海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

海外FX業者のXMも取り扱い開始!ビットコインFXの特徴とは?

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2018.04.06

ビットコインお役立ち情報

海外FX業者のXMも取り扱い開始!ビットコインFXの特徴とは?

ビットコインは現物取引だけでなくFX取引も可能です。海外FX業者がビットコインFXの取り扱いを始めたこともあり、ビットコインFXができる環境が整ってきています。ビットコインFXを始めるにあたっては、FX取引の特徴やメリット・デメリットを理解しておくことが大切です。また、海外FX業者でビットコインFXを行う場合のメリット・デメリットを理解しておくことも重要でしょう。ここでは、ビットコインFXの基礎知識と海外FXでビットコインFXを行うにあたって知っておきたいポイントなどについてお伝えします。

ビットコインFXとはどんな取引?

ビットコインFXの基礎知識

ビットコインFXとは、ビットコインを投資対象とする証拠金取引のことです。

証拠金取引では、FX業者が投資家から担保として証拠金であるビットコインを預かり、その代わりに現金やビットコインを貸し出すということが行われます。証拠金の何倍ものビットコイン売買取引が可能になるため、少額の投資資金しかない場合でも、多額の投資ができる点がビットコインFXの魅力です。

証拠金に対して何倍の取引ができるかは取引所によって違います。国内の取引所の場合、5〜25倍に設定されていることが多い傾向です。

また、FXを利用して売買取引を行っても、ビットコイン現物の受け渡しは行われず、売りと買い両方の取引が行われた段階で差金決済する方法がとられています。決済時には証拠金として預けたビットコインは返却され、取引で出ている利益があれば差金決済で手に入れることができる仕組みです。

ビットコインFXの特徴とは?

ビットコインFXの主な特徴は2つあります。1つ目はビットコインの現物を保有していなくても「売り」ポジションを作れることです。売りポジションを作る場合は、価格が高いときにビットコインを売却します。FXでは売却と購入はセットで行う必要があります。そのため、購入処理は売却処理のあとで行うことになる点がポイントです。

ビットコイン価格が高いときに先に売却をすることで、価格が下落している局面でも利益が出せるという魅力がありあります。ビットコイン価格が暴騰したと感じる場合やチャート分析の結果としてトレンドが変わり下落局面に入ると判断した場合は、売りから入るとよいでしょう。

ビットコインFXの特徴とは?

2つ目はビットコインウォレットが不要である点です。取引所の現物取引でビットコインを購入して保有する場合、安全に保管することが重要になります。

ビットコインを保管するアプリケーションをウォレットと呼びます。ビットコイン用の電子財布だと理解すればよいでしょう。

購入後のビットコインを取引所にそのまま保管する場合は取引所が用意したウェブウォレットに保管することになります。しかし、取引所がハッキングを受けて盗まれる可能性はゼロではありません。資産を守るためには、自分のパソコンのウォレットに移動したりネットから切り離したウォレットに保管したりするなどの対策をとることが大切です。

一方、ビットコインFXの場合は、購入しても実際にビットコインの受け渡しは発生しませんので、保管すべきビットコインは存在しません。そのため、ウォレットは不要ですし、保有中のセキュリティに関して不安を感じる必要もありません。

海外FXでビットコインFXを行うメリット・デメリット

海外FXでビットコインFX取引を行うメリットとは?

海外FX業者でビットコインFX取引を行う場合、コインを保有していなくても売りポジションが作れるメリットがあります。また、コインの保管に関するセキュリティを気にする必要がないなどの現物取引にはないメリットも享受できます。さらに、海外FX業者ならではのメリットも3つあります。

1つ目は追証なしで取引できることです。国内の仮想通貨取引所でビットコインFXを行う場合、取引所によっては含み損による証拠金不足に対して追加の証拠金を求められるケースもあります。しかし、海外FX業者での証拠金取引は追証なしのゼロカットが基本ですので、追証に悩まされる心配は無用です。

2つ目は通貨FXで使用する取引プラットフォームがビットコインFXにもそのまま使えることです。MT4やMT5など世界標準と呼ばれている最先端のツールで快適な操作環境を実現できるでしょう。

3つ目はBTC/USDのペアでの取引が可能なことです。国内の仮想通貨取引所でビットコインFXを行う場合は、ビットコインと日本円で取引するのが基本ですが、海外FX業者の場合はアメリカドルとの取引ができる魅力があります。

海外FXでビットコインFX取引を行うデメリットとは?

海外FX業者でビットコインFX取引を行う場合、デメリットもあります。主なデメリットは3つです。

ビットコインFXの特徴とは?

1つは取引手数料が高めだということです。海外FX業者によって設定している手数料は違いますが、日本の取引所と比較すると一般的に高めに設定されている場合が多い傾向があります。

もう1つのデメリットは取引の最小単位が大きいことです。日本の取引所における最小単位は0.01BTCなどを設定しているところが多いですが、海外FX業者の場合は最低0.1BTCとしているところがあります。あまり小さな取引単位では参加できない点はデメリットといえるでしょう。

最後はレバレッジが低いことです。海外FXでは数百倍のレバレッジで取引できますが、ビットコインFXでは5倍程度に抑えている海外FX業者があります。

海外FXのビットコインFXを利用する場合の業者選定ポイント

ビットコインFX取引を有利に進めるためには、取引スキルを磨くだけでなく海外FX業者選びも大切です。海外FX業者選びにおけるポイントは3つあります。

1つ目はNDD方式の業者を選ぶことです。NDDとはノンディーラーデスクの略で、業者自身が顧客の取引相手になるのではなく顧客の注文をすべて市場につなぎます。投資家が取引すればするほど業者の収益が上がる収益構造であるため、取引環境を積極的に改善するなど顧客本位の経営姿勢がみられることが多い傾向です。NDD方式の海外FX業者を選びましょう。

2つ目は外国の金融ライセンスを取得して運営している業者を選ぶことです。資産管理やセキュリティなどについて一定のレベル以上であることが期待できます。

3つ目は日本語サポートレベルが高いことです。多くの海外FX業者は日本語サポートを実施していますが、そのレベルには差があります。充実した日本語サポート環境を整えている業者を選ぶことがポイントです。

海外FX業者であるXMのビットコインFX

XMのビットコインFXの特徴

XMは海外FX業者として有名ですが、2017年9月からビットコインFXの取り扱いも開始しています。特徴は取引ツールとしてMT5が採用されていることです。主な取引条件は、「レバレッジ5倍」「最低取引単位0.1BTC」「証拠金維持率は50%」「値動きの最小値は0.001米ドル」などとなっています。

日本時間の土曜日朝から月曜日朝までは取引できませんので注意が必要です。

XMのビットコインFXの取引手順

XMでビットコインFXを行う手順はそれほど複雑ではありません。

ビットコインFXの特徴とは?

取引プラットフォームであるMT5をダウンロードしたうえで、ログイン後にBTC/USDのペアを表示させます。次に、各種チャートなどで相場分析してから注文です。証拠金維持率を見ながら売りまたは買いの注文を入れましょう。

最後に決済です。収益を確認しながらエントリーと逆の決済注文を入れることで取引を終了させます。

まとめ

ビットコイン取引は、現物取引だけでなくFX取引も可能です。証拠金の何倍もの取引ができる、売りポジションから入れるなどの特徴があります。また、海外FX業者がビットコインFXの取り扱いを始めていますので、自分に合った海外FX業者を選んで試してみるのも選択肢の1つです。

ビットコインFXの取り扱いがある海外FX業者で口座開設すれば、為替FXとビットコインFXの両方が簡単にできる環境を整えられますのでおすすめです。

海外FX業者の情報収集はFXPLUSを活用するとよいでしょう。FXPLUSは海外FX業者に関する情報やビットコイン投資に関する情報が豊富なサイトです。ビットコインFXだけでなく海外FXも合わせて行うことで分散投資が可能になりますので、両方に挑戦してみましょう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ