海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ビットコインの購入はいくらから?初心者でもわかるコイン購入のポイント

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2018.03.09

ビットコインの基礎知識

ビットコインの購入はいくらから?初心者でもわかるコイン購入のポイント

ビットコイン投資を始めてみようと考えている人の中には「ビットコインの価格は急騰しているので、少額では買えないのでは」と思っている人もいるでしょう。実際、そんなことはありません。ビットコインは少額からでも購入できます。ここでは、ビットコインが「最低どのぐらいの金額から購入できるのか」についてお伝えします。また、初心者がビットコインを購入する際のポイントである手数料や取引所に関する情報についてもご紹介します。

ビットコイン価格の変動状況

価格変動は激しい!1BTCの価格はいくら?

ビットコインの通貨単位はBTCと表記します。ビットコイン価格は2017年の始めごろは約1BTCが10万円程度でした。しかし、年末までほぼ一本調子で上昇を続けて最高値で220万円を超える価格を記録したのです。2017年末時点でも200万円程度の価格を維持していました。1年で約20倍に価格が高騰したことになります。

2018年に入ると一転して価格は下落局面に入ります。乱高下を繰り返しながら徐々に値を下げ、2018年2月初旬には一時1BTCが80万円を割り、100万円以下での価格で推移している状況です。約1カ月で半値以下になってしまうという急激な暴落を経験したことになります。

初心者でもわかるコイン購入のポイント

価格変動の激しさのことを投資の世界ではボラティリティといいます。ビットコインはボラティリティが非常に高い投資対象です。初心者が投資をする場合は、高値づかみをしないように気をつけましょう。

ビットコインの最低購入金額

ビットコインの単位の基礎知識

ビットコインの単位は1BTCと表記しますので、単にビットコインの価格といった場合は1BTCの価格のことを指すのが一般的です。

ただし、ビットコインにはそのほかの単位もあります。ビットコインのプログラムで規定されている最小単位は1satoshiで、1BTCの1億分の1です。

ビットコインシステムの開発者はサトシナカモトと呼ばれています。名称からすると日本人男性のようにも思えますが正体は不明です。satoshiという単位はこの開発者の名称にちなんで付けられました。

また、ビットコイン価格の上昇にともなって、他の小さい単位もあったほうがよいという実務上の要請から別の単位も使われるようになっています。例えば、1000分の1BTCはmBTC(ミリビットコイン)、100万分の1BTCはμBTC(マイクロビットコイン)と呼ばれることもあります。

ただし、1BTCや1satoshiほどは使われておらず一般に定着はしていません。ビットコイン取引を行う場合は、1BTCの価格が基本です。

ビットコイン取引は最小単位まで可能

ビットコインはシステムのうえでは最小単位である1satoshiまで分割して取引可能です。1BTCの価格が100万円だと仮定すると、1satoshiの価値は0.01円ということになります。ただし、ビットコインのシステムにおいて、送金に関しては546satoshi、0.00000546BTCが最低取引単位とされています。

初心者でもわかるコイン購入のポイント

ただし、日本円は1円単位の取引が基本です。そのため、取引を行ううえでsatoshiという単位を意識することはほとんどないでしょう。

取引所での売買取引には最低価格が設定されている

ビットコインの売買取引を行う場合、一般的には取引所に口座を開設して、取引所内で売買取引を行うことになります。そのため、取引所のルールに従って取引を行うことが必要です。取引所ごとに最低取引価格が設定されています。

例えば、Zaifは0.0001BTC、bitFlyerは0.001BTCから取引可能です。1BTCが100万円だった場合、Zaifは最低100円、bitFlyerは最低1,000円から取引可能ということになります。各取引所では1satoshi単位でビットコインの数量計算が行われますが、日本円での取引金額や残高に関しては端数調整後の金額表示です。

ビットコイン初心者が購入する場合のポイント

おすすめの購入方法

ビットコインを購入する方法はいくつかあります。直接個人間売買で購入する方法もありますし、ビットコインATMを使って購入する方法も選択肢の1つです。しかし、個人間売買は相手の信用度の問題があります。さらに、ビットコインATMやクレジットカードで購入すると高い手数料がかかるといったデメリットがあります。

おすすめの方法は取引所に口座を開設して販売所と呼ばれるところで購入する方法です。販売所とは、仮想通貨交換業者が運営しているビットコインのネット店舗のことです。提示した価格で必ず購入できますのでわかりやすいというメリットがあります。

取引所と呼ばれる場所でもビットコイン購入はできます。しかし、価格を指定して購入する指値注文は取引が成立しないことがあり、価格を指定せずに購入する成行注文は予想外に不利な価格で取引が成立してしまう可能性がある点がリスクです。

初心者は販売所でビットコインを購入することをおすすめします。

取引所の選定ポイント

販売所でビットコインを購入するために、取引所に口座を開設する必要があります。取引所はそれぞれに独自の取引条件を設けていますので、取引所選びが重要です。取引所を比較する場合は、最低取引単位や取引手数料、取り扱い仮想通貨の種類などの条件に注目して選ぶとよいでしょう。

少額から投資を始めたい場合は、最低取引単位が小さい取引所を選びます。頻繁に取引を繰り返す取引手法を試したい人は、取引手数料が安い取引所を選ぶことがポイントです。ビットコイン以外にもさまざまな仮想通貨に投資をしたい場合は取り扱い仮想通貨の種類が多い取引所を選びましょう。

初心者でもわかるコイン購入のポイント

また、口座開設手数料は無料です。複数の取引所に口座を開設して取引の種類に応じて使い分ける方法も有効です。しっかり比較して自分に合った取引所で口座開設しましょう。

まずは少額から始めることが大切

ビットコイン価格は、10万円が1年で200万円を超えて、その後の1カ月で100万円以下まで下落しています。ボラティリティが非常に高い点が特徴です。そのため、いきなり多額の資金でビットコインを購入してしまうと、そのあと価格が暴落して多額の損失を被り投資が継続できなくなる可能性があることを忘れないようにしましょう。

ある程度の投資用資金を投入しなければまとまった額の利益が得られないため、10万円程度の資金で始めるのがよいという意見もあります。しかし、「十分な利益が得られるかどうか」についてしばらく取引を行って見極めたあとで10万円程度まで増やすのが無難です。

まずは、3,000円程度の少額から始めて取引の感覚をつかむことをおすすめします。

まとめ

ビットコインは2018年2月初旬時点で1BTCは80万〜100万円と高い価格がついており日々変動しています。しかし、購入時には1万円以下の少額から購入できますので初心者でも十分参入可能です。ビットコイン投資を始める場合は、取引所選びを慎重に行い少額で始めることがポイントです。

国内の取引所で口座開設するのが一般的ですが、海外FX業者の中にはビットコイン取引ができる業者も存在します。すでに、海外FX取引を行っている人は、同じ業者でビットコイン取引ができる場合があります。

また、海外FX投資は取引手法や税制がビットコイン投資とほとんど同じです。分散投資のためには、ビットコイン投資だけでなく海外FX投資にも挑戦してみるとよいでしょう。

海外FX業者を選ぶ場合は、FXPLUSの利用をおすすめします。FXPLUSは海外FXに関する情報が豊富なサイトです。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ