海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ビットコイン取引にはどんな手数料がかかる?手数料の種類と比較

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2017.10.06

ビットコインの基礎知識

ビットコイン取引にはどんな手数料がかかる?手数料の種類と比較

ビットコインの価格が上昇しているというニュースを見聞きして、ビットコイン取引を始めてみようと考えている人も多いでしょう。しかし、気になるのが手数料です。さまざまな取引を行うにあたって負担する手数料が高ければ、ビットコイン取引などしないで従来通り銀行や証券会社を使うという判断に至る可能性もあります。そこで、ビットコイン取引にかかる手数料にはどんなものがあるか、銀行などと比較すると安いのか、数あるビットコイン取引所ごとの手数料はどの程度違うのかなどについてお伝えします。

ビットコインの手数料に関する基礎知識

銀行の手数料との違いとは?

ビットコインは円などの国家通貨とは違う面はありますが、口座への入出金ができ送金もできますので、似ている面ももっています。ビットコイン取引でも銀行取引でも手数料がかかりますが、コストが大きく異なります。

例えば、送金手数料に関しては銀行と比較すると圧倒的にビットコインのほうが安く設定されています。一方、ビットコインは購入する場合に金融商品を購入するときと同じような手数料がかかります。

また、誰がその手数料を受け取るのかにも違いがあります。銀行の手数料は、その銀行などが開発したシステムの対価という意味もあり、銀行の収入になります。

ビットコインは中央集権的な管理システムになっていませんので、その手数料は一部取引所の収入になる分もありますが、送金手数料などは主にビットコイン取引の正しさを証明するために働いているマイナー(ビットコインを採掘する人)に支払われることになる点が違います。

ビットコインには取引に応じてさまざまな種類の手数料がある

ビットコインの手数料にはさまざまな種類があります。まず、ビットコインに開設した口座に日本円を入金・出金する場合にかかる手数料があります。また、口座に入金された日本円でビットコインを購入する場合にも手数料がかかります。さらに、ビットコインを使って物品やサービスを購入する場合や、別の口座に送金する場合には送金手数料がかかります。

ビットコイン取引にはどんな手数料がかかる?

他にも、信用取引を行う場合に取引手数料がかかることがあります。一般的には、ビットコイン取引は銀行の送金手数料や証券会社での金融商品取引と比較すると安いと言われています。しかし、無料ではないことも多く、紹介したさまざまな手数料がかかることは理解しておく必要があるでしょう。

ビットコインの各種手数料比較

入出金手数料の比較

ビットコインを手に入れるためには、取引所に口座を開設して日本円を入金する必要があります。また、ビットコインを売却して日本円を出金することも必要になるでしょう。

入金に関しては、一般的に自らが振込手数料を負担する以外に手数料がかかることはありませんが、クイック入金というシステムを利用すると324円から756円程度の手数料がかかる場合があります。

出金に関しては手数料がかかります。そこで、主要な取引所の2017年9月時点の手数料を紹介します。

ビットフライヤー(bitFlyer)は216〜756円、ビットバンク(bitbank.cc)3万円未満540円・3万円以上756円、ビットバンクトレード(Bitbank Trade)324円、コインチェック(coincheck)400円、そしてザイフ(Zaif)350〜756円で、ビットポイント(BITPonit)は実質無料となっています。

ただし、取引所間の競争が激しく手数料は頻繁に変更されていますので、取引を始める場合は最新情報をチェックするようにしましょう。

預入・払出手数料の比較

ビットコインの取引は、日本円でビットコインを購入したり売却して日本円を銀行口座に出金したりするだけでなく、ビットコイン自体を預け入れたり払い出したりすることもできます。ビットコインの預け入れは一般的に手数料がかかりませんが、ビットコインを使用して買い物をするなどの払い出しには手数料がかかります。

ビットコイン取引にはどんな手数料がかかる?

2017年9月時点で、ビットフライヤー・コインチェック・ザイフは0.0005ビットコイン、ビットバンク・ビットバンクトレード・は0.001ビットコインとなっており、ビットポイントは無料です。いずれも少額ですので、それほど気にする必要はないかもしれません。

送金手数料の概要

ビットコインは、相手のビットコインアドレスを指定して送金できます。銀行の海外送金と比較すると、相当低いコストで送金できるメリットがあります。頻繁に少額を海外送金する場合などは、ビットコインで送金すると低コストのメリットを最大限享受できます。ビットコイン送金手数料は、払い出しと同じ扱いになりますので、払出手数料と同じコストがかかります。

その他の手数料

ビットコイン取引を行う場合は、その他にも手数料がかかる場合があります。代表的なものとしては、ビットコインを購入する場合の手数料です。ビットフライヤーは0.15〜0.1%、ビットバンク-0.05〜0.05%、ビットポイント0%、コインチェック0%(無料キャンペーン中)、ザイフ-0.01%となっています。

なお、ビットバンクトレードは現物取引について、ビットバンクに移行して信用取引だけになっていますので対象外です。

また、マイナスになっているものは、手数料を超える金額をビットコインでもらえることを意味しています。いずれも2017年9月時点の手数料ですので、最新の手数料情報は各取引所などで確認しましょう。

ビットコインの入出金・送金のポイント

入金方法とポイント

ビットコイン取引所で口座開設をしたら、最初に日本円を口座に入金することになります。方法としては、銀行送金とクレジットカードでの入金の2つあります。銀行送金に関しては、ネットバンキングが使える状態にすることをおすすめします。ビットコイン取引を行う場合、急に入金が必要になることもあります。ATMが空いていない時間でも送金処理が行えるようにしておきましょう。

最初からネット銀行で円口座を作っておくのも有効な選択肢です。また、クレジットカードを使って入金をする方法は、比較的簡単にできるというメリットがあります。

出金方法とポイント

クレジットカードで入金した分について、ビットコイン取引を行ったあとに日本円で出金する場合は、クレジットカードで購入した金額の範囲内に抑える必要がある、入金から出金までに一定期間置かなければいけないなどの注意点がある点は理解しておきましょう。

特に、入金後ビットコインを購入してすぐに価格が高騰し、売却後すぐに出金したい場合に一定期間出金ができずタイミングを逃してしまう可能性があります。

また、ビットコインを投資対象ではなく主に買い物などに使いたいと考えている人も、価値変動に関して注意が必要です。入金後ビットコインに換えて保有し、その後買い物に使用する場合、ビットコイン価格が下落していると期待していた分の買い物ができないリスクがあることは理解しておかなければなりません。

ビットコイン取引にはどんな手数料がかかる?

さらに、日本円で出金する場合は、銀行での送金手数料とあまり変わらない手数料の負担が発生する場合があることも注意点のひとつです。

海外送金方法とポイント

海外送金は、ビットコインの手数料の安さを最も実感できる取引かもしれません。銀行送金と比較すると桁違いの安さで送金できます。

送金方法は、送金したいビットコインアドレスとビットコインの量を指定するだけですので簡単ですし、送金にかかる時間も10分から遅くとも1時間以内に相手に着金しますので便利です。海外では、ビットコインで支払いができる店舗も多いですので、海外旅行中などはビットコインで支払う方法もおすすめです。

まとめ

ビットコイン取引を行う場合には、入手金や預入・払出、そして送金時などに手数料がかかります。しかし、これらの手数料は銀行などの手数料と比較すると相当低コストで済む場合があるという魅力があります。その理由は、ビットコイン取引の安全性を支えている仕組みが中央集権的なものではなく分散型であることです。

また、ビットコイン取引は日本円を他の通貨に換える海外FXと共通点も多いです。ビットコイン取引に興味がある人は、海外FXにも目を向けてみることをおすすめします。ビットコイン取引とともに海外FX取引にも挑戦してみましょう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ