海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初心者向けにわかりやすく解説!ビットコインと電子マネーの違い

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2018.05.28

ビットコインの基礎知識

初心者向けにわかりやすく解説!ビットコインと電子マネーの違い

ビットコインは電子マネーの一種と誤解をしている人がいます。どちらもインターネット上にある情報という意味では同じですが、両者はまったく別のものです。ビットコインにはブロックチェーンという新時代の技術が使われています。ビットコインを代表とした仮想通貨は今後ますます普及していくと予想されているので、正しく理解をしておいたほうがよいです。ここでは、概念が似ていることから混同されがちなビットコインと電子マネーの違いを初心者でもわかりやすいように解説します。

まずは電子マネーとはなにかを解説

電子マネーとは?

電子マネーというのは、その名の通りお金を「情報・データ」として管理したものです。マネーという単語がついているものの、日本円などの法定通貨とイコールではありません。お金と同じように使えるが、完全にお金と同じではないということです。

電子マネーには有効期限がついていることがあります。このことから、お金を長期的に保存する手段としては向いていません。あくまで電子的に決済をする手段として考えておくべきでしょう。

電子マネーの種類や使用方法

電子マネーは企業が発行しているものであり、さまざまな種類があります。有名な電子マネーとしては、JR東日本が発行しているSuica、楽天が発行しているEdyなどがあげられます。

SuicaやEdyなどの電子マネーは基本的にはチャージをして使います。チャージ残高分までしか買い物ができないという点でクレジットカードとは異なります。なかにはクレジットカード一体型となっていてチャージが不要なものもあります。電子マネーは対応しているお店でしか使えません。

Suicaは、最初はJR東日本の運賃の支払い専用の電子マネーでしたが、現在では使えるお店が増えています。コンビニやスーパーでの買い物でもSuicaが使えます。

楽天Edyについても、楽天グループのお店はもちろん、全国のコンビニやスーパーなど対応しているお店は多いです。しかし、その電子マネーに対応しているお店でないと使えないので、日本円に比べると使い道は限定されています。

ビットコインと電子マネーの違い

電子マネーの種類によっては、特定のゲームサイトでしか使えないというものなどもあります。必ず理解をしておきたいのが、日本円から電子マネーにチャージをするのは簡単だが、電子マネーから日本円に交換することは基本的にできないということです。

カードの故障などで例外的に返金が受けられることもあるものの、基本的には不可逆だと考えておくべきです。

ビットコインの特徴や使い方

ビットコインとは?

ビットコインは2008年にナカモトサトシという謎の人物が書いた論文をもとに、世界のプログラマーが協力をしてコードを書き、誕生したものです。

最初に発行されたのは2009年1月になります。日本では仮想通貨と呼ばれていますが、世界では暗号通貨(crypto currency)と呼ばれています。

ビットコインは、最初は使えるお店がかなり限られていました。2016年まではDMMなどの一部のインターネットのサイトでしか使えなかったのです。ところが、2017年に仮想通貨は日本で急速に普及し、ビッグカメラの全国店舗がビットコイン決済に対応したというニュースなどが話題になりました。

2017年12月にはインターネットサイトの「ビッグカメラドットコム」もビットコイン決済に対応し、さらに1回の決済で使える限度額も10万円から30万円に引き上げられています。

ビットコインは送金手数料が安いことも特徴です。1回の送金にかかる手数料は取引所やウォレットによって差がありますが、0.001BTCが相場になります。1BTC=10万円ならたった100円で送金ができるので、銀行振込みの手数料よりも安いです。驚くことに、海外への送金でも手数料はかわりません。

銀行の国際送金よりもはるかに安い手数料で海外送金ができるというところが最大の魅力かもしれません。

ビットコインの入手方法と使用方法

ビットコインを入手するためには、ビットフライヤーなどの取引所で口座開設をして購入をするというのが主な方法です。取引所での口座開設には本人確認が必須なので、免許証のコピーなどが必要です。

だれかからもらうという選択肢もあります。たとえば、学生が親からお金を送ってもらうときに、ビットコインで送金をしてもらうということもできます。ビットコインの送金手数料は現在上昇しているので送金には不向きですが、ビットフライヤーの「bitWire」といったサービスを利用することで手数料をゼロにすることも可能です。

ビットコインと電子マネーの違い

ビットコインを決済に利用するとき、まずはお店がビットコイン決済に対応しているかどうかを確かめておきましょう。まだビットコイン決済に対応しているお店が少ないため、そもそもビットコインが決済に使えないという可能性も高いからです。

ビットコイン決済に対応している大手ショップとして有名なのがビッグカメラです。ビッグカメラでは実店舗、インターネットショップの両方でビットコイン決済に対応しています。上限額が30万円なので、30万円を超える買い物には利用ができません。

総合エンターテイメントサイトのDMMもビットコイン決済に対応していますが、DMMでは直接サービスの利用や商品購入でビットコイン決済をすることはできません。DMMポイントをビットコインで購入できるのみですので、注意をしておきましょう。ほとんどのサービスではDMMポイントが利用できますが、一部のサービスではDMMポイントが使えません。

ビッグカメラは大手仮想通貨取引所であるビットフライヤーと提携をしています。そのため、ビットフライヤーのウォレットを使って決済をするなら手数料が無料です。それ以外のウォレットから送金をすると手数料がかかります。あらかじめどこの仮想通貨取引所と提携をしているのかも確認をしておきましょう。

ビットコインと電子マネーの違いは?

入手方法や使用方法が違う

電子マネーは日本円でチャージをします。チャージの仕方はさまざまですが、インターネットのサイトや専用のアプリから行うというケースが多いでしょう。

一方のビットコインは、仮想通貨取引所に口座開設をして日本円とトレードをするという方法をとります。すでにリップルなどの他の仮想通貨を持っている場合には、それとビットコインを交換するということもできます。

電子マネーの場合には、コンビニなどの店舗のレジでICカードをかざすだけで使用できます。インターネットのサイトで決済をするなら、電子マネーのコードや番号などを入力することになるでしょう。

ビットコインの場合には、実店舗で決済をするためにはスマートフォンが必要になります。ビットフライヤーなどの大手仮想通貨取引所が提供しているウォレットのアプリをスマートフォンにダウンロードしておきましょう。

店舗で決済をするときには、スマートフォンでバーコードを読み込むとアドレスが表示されますので、そのアドレスに送金をすることで決済が完了します。

発行元があるかないか

電子マネーには発行元が必ずあります。たとえば、SuicaならJR東日本が発行しています。電子マネーの場合、発行元の企業が存在しているので、その企業の信頼がそのまま電子マネーの信頼になるともいえます。企業が倒産などをしない限りは電子マネーの価値がなくなるということはありません。

ビットコインと電子マネーの違い

ビットコインには発行元は存在しておらず、非中央集権型です。例外的に、リップルのように中央集権型の仮想通貨も存在していますが、ほとんどの仮想通貨は非中央集権型です。

オープンソースなのでだれでも開発を引き継ぐことができます。仮に、主な開発者が引退したり、死亡したりしてしまっても、仮想通貨が使えなくなってしまうということにはなりません。

使用できる国が限定されているかどうか

電子マネーは原則として日本でしか使えません。それに対して、ビットコインには国境がないので世界中でやりとりされます。電子マネーは電子的な決済がされるものの、実質的には日本円をやり取りしているのと変わりません。1ポイント=1円といったように、価値は日本円の価値と対応しています。

ビットコインは日本円とは対応していません。ビットコインはオリジナルの価値を持っています。金やプラチナなどをイメージするとよいでしょう。世界中で信用されていたら、国に関係なく決済・交換の手段として利用ができます。

マネーの価値が変動するかどうか

電子マネーの価値は固定です。1ポイント=1円というように発行元の企業が価値を設定しており、変動することはありません。ビットコインの価値は流動的であり、取引者の意志によって決定します。買いたいという人が増えているときには価値は上昇し、逆に売りたいという人が増えているときには価値は減少します。

まとめ

電子マネーとビットコインは電子的な決済手段という意味では共通しているので、よく混同されます。しかし、以上の説明からまったく別のものであることは理解していただけたのではないでしょうか。

必ずおさえておきたいポイントは、電子マネーは価値が固定されており日本円に対応しているが、ビットコインは価値が流動的であるという点です。

世界的に法律が整備されてきて、決済手段として使える国が増えてきたらグローバルな決済手段として活躍するようにもなると予想されています。そうなってくると、国という概念がないというポイントも大きなメリットとなるはずです。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ