海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ビットコインと円天はどう違う?仮想通貨と電子マネーの特徴

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2018.06.04

ビットコインお役立ち情報

ビットコインと円天はどう違う?仮想通貨と電子マネーの特徴

ビットコインや円天という言葉をニュースで聞いたことはあっても、それぞれの違いをはっきりと答えられないといったことはないでしょうか。違いがよくわからないと、思わず疑心暗鬼になってしまうかもしれません。それぞれが、発行元や発行目的の部分で違いがあります。また、過去に起こった詐欺事件についても見ていきましょう。両者の違いをしっかりと押さえたうえで、どのように向き合うべきかを詳しく解説していきます。

「ビットコイン」と「円天」が持つそれぞれの特徴

ビットコインは発行元のない「仮想通貨」

ビットコインは中央銀行や政府の管理下に置かれない「仮想通貨」と呼ばれるものの一種です。仮想通貨は数多くの種類があるものの、2018年4月現在で最も時価総額の多い仮想通貨となっています。各国が発行する日本円や米ドルなどの法定通貨と違い、発行元を持たないデジタルの通貨として注目されているのです。

インターネットが通じる環境であれば、国境や住んでいる地域に関係なく、誰でも使用することができます。「発行元がない通貨の価値を誰が決めるの?」といった疑問が湧くものの、「ブロックチェーン」と呼ばれる新技術によって使用する人同士が価値を担保する仕組みとなっているのが最大の特徴です。

従来の金融システムであれば、国際送金をするときには高い送金コストと手続きのための時間が必要でした。しかし、ビットコインを使えばこれまでよりも低コストで短時間に送金をすることが可能になっているのです。

仮想通貨と電子マネーの特徴

ビットコインでのやりとりをするためには、取引所などを通じてウォレットを開く必要があります。ウォレットとはお財布のことを意味しており、自分のお財布のなかにビットコインなどの仮想通貨を入れて、使いたいときに使うといったイメージです。

ビットコインは従来の金融の枠組みにとらわれない使い方ができる通貨として、期待が寄せられているのです。

円天は発行元のある「電子マネー」

円天はかつて日本にあったL&Gという会社が発行した電子マネーのことです。電子マネーであるということは、法定通貨である日本円を円天に交換しているだけということを指します。

発行元があるという点ではビットコインよりも安全と感じてしまいがちですが、円天はL&G社が提供するサービス内でしか使えないものでした。法定通貨である日本円を「円天」という電子マネーに交換し、L&G社が運営するショッピングサイトなどで利用できていたものです。

L&G社は「預けた日本円と同額の円天を受け取れる」「出資をすれば、毎月配当が得られる」といった謳い文句で多額の資金を集めていました。しかし、最終的に出資金の返還が滞り、配当も支払われなくなったのです。L&G社の倒産によって、円天は何の価値も持たない通貨となってしまいました。

「ビットコイン」と「円天」を比較したときの違い

発行する母体の有無

「ビットコイン」はブロックチェーン技術によって、その価値が裏付けられているものであり、国家や特定の団体によって発行されているものではありません。したがって、ビットコインの価値そのものは市場取引によって価格が毎日変動しています。

ビットコインは最大で2100万BTCという発行量が決められており、ビットコインを求める人の需要があるかぎり、大きく価格が下落しない仕組みになっているのです。埋蔵量が決まっているゴールドに近い特徴を備えており、世界中で利用できるという点でも多くの国で価値が認められています。

仮想通貨と電子マネーの特徴

その一方で、「円天」は特定の企業が発行したものであり、発行量にも制限がありませんでした。そのため、経営陣の一存で無限に円天を増やすことができるため、何らかの要因で価値が下落した場合に事態を収束させる手段がなかったのです。

発行する目的の明確な違い

ビットコインは世界中の多くの人に決済通貨や送金手段として使ってもらうことを目的としています。そのため、使う人が増えれば増えるほど、その価値は高まっていくのです。事前にビットコインの発行量が決まっているため、欲しいと思う人が多くなるほど資産価値が高まるということになります。

円天は発行元であるL&G社が会員となる顧客から出資を募るために生み出されたものです。L&G社の業務拡大のために作られたものであるため、ビットコインとは発行の目的が異なると言えます。

使用できる範囲の違い

ビットコインはさまざまな場面で使える機会が増えています。国境を越えて送金をするだけではなく、飲食店や家電量販店でサービスや商品を購入する決済手段として利用されているのです。利用者が拡大するにつれて、さらにビットコインで決済できる店舗が増えていくことが期待されています。

円天はL&G社が提供するショッピングサイトで利用することができました。米や調味料などの生活必需品などと交換し、出資者は毎月得られる配当分だけ得な買い物ができる仕組みだったのです。

それぞれで起きた詐欺事件の概要

円天はL&G社が起こした詐欺事件

円天はL&G社が2001年から発行を開始した電子マネーのことです。高額な配当を謳い、出資者から多額の資金を集め、その代わりに出資額に応じて円天を渡していました。出資者は受け取った円天を使って、「円天市場」と呼ばれるショッピングサイトで商品などと交換できたのです。

ただ、2007年1月頃からL&G社の資金繰りが悪化し、円天での配当の支払いも停止したため社会問題となりました。最終的にL&G社は倒産し、被害総額約1000億円、被害者数は5万人を超える巨額詐欺事件となったのです。

マウントゴックス社によるビットコインの詐欺事件

マウントゴックス事件とは、ビットコイン取引所であるマウントゴックス社が2014年に起こした巨額の詐欺事件です。

仮想通貨と電子マネーの特徴

顧客から預かっていたビットコインがハッキングにより流出したことから問題となり、当時のレートで約480億円のビットコインが失われました。これによってマウントゴックス社の経営が悪化し、債務超過に陥ってしまったため経営破綻に至ることになります。同年に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、元社長であるマルク・カルプレスは業務上横領の容疑で起訴されました。

被害者数は約2万4700人を出す詐欺事件となり、仮想通貨の取引の信頼性を大きく損なわせることになったのです。

まとめ

ビットコインと円天はデジタルのものである点は共通していますが、それぞれ発行の目的や使用できる範囲などが異なります。円天はL&G社が自社の儲けのためだけに発行したものであり、最終的に出資者を欺く結果となりました。

マウントゴックス社の事件も、ビットコイン取引所である一企業が引き起こした事件だったと言えます。しかし、マウントゴックス事件があったからといって、ビットコインそのものの価値が失われるわけではありません。発行元がなく、窃盗にあった場合の補償もありませんが、自己管理をしっかり取り組めば問題なく使える通貨なのです。

ビットコインを使用するときには、まず安全性や資本力に優れた取引所を利用しましょう。2017年から金融庁が指定し始めた仮想通貨交換業者でウォレットを作ることを心がけ、さらに安全性を高めたいなら自分で保管することのできるハードウォレットも使ってみましょう。ハードウォレットを使用することで、万が一取引所が閉鎖された場合でも安全に資産を保護することができます。

ビットコインを単に怪しいものと捉えるのではなく、利便性の高い送金手段や新たな決済手段として捉えていく姿勢が大切です。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ