海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ビットコイン投資の注意点!大損したときの対処法とは?

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2018.02.02

ビットコインお役立ち情報

ビットコイン投資の注意点!大損したときの対処法とは?

ビットコインの価格は2017年に十数倍に高騰しました。そのため、早くからビットコインに投資していた人の中には巨額の利益を手にした人もいるでしょう。また、ビットコイン投資を始めようと考える人も増えています。しかし、ビットコイン価格は上昇基調にあっても1日で何割も下落することもあり、大損するケースもありえます。そこでビットコイン投資で大損するパターンと、大損した場合の対処法などについてお伝えします。

ビットコイン投資で大損してしまう4つのパターン

他人の言動を信じて取引する

ビットコイン投資で大損するパターンは主に4つあげられます。1つ目は、デマなど他人の言動を信じてビットコインを高値で購入し、その後の急激な価格下落で慌てて売ってしまうパターンです。

ビットコインに限らず、多くの投資商品は価格上昇局面に入ると「まだまだ上がる」「今買っておかないと損だ」といったうわさが飛び交います。中には、もっともらしい嘘の情報を流して価格をつりあげようとするデマが流れることもあります。そういった他人の言動を信じて購入すると、高値つかみをして大損することにつながるのです。

ハッカーによりビットコインを盗まれる

2つ目の大損パターンは、ビットコインの盗難です。せっかくビットコインを安い価格で購入し、その後の価格高騰によって含み益が生じていたとしても、保有しているビットコインが盗まれれば大損になってしまいます。

ビットコイン投資の注意点!

取引所の口座内で保有している場合、取引所に対するハッカーのアタックによってビットコインが盗まれると、保有残高が減少してしまいます。自分のパソコンやスマホのウォレットにビットコインを移していたとしても、その端末に対するハッカーのアタックによって盗まれる可能性もあるでしょう。

ビットコインシステムの欠点が見つかる可能性もゼロではない

3つ目は、ビットコインシステムの欠陥が見つかって価格が暴落するパターンです。

ビットコインシステムの魅力としては、事実上改ざんできないことや、国の金融政策に価値が左右されないことなどがあげられます。しかし、ビットコインなどの仮想通貨システムは生まれたばかりといっても過言ではありません。

将来的にシステムの欠陥が見つかれば、それまでに築いた信頼が一気に失われる可能性もゼロではないでしょう。万が一信頼を失った場合、ビットコイン価格は暴落することもありえます。

取引所に盗まれる

4つ目は、取引所がビットコインなどの顧客資産を持ち脱げするパターンです。実際、過去にはそういった事件も起こっています。日本では法整備が進み取引所の管理体制も改善されていますが、取引所による盗難の可能性はゼロとはいえません。ビットコイン投資を行う場合は、さまざまな大損リスクに備えることが大切です。

ビットコイン投資で損をした場合の対処法

冷静になることが大切

ビットコインを購入した後で価格が下落した場合、方法は主に2つあります。1つは、自分であらかじめ決めた価格を下回った場合には早めに損切りをすること。

もう1つは、価格下落が一時的なものだと考え、損切りをせず価格が上昇するまで待つことです。

いずれにしても対処法を決める場合には、冷静に判断をしましょう。含み損が生じると焦って売却してしまいたくなるものです。しかし、焦って売却すると売却価格は底値だったというケースも多いです。焦らず冷静に次の行動を決めることが大切だといえます。

ビットコインの将来性を客観的に評価してみる

ビットコイン投資で含み損が生じた場合、ビットコインの将来性を客観的に評価してみることも有効です。ビットコインの将来性が有望であれば、仮に評価損が生じてもやがて上昇に転じて、購入価格を上回る可能性が高いといえます。

ビットコイン投資の注意点!

ビットコインの将来性について有望だという客観的な根拠があれば、焦って損切りをする必要はないでしょう。価格が上昇に転じるまでじっくり保有するという対策もあります。

短期的な視点から長期的な視点に切り替える

ビットコインの価格が下がっても、冷静に判断できれば無用な損失確定を避けられる確率は高いです。しかし、時にはそういった判断ができないこともあります。その理由は、短期的な利益を得ようとする気持ちが原因であることも多いです。

短期的な利益を得るのではなく、長期的な値上がり益を享受するためにビットコイン投資を行おうと頭を切り替えられれば、焦りから解放されるはずです。短期的な目的から長期的な目的に視点を変えてみることも、有効な対策となるでしょう。

ビットコインの将来性は?

長期的な視点で投資をする場合に重要になるのは、ビットコインの将来性です。ビットコインの将来が明るいものであれば、長期的な需要が供給を上回り価格は上昇していくでしょう。短期的な価格変動に一喜一憂せず、堅実に情報収集を行いながら長期的な視点で投資をしてみることも有効です。

失敗しないビットコイン投資戦略

分散投資を行う

ビットコイン投資で失敗しないためには、4つの投資戦略を理解しておくとよいでしょう。

1つ目は、効果的な分散投資を行うことです。分散投資は価格変動リスクを抑える有効な投資方法です。ビットコインだけではなく、そのほかの仮想通貨に投資することも立派な分散投資になります。

ただし、この方法では仮想通貨全体の価格下落リスクから逃れることは難しいため、違う資産への分散を図ることも必要です。例えば、ビットコイン投資と並行して海外FX投資を行うなどの方法があります。

集中型投資も有効な戦略の1つ

失敗しない投資戦略の2つ目は、集中型投資戦略です。集中型には2つの切り口があります。まず1つは銘柄の集中で、有望だと結論づけた仮想通貨に資金を集中することです。この方法では、価格下落が生じる可能性のある投資対象に資金が分散してしまうことを避けられます。

ビットコイン投資の注意点!

もう1つは時間軸の集中です。「このタイミングであれば価格が上昇する可能性が高い」というタイミングで一気に資金を投下することで、利益を得る可能性を高められます。この方法では正しくタイミングを判断することが重要です。

短期で利益を狙う場合は短期取引に合った方法で投資する

3つ目の投資戦略は、短期取引に適した方法で取引することです。短期的な利益を目的にビットコイン投資を行う場合は、1回の取引による損失を最小化し、少ない利益であっても確実に積み上げていくことが大切になります。損切りルールを決めて確実に守ること、欲張らず無理のない売却価格の目標を決めることがポイントです。

長期保有する

ビットコイン投資で失敗しない4つ目の投資戦略は、長期保有に徹することです。

短期投資でもやり方によっては利益を積み上げることができますが、常に相場動向を確認する必要が生じます。勤務時間などの関係でそれが難しい場合、何度も取引する必要がない長期投資がおすすめです。ビットコインの将来性を信頼できる人には、長期保有をおすすめします。

まとめ

ビットコイン投資で評価損が生じた場合は、まず冷静になることが重要です。焦ると判断を間違えてしまい、損失を拡大してしまう可能性まで生じるため注意しましょう。また、損をしないためには分散投資などの対策をすることが有効です。

分散投資の例としてあげた海外FX投資は、ビットコイン投資のスキルがそのまま活かせる、税制がほとんど同じといったメリットがあります。

海外FX投資を始める場合はfxplusで海外FX会社の情報を収集し、自分に合った会社を選ぶことが重要です。ビットコイン投資とともに海外FX投資も行い、リスク分散を図ることをおすすめします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ