海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ビットコインはペーパーウォレットで安全に保管!ペーパーウォレットの特徴と使い方

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2018.05.04

ビットコインお役立ち情報

ビットコインはペーパーウォレットで安全に保管!ペーパーウォレットの特徴と使い方

仮想通貨はネット上などに存在する電子的な通貨ですので、ハッキングによる盗難などのリスクがあります。そのため、ビットコインを保有している人は、コインを安全に保管することが大切です。仮想通貨を保管するアプリケーションであるウォレットにはさまざまなタイプがあります。その中でも特に安全性が高いといわれているペーパーウォレットについて、特徴やメリット・デメリット、さらに作成方法や使用方法などをお伝えします。

ビットコインを安全に保管するならペーパーウォレット

ペーパーウォレットの特徴

ウォレットとは、ビットコインなどの仮想通貨を保管するためのアプリケーションソフトのことです。ビットコインを入れるための電子財布だと理解するとわかりやすいでしょう。

ウォレットにはさまざまなタイプがあります。その中でも安全性が高いといわれているのがペーパーウォレットです。ペーパーウォレットとはその名の通り、紙でできているビットコインの財布です。

ビットコインの残高管理や送金処理にあたっては公開鍵と秘密鍵の情報が必要です。ペーパーウォレットには、この公開鍵と秘密鍵の2つの情報がQRコードで表示されています。紙の状態で存在しますので、当然インターネットにはつながらずハッキングされるおそれはありません。

ペーパーウォレットを作成する場合は、作成機能があるサイトのサービスを利用するとよいでしょう。

そのほかのウォレットの特徴

ペーパーウォレット以外のウォレットとしては主に4つのタイプがあげられます。1つ目はウェブウォレットで、ウェブ上に存在するウォレットのことです。ビットコイン取引を行う場合は取引所に口座開設するのが一般的です。口座を開設すると取引所内に自分用ウォレットが自動的に作成されます。このウォレットがウェブウォレットです。

2つ目はデスクトップウォレットで、自分のパソコンにウォレットのソフトをインストールしてコインを保管します。取引所がハッキングを受けてもデスクトップウォレットに入れてあるコインは安全です。

ペーパーウォレットの特徴と使い方

3つ目のタイプはモバイルウォレットといいます。タブレットやスマホなどのモバイル端末にインストールして使用するタイプのウォレットです。モバイルウォレットは持ち運びが簡単ですので、外出時にビットコイン支払いをする場合などに重宝します。

4つ目はハードウェアウォレットです。USBなどにビットコインを保管することになります。ペーパーウォレットと同じくインターネットから切り離されていますので安全性が高いウォレットです。

ペーパーウォレットのメリット・デメリット

ペーパーウォレットのメリットとは?

ペーパーウォレットには、ほかのウォレットにはないメリットがあります。主なメリットは3つです。

1つ目はセキュリティの高さです。紙でできたウォレットですのでハッキングされる可能性はゼロという点が魅力です。ハードウェアウォレットも高い安全性がありますが、USBの抜き忘れなどの可能性があることを考えるとペーパーウォレットの方が安全だといえるでしょう。

2つ目は多額のビットコインであっても安全かつシンプルに保管できることです。紙の状態にしてしまえば安全性が確保できることはもちろん管理もしやすくなります。

3つ目は簡単に譲渡できることです。ビットコインに興味はあってもウォレットを持っていないという人も多いです。そういった人にもペーパーウォレットであればそのまま紙を渡すことでビットコインをあげることができます。もらった人はあとで自分用のウォレットを作ったときに入金することでビットコインを手にできます。

ペーパーウォレットにはデメリットもある

ペーパーウォレットにはデメリットも3点あります。1つ目はペーパーウォレットに入れてあるビットコインは気軽に使えないことです。ビットコインを使うためには一度別のウォレットに取り出す必要があります。手間がかかりますので頻繁に使用するビットコインを保管するウォレットとしては不向きです。

2つ目のデメリットは、パスワードを忘れるとビットコインを失うことです。ペーパーウォレット作成時にはパスワードを設定することもできます。ただし、設定したパスワードを失念するとコイン復元は不可能になりますので注意しましょう。

ペーパーウォレットの特徴と使い方

3つ目のデメリットは、盗難や紛失、焼失などのリスクがあることです。物理的なものとして存在しているウォレットならではのリスクといえます。経年劣化でQRコードが読めなくなるリスクもあります。ラミネート加工したり濃く印字したりするなどの工夫をしてみるとよいでしょう。

ペーパーウォレットの作成からコイン復元まで

ペーパーウォレットを作成する方法

ペーパーウォレットを作成するためには、ペーパーウォレット作成機能があるサイトを利用して作成するのが一般的です。ペーパーウォレット作成可能なサイトとしてはbitaddressなどがよく知られています。

まず、サイトからペーパーウォレット作成ソフトをダウンロードします。その次は、パソコンをネットから切り離すことがポイントです。オフライン状態でダウンロードデータを展開してウォレット作成操作を行ったうえで、表示される秘密鍵とアドレスのQRコードをプリントアウトします。

bitaddressではメニューで「ペーパーウォレット」を選択して印刷すると紙幣風デザインのペーパーウォレットが出力されてきます。オフラインにせず、オンライン状態でそのままペーパーウォレットを作成することも可能です。

しかし、セキュリティ対策としてペーパーウォレットを作成するのであれば、ハッキングリスクを限りなくゼロにするためにもオフラインでの操作をおすすめします。

ペーパーウォレットの使用方法!

ペーパーウォレットを作成する目的は、安全にビットコインを保管することにあります。そのため、頻繁にペーパーウォレットからコインを取り出したり再作成を繰り返すことは避けましょう。ペーパーウォレットは本当に必要なとき以外は「使わない」ことが重要です。

ペーパーウォレットの特徴と使い方

使用方法として理解する必要があるのは入金方法と取り出し方法です。ペーパーウォレットの作成が完了したら、別のウォレットから送金することで入金できます。通常のビットコイン送金と同じ要領で、ビットコインを入れてあるウォレットから自分のペーパーウォレットに秘密鍵を入力して送金処理を行うことで入金します。

ペーパーウォレットからコインへ復元する方法

ペーパーウォレットからコインを取り出すためには、まず準備するものは2つあります。

1つはコインの入っているペーパーウォレット、もう1つがペーパーウォレット内のコイン残高を見たり取り出して入金したりするためのウォレットです。

ウォレットのソフトによって多少操作は違いますが、まず行う必要があるのはペーパーウォレット内にあるコイン全残高のインポート処理です。インポートが完了するとペーパーウォレット秘密鍵を入力する画面になりますので、キーボードもしくはQRコード読み取りの方法で秘密鍵を入力してペーパーウォレット残高の確認を行います。

最後にコインの取り出しです。取り出したい通貨量を指定してインポートを行うことで取り出しが完了します。インポートと呼ばれますが、処理としてはペーパーウォレットから別のウォレットへの送金と理解した方がわかりやすいでしょう。

まとめ

ビットコイン投資を行っている人は、取引によって利益を得ることだけでなく安全にビットコインを保存することにも注意を払う必要があります。

ペーパーウォレットは、大切なビットコインを安全に守ってくれる存在です。ウェブウォレットに保管しておくことによるハッキングリスクやUSBが壊れてしまうといったハードウェアウォレットのリスクなどとは無縁ですので、頻繁に使わないビットコインはペーパーウォレットに移して保管するとよいでしょう。

ビットコインの保管方法や取引手法についてはFX PLUSで情報収集することをおすすめします。FX PLUSは海外FXに関する情報が充実しているサイトです。海外FXだけでなくビットコイン投資関連の情報も掲載されていますので参考にしてみるとよいでしょう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ