海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ビットコインを売却・換金する方法と注意点

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2017.10.27

ビットコインお役立ち情報

ビットコインを売却・換金する方法と注意点

ビットコインは店舗での買い物代金の支払いに使ったり海外などに送金したりして使うこともできます。また価格変動を利用して売却益を狙うことも可能です。しかしビットコイン初心者はコインを購入するまではできたとしても売却や交換の方法や売却にあたっての注意点などがよくわからないという人もいるでしょう。そこでビットコインの売却・交換に関する基礎知識と売却・交換の方法、さらには売却にあたっての注意点などについてお伝えします。

ビットコインの売却・換金に関する基礎知識

ビットコインの売却・換金とは?

ビットコインはそのまま使ったり送金したりもできますが、売却や換金もできます。売却・換金とはビットコインを別の通貨に交換することだと理解すればよいでしょう。典型的な例はビットコインを売却して日本円に換えることです。

ビットコインの価格は日々変動していますので売却益が得られる場合がありますが、逆に売却損を被るリスクもあります。ビットコインの売却・換金によって含み益が売却益として含み損が売却損として確定することになります。

ビットコインの換金対象は日本円だけではない

ビットコインの換金対象は主に日本円です。取引所に入金した日本円でビットコインを購入して投資を始めた人は日本円に戻して取引を終えるのが一般的です。しかし必ずしもビットコインを日本円に戻す必要はありません。ビットコインはドルやユーロなど日本円以外の外国通貨に換金することができる場合もあります。

ビットコインを売却・換金する方法と注意点

またビットコイン以外の仮想通貨に交換しても問題ありません。仮想通貨の中で最大の時価総額を誇るのはビットコインですが、それ以外にも数多くのアルトコインが存在します。ビットコインを売却してイーサリアムやライトコインリップルなどのアルトコインを直接購入することが可能な場合があります。

それぞれ日本円価格が付いて変動しておりアルトコイン同士の交換レートも同時に変動しています。その交換レートを使ってビットコインから別のアルトコインに換金することになります。

ビットコインを売却する方法とは?

取引所で売却する

ビットコインの売却や換金にはさまざまな方法があります。その中でも代表的なものは取引所で売却する方法でしょう。

口座開設した取引所で保有しているビットコインを売却できます。取引所のメンテナンス時間などを除けば24時間売却できますので有利な価格で売却できるように価格チャートなどを見ながら売却タイミングを探ります。売却に際しては少額ですが手数料がかかるのが一般的です。

具体的な注文方法は売却価格を指定しない成行注文、売却価格を指定する指値注文の2種類あります。いずれもビットコインの量を指定して売却します。

ビットコインATMを使用する

ビットコインを換金する方法としてはビットコイン専用のATMを使用する方法もあります。

ビットコインATMは日本円などを投入してビットコインを購入できる機能やビットコインを日本円やドル、ユーロなどに換金する機能が付いています。このATMを使えば、通常のATMで日本円を引き出すのと同じような感覚でビットコインを日本円に換金できます。

ただしビットコインATMは大都市に限られた台数した設置されていない状況ですのでATMを見つけるのが困難な場合が多いでしょう。将来的には設置台数が増えるといわれています。

換金サービスを利用する

即時換金サービスと呼ばれるものを利用してビットコインを日本円に交換する方法もあります。

ビットコインを売却・換金する方法と注意点

即時換金サービスとはビットコインで買い物などをしたときの支払い時に自動的にビットコインから日本円に換金をするサービスです。ビットコインでの支払いが可能な店舗などで多く導入されています。

このサービスを利用している店舗に行って買い物をすれば支払い時に日本円に換金して代金を支払っていることになります。ビットコイン価格が上がったら欲しかった商品を購入するなどの楽しみ方があるでしょう。

個人間取引を活用する

ビットコインは個人間で売却したり別のアルトコインと交換することも可能です。

お互いにビットコインアドレスさえわかればビットコインの送金自体は安い手数料で簡単にできます。送金分の代金については手渡しで行えば代金をもらい損ねるといったリスクも生じません。

ただし交換相手を見つける必要があったり交換レート交渉などでトラブルが生じたりした場合は仲介する人がいないため自分で解決するしかないというデメリットはあります。ビットコインを保有している人が増えれば主要な交換手段として広がる可能性があるといわれています。

ビットコイン取り扱い店舗の即時換金サービスへのニーズ

即時換金サービスを導入する店舗側の動機としてはビットコイン支払いに対応することによる決済に関する利便性向上や外国人観光客の増加などが考えられます。また支払いを受けた店舗がビットコインを保有している間に価格変動で評価損が生じるリスクを避けたいことも即時決済サービスを利用する動機になるでしょう。

即時換金サービスを利用する店舗やネットショップが増加し日常の支払いの多くがビットコインを使って行われるようになると、このサービスを使ってビットコインを日本円などに換金する機会はかなり増加するかもしれません。

ビットコインの売却・換金に関する注意すべきポイント

ビットコインの価格変動リスクに注意する

ビットコインを売却する場合は価格変動に注意する必要があります。投資対象としてビットコインを保有している場合は利益が得られるだけでなく損をするリスクもあることを認識しておきましょう。

ビットコインを売却・換金する方法と注意点

またビットコインで買い物をして即時換金サービスによって換金される場合はビットコインの価格の変動について意識していないことも多いでしょう。

予想外にビットコイン価格が下がっていると買い物によりビットコインの予想外の減少や残高不足による支払い不能が発生することもあります。ビットコイン価格の変動には常に注意しておきましょう。

ビットコインの売却益には税金がかかる

ビットコインの売却益は課税対象となり所得税や復興特別所得税、住民税が課税されるのです。所得税の計算上、売却益は総合課税の雑所得に区分されます。投資対象としてビットコインの売買をしている人は確定申告が必要になる場合がありますので課税ルールをよく理解しておきましょう。

また即時決済サービスなどでビットコインを日本円などに換算した場合も換金時の価格がビットコイン購入時の価格よりも上昇していれば売却益が生じたとみなされ課税対象となります。

アルトコインへの交換についても交換時点のビットコイン価格で日本円に換金してその資金で他のアルトコインを購入したとみなして課税される場合があります。

ただしビットコインは新しく登場したものですので税制も頻繁に変わる可能性があります。税制改正などの情報収集を怠らないようにしましょう。

まとめ

ビットコインの売却・換金は取引所での売却やビットコインATMでの引き出し、即時換金サービスの利用、さらには個人間取引などの方法で行うことができます。

注意すべき点は価格変動と税金です。特に、どんな場合に課税対象となり確定申告が必要になるかについてはよく確認しておく必要があります。ビットコインの課税ルールは海外FX投資に対する課税ルールとほぼ同じです。

ビットコイン投資を行う場合は取引手法だけでなく税金に関する知識も海外FX投資に活かすことができますのでビットコイン投資と海外FX投資を同時にやってみるのもよいでしょう。海外FX会社の選択にあたってはfxplusで各社の特徴などを研究することをおすすめします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ