海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ビットコイン投資用資金をコンビニで入金!入金方法とメリット・デメリット

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2018.03.12

ビットコインお役立ち情報

ビットコイン投資用資金をコンビニで入金!入金方法とメリット・デメリット

ビットコインを購入するためには、取引所に口座を開設したうえで購入用資金を入金する必要があります。入金にはさまざまな方法がありますが、コンビニを利用して入金する方法も選択肢の1つです。コンビニ入金にはメリットだけでなく、デメリットもあります。特徴をよく理解したうえで賢く利用することが必要です。そこで、コンビニで取引所への入金処理を行う場合の具体的に手順やコンビニ入金のメリット・デメリット、銀行振込との違いなどについてお伝えします。

ビットコイン購入でコンビニを活用する方法

コンビニでビットコイン投資用資金の入金ができる

ビットコインを購入する方法にはさまざまなやり方があり、コンビニを活用する方法もあります。ただし、コンビニでビットコインを直接購入できるわけではありません。

ビットコインを購入する場合、仮想通貨交換業者が運営している取引所に口座を開設して購入するのが一般的です。口座開設後は、購入資金を入金する必要があります。ビットコインの購入用資金を口座開設した取引所に入金する方法の1つとしてコンビニが活用できるでしょう。

コンビニは街中で、すぐに見つけることができます。身近なコンビニをビットコイン購入に役立てられれば、ビットコイン投資を身近なものにできるでしょう。

まずは取引所で口座開設してさまざま方法で入金

コンビニでビットコインの入金を行うためには、まず取引所で口座を開設する必要があります。

まず取引所のサイトでのメールアドレスを登録です。その後、送られてくるURLにアクセスして氏名や住所などを入力したうえで本人確認書類をアップロードすれば口座開設できます。審査はありますが、書類の不備などがなければ問題なく開設できるでしょう。

本人確認などの手続きまで完了し口座開設できたら、いよいよ入金です。取引所への入金にはさまざまな方法があります。コンビニのほか、銀行送金やクレジットカード、Pay easy(ペイジー)と呼ばれる仕組みを利用しての入金もできます。

ビットコイン投資用資金をコンビニで入金!

購入用資金の入金ができたら、取引所内のコイン販売所かコイン取引所でビットコインの購入です。

コインの販売所とは、取引所運営会社が開設しているビットコイン販売・買取用の店舗だと理解すればよいでしょう。コインの取引所とは、オークション方式で価格が決まる市場参加者との売買市場のことです。

コンビニを利用した入金方法

ビットコイン取引所への入金手順を理解しよう

コンビニ入金を行うためにはその手順を知っておく必要があります。

入金手続きはそれほど難しくありません。コンビニでチケットなどを購入した経験がある場合は、ほとんど同じ手続きで入金処理することになりますので戸惑うことはないでしょう。また、初めて行う場合も、コンビニに設置されている入金処理用の端末画面にわかりやすく手順が表示されますので、誰でも簡単にできます。

ビットコイン投資用資金をコンビニで入金!

まず、いきなりコンビニに行くのではなく、口座を開設した取引所で入金先の確認を行うことが必要です。

取引所によって多少メニュー名は違いますが、一般的には「入出金」をクリックして「クイック入金」を選びます。クイック入金用の画面が表示されたら金額を入力したうえで「コンビニから入金する」を選んでクリックです。

次の画面ではどのコンビニを利用するかを選ぶことになりますので、自分が利用するコンビニを指定してクリックします。すると、「お客様番号・オンライン決済番号」と「確認番号」が表示されますので、スマホのカメラで写真を撮ったりメモしたりしてこの2つの数字をしっかり記録しましょう。

2つの番号を記録したら、いよいよコンビニに行きます。コンビニに設置されている端末のメニューから「各種代金お支払い」を選び、次は画面の指示に従って「お客様番号・オンライン決済番号」と「確認番号」の入力です。

入力が完了すると申込券や受付票と呼ばれる紙が印刷されますので、その紙を持ってレジに行き、必要な金額を支払えば手続きは完了します。

ビットコイン取引所への入金に対応しているコンビニは?

ビットコインを取り扱っている取引所への入金については、ほとんどのコンビニが対応しています。具体的には、ローソン、ナチュラルローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セイコーマートなどです。

ただし、大手取引所はセブンイレブンでのコンビニ入金できない場合があります。手続きを行う前に自分が口座開設した取引所に対応しているのはどのコンビニかについて確認しておく必要があるでしょう。

取引所の入金処理でコンビニを利用するメリット・デメリット

コンビニを利用するメリットとは?

コンビニを利用して取引所の口座への入金処理を行う主なメリットは3つあります。

1つ目は24時間入金可能であることです。銀行振込の場合、窓口の処理は平日の昼間しか行えません。ネットバンキングでも取引できない時間帯が設定されている場合が多い傾向です。一方、コンビニは24時間営業しています。いつでも入金処理できる点はメリットといえるでしょう。スケジュールの都合で特定の時間帯しか入金処理ができない場合や、銀行振込ができない時間帯に急いで入金したい場合などに有効な入金方法です。

2つ目は入金内容が比較的早く反映されることです。銀行振込の場合は翌日処理になるケースも多いため、早く入金が反映されるコンビニ入金を利用すれば、すぐにでもビットコインを購入できる魅力があります。

3つ目は銀行口座がなくても送金できることです。ただし、口座開設にあたっては出金先の銀行口座を登録しないと取引できないのが一般的ですので、銀行口座を1つも持っていないとビットコイン投資は難しいでしょう。それでも、出金先口座は登録して入金は現金で行いたいといった場合はコンビニ入金が便利です。

コンビニを利用するデメリットとは?

コンビニを利用して入金する方法にはデメリットもあります。まず、取引所側でコンビニ送金の最低金額が設定されている場合があることです。一部の取引所では最低金額500円といった制限があります。

コンビニ入金時に負担する手数料が高い場合があることもデメリットでしょう。銀行振込でも振込手数料がかかりますが、コンビニ入金では銀行振込手数料と同額かそれ以の手数料がかかる場合があります。事前に手数料水準を確認したうえで賢く使い分けましょう。

ビットコイン投資用資金をコンビニで入金!

さらに、コンビニ入金による資金でビットコインを購入した場合、入金額の半額程度は出金制限がかかることです。7日間程度制限され出金できないことがある点も知っておく必要があるでしょう。

おすすめはコンビニ入金よりも銀行振込による入金

コンビニ入金にはメリットもありますが、無視できないデメリットもあります。特に、コンビニによるクイック入金の手数料が銀行振込よりも高く設定されている取引所は注意が必要です。そのような取引所でビットコインを購入する場合は、銀行振込の方がコスト面では有利といえます。

また、コンビニからの入金資金については7日間程度の出金制限がかかる点にも注意が必要です。入金後、急に現金が必要になったとしても出金できません。

その点を考慮しても銀行送金の方がおすすめです。銀行送金の場合は取引所の入金確認が翌日になることもありますが、入金を即反映して間髪入れずにビットコインを購入しなければならないケースはあまりないでしょう。

時間的な余裕を持って銀行振込すれば、入金反映が早いというコンビニ入金のメリットもそれほど大きな意味を持たないといえます。基本は銀行振込を利用し、コンビニ入金の方が有利になるケースに限りコンビニ入金を利用することがおすすめです。

まとめ

ビットコインを購入する場合、コンビニを利用することも可能です。コンビニで直接ビットコインを購入するわけではなく、口座を開設した取引所への入金処理ができるという意味です。

コンビニ入金を利用するメリットは24時間いつでもできることや入金反映が早いことなどがあげられます。しかし、「手数料が高い」「入金後の出金制限がある」といったデメリットもあります。

急いで入金してビットコインを購入したい場合を除けば、銀行振込を利用する方が無難でしょう。それでも、複数の入金方法を知っておくことは大切です。必要に応じて使い分けることをおすすめします。

また、ビットコイン購入後は売買取引を行うことになります。取引手法はさまざまですが、海外FXとの共通点が多い傾向です。海外FX情報関連サイトであるFXPLUSを利用してチャートの見方や投資方法別の特徴などを調べてみるとよいでしょう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ