジとコスト

海外FXに限らずどんな投資でも同じですが、リターンを大きくするには取引金額を大きくしてコストを抑えるのが効果的です。しかし、取引金額を大きくするには多額の資金が必要になります。多額の資金を自由に扱える人は限られているでしょう。

利益を生み出す簡単な方法

そこで便利なのがレバレッジです。FX取引は、少額の証拠金を預けその金額の何倍もの外国通貨を売買できる点が特徴です。レバレッジとは、証拠金に対する取引金額の倍率です。この倍率を大きくすれば少額の資金でも大きな取引ができるようになりますので効率的に利益を出しやすくなるでしょう。特に、海外FXの場合は国内FXの規制の対象外ですので、1000倍に近いレバレッジをかけられるブローカーもあります。

リターンを大きくするもうひとつの要素としてはコストの最小化もあります。海外FX取引におけるコストは取引手数料とスプレッドです。取引手数料は無料のブローカーが多いのでそれほど迷いませんが、スプレッドは慎重にみておく必要があります。

スプレッドとは、取引時の為替レートに上乗せされている為替手数料のようなものです。ブローカーによって差がありますし通貨ペアによっても違いますので、ご自身のやりたい取引に当てはめてコスト比較をするといいでしょう。

海外FXで利益を出したい場合はリスクについても考える必要がある

海外FXで利益を出したい人がまず注目すべきはリターンですが、リスクが大きくなりすぎないように注意することが大切です。

投資の基本は、リターンを大きくするとリスクも大きくなることです。そのため、レバレッジの倍率をあげることでリターンを大きくできる可能性を広げると、大損するリスクも同じように拡大することになってしまいます。それでは海外FXで効率的に利益を出すことはできません。

リスクを抑えるためには、海外FXならではのゼロカットシステムを活用するのがポイントです。ゼロカットとは、証拠金を上回る損失が出る場合は強制的に証拠金全額を失うところで取引が打ち切られる仕組みです。これを使えば、投資額を上回る損失を被ることがなくなりますので、リスクを抑えながら安心してリターンを追及できるようになります。

海外FXには多くの魅力がありますので、ぜひトライしてみることをお勧めします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる