海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ビットコインとは何か?基礎知識とメリット・デメリット

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2017.10.31

ビットコインの基礎知識

ビットコインとは何か?基礎知識とメリット・デメリット

ビットコインはその価格が上昇したことや利便性の高さから注目されています。経済ニュースなどでもよく登場します。そのためビットコインに興味を持っている人もいるでしょう。しかしビットコインの仕組みや使い方、メリット・デメリットをしっかり理解してから使い始めたいと考えている人も多いはずです。そこで初心者でもわかるように「ビットコインとは何か」「どんな仕組みなのか」についてお伝えします。その上でビットコインのメリット・デメリットについてもご紹介します。

ビットコインとはそもそも何?

ビットコインは代表的な仮想通貨

ビットコインは仮想通貨と呼ばれるものの1つです。仮想通貨にはさまざまな種類がありますが、ビットコインは発行されているコインの時価総額が最も大きい代表的な仮想通貨です。

仮想通貨とはデジタル上の通貨のようなものでネット環境さえあれば簡単に送ることができるなどの特徴があります。現物の紙幣やコインが発行されることはありません。

また日本円やアメリカドルなどのように発行している通貨の量などをコントロールする管理者がいない点もビットコインの特徴です。こういった特徴のため、自国通貨に変わる価値の保存手段としてや低コストでの送金のために利用する人が世界中で増加しています。

さらにビットコインは取引所で24時間取引され価格が変動します。安く買って高く売れば売却益が得られるため、ビットコインは投資対象にもなります。

ビットコインシステムの概要

ビットコインの運用にはブロックチェーンという技術が使用されています。ブロックチェーンシステムではビットコイン1つ1つの取引を格納したブロックをチェーンにつないで管理します。

基礎知識とメリット・デメリット

ブロックチェーンのデータはだれでもアクセスできる状態になっており1つ1つの取引はマイナーと呼ばれる人が大量の計算を行って暗号を解くことにより正当性が証明される仕組みになっています。そのため仮想通貨は暗号通貨と呼ばれることもあります。

マイナーは取引の正当性を証明できると報酬としてビットコインを受け取ります。マイナーはだれでもなれますが、大量の計算を行うための強力なコンピュータが必要となりますので個人が行うのは難しいといわれています。

ビットコインはブロックチェーン技術を使うことによって中央集権的な管理者を置かずに分散処理による運用を実現しています。これにより低コストの運用が可能になります。

ビットコインにはさまざまなメリットがある!

【メリット1】ビットコインを使えば決済・送金が簡単にできる

ビットコインには主に3つのメリットがあります。

まず1つ目はビットコインを使うことによって決済や送金が簡単にできるようになる点があげられます。店舗などで日本円の支払いをする場合は財布から紙幣やコインを取り出す必要があります。また財布の現金がなくなったらATMなどから引き出さなくてはいけません。

電子マネーも普及してきていますが、前払い方式ですのでチャージしなければ使えず手間がかかります。一方、ビットコインで決済する場合は現金を財布に入れたり電子マネーカードにチャージしたりする必要はなくそのままスマホなどから支払いができるのです。

ビットコインを送金する場合も送金先のビットコインアドレスさえわかれば簡単に送れる点も魅力といえます。

【メリット2】ビットコインの送金コストは銀行より安い

ビットコインの2つ目のメリットは送金コストが安いことです。ビットコインはブロックチェーン技術により運用されているため、中央集権管理が不要です。そのため管理コストがほとんどかからず、ビットコインを送金するためのコストも安く済みます。

銀行などの金融機関を使って外国送金を行う場合は複数の銀行を経由して送金処理が行われるため時間もコストもかかります。しかしビットコインを使って外国送金をすれば銀行送金コストとはけた違いに安いコストで送金が可能になります。

コストを気にしないで少額のビットコインを頻繁に外国送金するといったことも無理なくできるでしょう。

【メリット3】ビットコインを安く買って高く売れば売却益が得られる

ビットコインのメリットの3つ目はビットコイン売買によって利益が得られる可能性がある点です。

基礎知識とメリット・デメリット

ビットコインは取引所で売買されており需要と供給の関係によって常に価格が変動しています。そのため価格が安いときに購入して価格が上がってから売却すれば売却益を手にすることができます。

ビットコインという仮想通貨を日本円で購入し、その後売却して日本円に戻す取引はアメリカドルなどの外国通貨の売買であるFX取引と考え方はほとんど同じです。注意点としてはビットコインを保有し続けていても利息を得られないことです。この点では金(ゴールド)に似ているともいえます。

ビットコインのデメリットも理解しておこう

【デメリット1】ビットコインを利用できる環境が必要

ビットコインのデメリットの1つ目は使用するための環境が必要となることです。

日本円などの国家通貨の場合は紙幣やコインさえ持っていれば支払いなどの取引ができます。またネットバンキングなどネット上での取引にも対応しています。そのため、お金のやりとりにおいて特別な環境を用意する必要はありません。

一方、ビットコインは紙幣やコインを持たない電子データです。そのためパソコンやスマホなどの電子デバイスがなければ送金や決済を行うことはできないという使用環境の制約があります。電子機器がなくても価値を保存する方法はありますが、再度取り出す場合には結局パソコンなどが必要です。

【デメリット2】ビットコインの盗難や横領リスク

ビットコインのデメリットの2つ目はビットコインの盗難や横領のリスクがあることです。

ビットコイン取引を行う場合はパスワードが必要になります。しかし何らかの方法でパスワードが盗まれるとネット上でビットコインを盗まれてしまうリスクがあります。「2段階認証を利用する」「長期間使用しないビットコインはペーパーウォレットなどよりセキュリティが高い方法で保存する」などの対応が必要でしょう。

基礎知識とメリット・デメリット

また口座開設をする取引所選びも重要です。過去には取引所を運営している責任者が顧客から預かったビットコインを横領するという事件が起きたこともあります。信頼できる取引所を選ぶことも大切です。

【デメリット3】タイトルビットコイン価格の激しい変動による評価損や売却損のリスク

ビットコインの3つ目のデメリットは価格変動により損をするリスクがあることです。

これは投資によって利益が得られる可能性があるメリットの裏返しです。投資におけるリスクとリターンはトレードオフといえます。つまり、あちらを立てればこちらが立たずという関係にありますので利益が出ることもあれば損することもあります。この点をわかった上で投資を行う必要があるでしょう。

また投資をする気がなくてもビットコインを保有しているだけで日本円換算した場合の評価額が減少する可能性があることもよく理解しておく必要があります。

まとめ

ビットコインは代表的な仮想通貨でブロックチェーンと呼ばれる技術によって運用されています。「簡単に決済・送金できる」「送金コストが安い」「売却益が得られる可能性がある」などのメリットがあります。

一方、利用にあたっては「環境を整える必要がある」「盗難・横領リスクがある」、さらには「評価損が発生する可能性がある」といったデメリットも把握しておきたいものです。メリット・デメリットをよく理解して上でビットコインを使いましょう。

また投資手法などは海外FXと似ている点が数多くあります。ビットコイン投資をやってみようという人は海外FX投資も合わせてとやってみることをおすすめします。海外FX取引開始にあたって口座開設先を選ぶ場合はfxplusで情報収集することも手段のひとつです。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ