海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ビットコイン初心者必見!基本的なやり方を徹底解説

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2018.01.05

ビットコイン投資

ビットコイン初心者必見!基本的なやり方を徹底解説

仮想通貨元年といわれる2017年以降、仮想通貨の認知度は爆発的に上昇しました。仮想通貨をより社会に浸透させたのがビットコインです。ビットコインは価値が高騰するたびにニュースにもなるので、興味がある人も多いことでしょう。しかし、ビットコインをはじめとする仮想通貨には、今までの金融商品とは違う購入や売却のやり方があります。そこで、ビットコインをはじめるなら押さえておきたい基礎知識を、この記事で一挙に紹介していきます。

まずはビットコインを入手!どこで何をすべき?

始めにウォレットを作ろう

ビットコインを入手するためには、まずは「ウォレット」を確保する必要があります。ウォレットは財布という意味の英単語です。ビットコインを出し入れするための保管場所というイメージを持つとわかりやすいことでしょう。銀行でいうところの銀行口座にあたります。

ウォレットはパソコンやスマートフォンの中や、インターネット上に作成できます。一般的なのはネット上に作るやり方で、パソコンやスマホにトラブルがあったとしても別の端末からウォレットにアクセスできることがメリットです。ネット上に作成する場合は取引所を利用します。

取引所で口座開設する場合

ビットコインを扱う取引所はいくつかあるので、まずは信用できるところを選びます。続いて、取引所のサイト内にある「アカウント作成」「口座開設」などをクリックし、メールアドレスなど必要事項を入力しましょう。

取引所によっては口座開設に本人確認書類が必要なので、免許証やパスポートを用意しておいてください。氏名や住所など必要事項を入力し、取引所から本人確認されればウォレットが使用可能となります。

本人確認を経なくても使えるウォレットはありますが、出入金などできることがかなり制限されてしまう傾向です。本人確認をしておいた方がビットコインの良さを100%味わうことができるでしょう。

ウォレットに銀行口座をひも付けて入金

取引所で作成したウォレットに日本円を入金するためには、銀行口座とウォレットをひも付けする必要があります。

ビットコイン初心者必見!

ひも付けはウォレット作成直後ではなくても大丈夫です。銀行口座は本人名義のものを必ず使用してください。銀行口座はどれでもひも付け可能ですが、銀行によっては仮想通貨の売買にお得なものもあるので、ひも付けする銀行口座はしっかりと吟味してください。

いざ仮想通貨ビットコインを購入!

ビットコインを購入するためには取引所にお金を預け、預けたお金で仮想通貨を購入するのが一般的な流れです。

取引所ごとに多少の違いはあるものの、クイック入金やコンビニ入金、銀行振り込みなどができます。クイック入金は素早く入金ができるメリットがありますが、手数料が高い可能性もあるので注意してください。

ビットコインは購入以外の入手方法もある!

ビットコインは必ずしも購入するだけではなく、人からもらったりマイニングと呼ばれるビットコインの発掘作業を行ったりすることでも手に入れられます。ひとりでマイニング作業を行うには少なくない設備投資をしなければならないので、マイニングに参加したい場合はプールマイニングサイトへの登録がおすすめです。

その他、何かを販売したときの支払いとしてビットコインをもらうやり方もあります。

ビットコインを売ったり使用したりするには?

ビットコインをお金に換えるには?取引所での換金編

ビットコインの価格が上がったときなど、ビットコインを現金化したいと考えることでしょう。ビットコインをお金に換える方法はいくつかありますが、ウォレットのある取引所で行うのが基本です。

ビットコイン初心者必見!

換金はすなわちビットコインの売却を意味するので、取引所を仲介すれば非常にスムーズに行えます。多くの取引所では換金に必要な手間は少なく、「売却」ボタンをクリックし注文を確定すれば終了します。

ビットコインはATMでも現金化可能!

日本での設置台数は少ないものの、ビットコインを現金化できるATMが存在します。ATMではビットコインを買うことも可能です。ATMでの換金方法は、ATM画面に表示されるQRコードをスマホで読み取り、換金したい分のビットコインを指定されたアドレスに送ります。確認されればATMからお金が出てきます。

値動きを見てトレードするのもビットコインの醍醐味

ビットコインはトレードを行って増やせる可能性のあるものです。トレードでは単純に買ったときの価格より上がっていれば売却によって利益を出せます。

ただし、ビットコインの売却には手数料がかかることがあり、トレードで儲けを出すためには手数料を差し引いても、なお利益があるときに行うのがポイントです。もちろん、長期保有をしてトレードをしないというやり方もあります。しかし、ビットコインには配当や優待はないので、保有している間、インカムゲインはないことも留意しておきましょう。

ビットコインは個人間の送付に便利!

留学している子どもに仕送りをしたいとき、仮想通貨が生まれる前は必ずといって良いほど銀行を仲介しなければならず、少なくない手数料が発生していました。また、送金してから相手に届くまでに時間がかかるのもデメリットでした。しかし、仮想通貨の登場により個人間の送金がより安く素早くなっています。

仮想通貨の送金は格安であったりほとんど無料であったりするため、特に海外へ送金するときは強い味方となってくれることでしょう。

商品を購入するやり方もお得

ビットコインが一般的になる前までは、通貨という名前を冠しているにもかかわらず仮想通貨で何か商品を購入することはできませんでした。しかし、徐々にビットコインで買い物できる店舗や商品も増えてきているため、仮想通貨は名実ともに通貨の役割を担ってきています。

ビットコイン初心者必見!

ちなみに、ビットコインは現金化すると50万円以上の利益で課税対象となりますが、ビットコインで商品を買っても所得税の課税対象となります。区分は雑所得となるので注意してください。

取引所によって何が違う?ビットコインで知っておきたいポイント

取引所ごとにビットコインの手数料に違いがあるって本当?

仮想通貨の取引所はどこも同じではなく、それぞれ独自のサービスを展開しています。多くの人が気になるのは売買手数料かもしれませんが、こちらも取引所によって価格が異なります。

例えば、国内でも最大手の取引所「bitFlyer」は、直近30日の取引量が10万円未満の売買手数料が0.15%、10万〜20万円未満で0.14%と、取引量が多くなるほど手数料が安くなります。日本円での出金は3万円以上で三井住友銀行の場合は税込み432円、上記以外の銀行で756円です。

一方、取引所のZaifでは、日本円の出金手数料は50万円未満で350円、50万円以上で756円となっています。このように取引所ごとにいくつもの違いがあります。

ビットコイン初心者にも使いやすいおすすめの取引所は?

ビットコインを取り扱う取引所は主要なところだけでも10社以上あります。その中でもおすすめは取引手数料がマイナスになるZaif(ザイフ)です。マイナスと言うのは、現物取引すればするだけ、手数料をもらうことができます。

「Zaif」は取引所で唯一ビットコインの手数料がマイナスになるお得な取引所で、「Zaifコイン積立」という積立方式で毎月仮想通貨を増やしていくことも可能な、ユニークな取引所です。

まとめ

仮想通貨の中でももっとも勢いがあり活発に取引されているビットコインは、仮想通貨ビギナーにとってもはじめやすいのが特徴です。ビットコインの買い方や換金方法などは決して難しいものではなく、1度経験して慣れさえすれば次回以降の取引はとても簡単に思えることでしょう。

ビットコインをよりお得に楽しむためには、取引所選びは大変重要です。取引所は手数料が安く、セキュリティが厳重で万が一のときにも補償があるところを積極的に選びましょう。ビットコインは投資目的だけではなく、送金に大変便利で買い物もできる生活に根ざしたものです。

ビットコインをはじめてぜひ暮らしをますます豊かなものにしていってください。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

関連おすすめ記事

topへ